無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今日のオカルト。 Super Schumann 7.83  

P1070759.jpg
Super Schumann 7.83

シューマン?スーパー?
作曲家?
いいえ、科学者です。
そのシューマン博士が発見したシューマン共振

----ここからwiki-------
シューマン共振(シューマンきょうしん)あるいはシューマン共鳴(シューマンきょうめい、Schumann resonance)は、地球の地表と電離層との間で極極超長波 (ELF) が反射をして、その波長がちょうど地球一周の距離の整数分の一に一致したものをいう。その周波数は7.83 Hz(一次)、 14.1 Hz(二次)、 20.3 Hz(三次)、……と多数存在する。常に共振し続けているので常時観測できる。

1952年、ドイツの物理学者であるヴィンフリート・オットー・シューマン (Winfried Otto Schumann, 米国イリノイ大学在籍) により発見された。

シューマン共振のエネルギー源は雷の放電や太陽風による電離層の震動だといわれている。

なお、シューマン共振と脳波の関連性を主張し、シューマン共振と同じ周波数の電磁波にリラックス効果や治癒効果があるとうたわれることがあるが、科学的根拠はない。

(さらにwiki)
定常波(ていじょうは、standing waveまたはstationary wave)とは、波長・周期(振動数または周波数)・振幅・速さ(速度の絶対値)が同じで進行方向が互いに逆向きの2つの波が重なり合うことによってできる、波形が進行せずその場に止まって振動しているようにみえる波動のことである。定在波(ていざいは)ともいう。

-----ここまで-----

要するにシューマン共振とは「地球上のあらゆる場所に常にある波。その中で7.83 Hzは一番周波数の低いゆったりした波。」
常に身近にあったものだからリラックス効果もあるはずだ。人間の脳波的にもリラックスしている値だし。きっと。たぶん。
というもの。

オーディオではアコリバのRR777が有名ですし、ボンさんがうちに持ってこられた時に効果も体感しているのですが、個人的には外見が全く好みではないのと、内部写真を観てしまうとあれを買う気にはなれませんでした。

というか、実は中身を知る前に初代RR7を買ったことがあるんですよね。しかし効果がまるで分らず手放してしまってまして。
最新版の効果は実感したとはいえ流石にもう一度買うのはハードルが高い…。
それにどうせ買うならみんなと同じじゃつまらないじゃない(笑)


ということで、Super Schumann 7.83
これを選んだ理由は書かなくても分かりますね?

そう。
デザイン(笑)

私の持論として、『見た目の良いものは音も良い』というのがあります。
当たり前ながら音を決めるのは製作者のセンス。そのセンスは見た目に反映されるはず。
例えデザイナーが外部委託だろうとも。

さて、Super Schumann 7.83 。
アクリルでクリアさを演出し、さらに内部の基盤パターンをただのグルグル巻きにせず観て楽しめるものになっています。

さらに…デカい!
P1070757.jpg
RR777の体積比で4倍はあります。


P1070763.jpg
Super SchumannにしてもRR777にしても、なんで正面にLED付けますかね?
今回は幸いラックの垂壁(?)が光を遮ってくましたが、シアターの邪魔になって仕方ない…。
まさかLEDが点いてないと効いていると感じられないプラセボ商品!?(^-^;


肝心の音ですが、これは燻製さんちでRR777と比較しました。
ざっくり書くと
・なんか良く分からんモヤっとした生々しさ・雰囲気を醸し出すアコリバRR777。
・空間のモヤを吹き飛ばして空気を綺麗にするスーパーシューマン。
て感じ。

これはどちらが良いということではなく、どちらの効果が欲しいかですね。
燻製さんちでは両方同時使用が最も好ましく感じました(笑)

ちゅーかですね。
同じ7.83ヘルツの波を作っているはずなのに音が真逆と言っていいくらい違うってどゆこと?


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

スポンサーサイト

category: アクセサリー

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

PS4 Pro 電源ケーブル交換…のはずが  

AVファン目線で PS4 Proを検討した際、最も惹かれるのが『3P電源ケーブルに対応した』ということでしょう。
これは非常に重要です。
私の初代PS3では付属の電源ケーブルだとたまにフロントSPからザーザーというノイズが出ます。
(光HDMI接続にも関わらずノイズが出るということは、本体内部で信号をきちんと作れていないのでしょう)
しかしそれはFISCHのフィルター付きケーブルにした途端にきれいさっぱり消え去ってしまいます。

電源大切ですね。
3Pケーブルが刺さる。もうそれだけでProを買う理由になります。
いや、欲しいことへの言い訳でしかないんですが(^-^;
で、早速接続しようとすると…

P1070750.jpg

スラントした造形のせいで丸型の電源ケーブルが刺さらない~(´Д`;)
ふっざけんな!!!!!!
お前は黒物家電メーカーじゃないのか!?
もうAVメーカーとしてのSONYは終わった…。

まぁ、NBSみたいなschurterのプラグなら刺さるのですが、それだとノイズフィルターないし…。
仕方ない…と純正ケーブルで起動してみたところ…

ノイズが出ない。

あれれ~?数年たって色々対策できるようになったのかな?
嬉しい事態ではありますが、なんとなく物足りなくもある(笑)


で 不満なくDiablo3で遊んでいたのですが、ふと「そういえばPS4にはYoutubeアプリとかその他諸々があるよな…」と。
うちではUBZ-1でYoutubeを観ていたのですが、これがハードによってどれだけ変わるのか?
比較してみました。

PS4…一聴して低域の沈み込みの深さと速さが違います。しかし全体的にメタリックというか、アルミホイルっぽい響きが乗る。映像もいまいち諧調が取れてない&フレーム数が少ない?

UBZ-1…カマボコ型の音。PS4に比べると低域が控えめで物足りませんがレンジが狭いってほどでは。何より最も重要な中域の厚みと質感が段違い。映像での不満も解消。


ということでクオリティはUBZ-1の圧勝。
まぁ、UBZ-1はボードやケーブルで完全武装してますし。
価格差を考えれば当然ではあるのですが、実は積んでるCPUの差からPS4の方が良いんじゃないかと思っていました。
ここは条件を合わせてあげなくちゃね!(笑)

てことで薄型プラグのアレグレットプロを…
刺さらない~~!!!
なんとか頑張って刺さったと思ったら起動中に抜けてプツリ。純正ケーブルで再起動すると「電源ケーブルは電源を切ってから抜いてね」なんて説教画面が…
っざけんな、クソニー!!!!!(笑)

P1070755.jpg
改めて見てみるとアレグレットプロはちょっとプラグ太いですね。
しかし…ええ~(´Д`;)これで入らないの?
右のが schurter。これでギリギリ刺さる感じです。(熱収縮チューブの厚みだけでも厳しい)

P1070756.jpg
長さが足りないのでFISCHの電源ケーブル+タップ→Electra Gride AC products。
相変わらずアクセだけでPS何台買えるんだ?という訳分からんビルド(笑)


これでYoutubeを観てみると…
中域の質感・映像共にかなりの改善。
しかし低域の沈み込みは無くなってしまいました。
ついでにゲームやってると全く分かりません(^-^;

もしかして純正ケーブルなかなかイケてる?
何か上手く活かす方法でもあれば良いのですが…


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ビジュアル

thread: ホームシアター - janre: 映画

tb: 0   cm: 6

PS4 Proを買う。ドラクエ?いいえ、Diablo3です(今更w  

毎度毎度ご無沙汰しております。

今更ですがPS4 proを導入しまして。
ドラクエ11?
いいえ、Diablo3です。
ROS.jpg
(ドラクエは妻がやってますw)


UHD BDが再生出来ないと分かって買う気も失せていたPS4 pro。
しかし年末にDMR-UBZ1を導入しUHD BDはそちらに任せられるようになった(HDR未対応ですがどうせ4K環境無いし)のと、そろそろプロジェクターのランプが交換時期なので最後に使い潰す感じでゲームでもやってみるかな、と。

Diabloシリーズは1の頃からやっていて、1、2当時は友人とテレホーダイで頑張ったものです(笑)
とは言え私も もういい大人。
ネットゲームに使う時間もないのでとりあえずソロプレイでシナリオだけ分かれば良いや…と中古で500円になっていたPS3盤に手を出したのが運の尽き。

ドハマり。

ゲーム自体もめちゃ面白い(3だけで1400万本売れてるらしい…)のですが、それ以上にシアターでやるゲームがこんなに面白いとは思いませんでした。
特にDiablo3みたいなゲームは画面に敵が溢れるので大画面向き。
私は追加コンテンツの無い初版を買ったのですが、追加分が物凄いボリュームっぽいのでこれはやるしかない。
やるんだったらPS4はロードが一瞬らしい…。


ということでPS4を色々調べて分かったこと。

1. proの消費電力はスリムの倍になってますが、実際にはフルでは使われないので初期型よりはエコ。
2. proになって3P型の電源ケーブルが刺さるようになったが、これは消費電力250w以上の機器はメガネじゃダメという決まりがあるからだそう。(知らなかった…)
3. PS VRはPS4が無いと使えないかと思っていたら、単なるモニタとしてなら利用可能らしい。
4. スマホやPCにアプリを入れれば自宅のPS4をサーバーにして外でもPS4のゲームを持ち出し可能。

特に4番!今のハードってスゲエ!!
ケーブルなんて買ってる場合じゃなかった…。
ps4pro.jpg

category: ビジュアル

thread: ホームシアター - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

CX-A5100 サードインプレ  

CX-A5100の最終インプレです。

このAVプリって評判は高いのにネット上にはほとんどインプレ上がってないんですよね…。
でもそんな中探してみるとkakakuのうさぎ(luna16)さんのインプレが完璧すぎてもうこれだけで良いんじゃない?と。
つかそもそも私が5100を買った理由がmixiでうさぎさんのつぶやきを見ていたからですし(^^ゞ

なので音質傾向は把握していたつもりだったのですが、しかし私の中のYAMAHAのイメージってバイクから来てるんですよ。
私はバイクのオークション会場でバイトしていたことがあり、原チャからスーパースポーツ、アメリカンまでちょい乗りしましたが、各社明確に方向性が異なるんですよね。

そんな私のYAMAHAと言えば(2000年代前半)
FAZER。 「史上最強の『普通のバイク』」←メーカーキャッチコピー(笑)
fzs1000fazer.jpg

「これなら何やってもコケない!」と思えるほどの安心感。
どこにも尖ったところが無いのに決してつまらなくない。

でもこれを『音』にした場合どうなの?
ちょっと優等生過ぎる?ヤワい?なんて危惧もしながらの導入でした。


が、実際の音を聴いてみるとそれは杞憂でした。
ピュアオーディオと遜色ないレベルのSNを土台に、骨格感のある低域、必要最小限の柔らかさを確保した中高域。
…まぁ、その辺りはうさぎさんのレビューを読んでいただくとして(笑)、開発陣の「ヤマハが考えるAVプリアンプの要件はただひとつ。それはフラッグシップとしての「器」ではなく、セパレートでなければ辿り着くことのできない究極的な音の純度だ。」というセリフは達成されていると考えます。
導入当初は余りにも無音空間の中、音像が遠くに配置されているので素っ気なさを感じましたが、エージングが進んで音場を音が満たす(ってほどではないまでも)ようになりました。


むしろこれは最新のR-1!

yzf-r1m.jpg
(とんでもない電子制御でかなり使いやすくはなっているようですが。むしろクセという意味では初期の方が尖ってた?)


そしてYAMAHAと言えばDSPな訳です。
YAMAHAなら…とも期待したのですが、やっぱり私はDSPは好きになれません。
なんでこんなに響かせるんでしょうね?
名のある音楽ホールを参考にしたならボーカルソロがこんな風呂場みたいなエコーで鳴らないことくらい分るでしょうに。

securedownload.jpgsecuredownload2.jpg
と思っていたら、アプリでDSPの効かせ具合を調整することが出来ました(^^ゞ

最小にするとかなりクッキリハッキリになって十分聴けます。
でもね…。
この半球が表すのはあくまでDSPを効かせる『量』であって、パラメーターにあるようなDSPが作り出す『空間の大きさ』じゃないんです。
最小の状態でただの会話をしている人が、最大にするとやたらデカい声になりデカいエコーがかかる。
ホントに?
内装が同じコンセルトヘボウなのに狭いとクリアで広いとわんわん響いちゃって聴き取れなくなるの?ただの会話が?
この半球のサイズは最前列で聴くか、2階席で聴くかみたいな効かせ方にすべきじゃないの?
戦争映画で近くで撃ち合っているのか遠くから狙撃されているのかみたいな違いを表現できなきゃダメなんじゃないの?

まぁ要するに、この半円が広がるにつれてアプリ上のSPの位置も広がっていくようなサウンドデザインにすべきだろう、と。
今のままでは中坊には受ける程度のギミックでしかありません。
エントリー~ミドルクラスならこれでもハマるかも知れません。しかし本当にハイエンドをターゲットにするならゼロから作り直すべき。

そもそも映画は既にエンジニアによってサウンドデザインがなされているわけで。
それを100%デコードしてくれれば後はこちらで何とかしますので(笑)
要らない設定は全てオフ、ジッター軽減MAX、ピュアモードON。
これがこのAVプリの正しい使い方ですね。そしてこうして使うならばCX-A5100は文句なしにお勧めできます。


あ~、バイク乗りたい(笑)



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ビジュアル

thread: ホームシアター - janre: 映画

tb: 0   cm: 2

CX-A5100 蔵出しセカンドインプレ  

さて、CX-A5100のインプレ書いてないなぁ。
あれ?書いてなかったっけ?
と記事検索してみたら下書きのまま1年以上眠ってました(^^ゞ
さらに下書きのままの記事が30以上も…(;´Д`)

流石に(私の中で)旬を過ぎまくっているいるものは削除しましたが、公開できるものは出していこうと。
てことでCX-A5100のセカンドインプレです。たぶん導入後3週間くらい?




DACの設定を色々試します。

まずジッター軽減設定ですが、これはもうレベル3一択。
違いがどうこうというより、上げられない理由が無い限りは3で。

問題はレイテンシーの方で、それぞれ味があります。
シャープロールオフ:弾力があってキレがいい
スローロールオフ:響きが豊かで厚みを感じる
ショートレイテンシー:なんというか…クリア?(笑)
暫定的に楽しさ重視でシャープロールオフを選択。

劇的に違う!というほどではないのですが、かといって無視できる差でもなく。
さらにここに色々オフにして電源環境を良くするピュアモードなんてのが絡んでくるとさらに悩ましく…。
このピュアモードがまた変わるんです。効きすぎる。
体感的にはdCS Scarlatti のディスプレイディマーくらい変わる。
しかも単純に全部良くなる訳じゃない(っぽい)ところも一緒。
ピュアモードだとまったりしたスローロールオフに合わせるのが一番聴きやすい気もしますが、それはなんとなく妥協のような気も。


で、音の印象ですが

メーカーサイトに求めたのは音の純度と書いてある通り、兎に角クリアな音です。
純粋過ぎてそっけない。
音場はスクリーンの先に展開するような印象で空間が大きい。
現用(当時)のONKYO PR-5508だとスクリーンから面で音が出る感じです。
迫力や楽しさだと5508ですが、音場の精緻さ、音数では5100。基本的なSNが違う感じ。

音色はケーブルの選択を5508に合わせてしまっている部分もあって、今のところ5100はちょっとハイがキツい印象。
中域、地声がもっと出てきて欲しいところですが、中古とは言えまだノーエージングと言って良い状態なので今後に期待。



手元にあるBDを観てみました。

-----------------------------------------------------------------------------------
と、その前に現状ですが、
自動測定では何故かフロントSPが逆相になり、リアSPも6mも離れている(実際は2mも離れていません)というありえない結果。
仕方ないので距離だけ手動入力。
メーカーに問い合わせたところ、『たまに正相なのに逆相判定されることもある。そのまま使って問題ない』とのことでした。
…が、これだとSP自動補正が使えませんよね?たぶん。まーフロントは弄らせないのでギリギリ許容範囲ですか…。
リアの距離はなんなんだろう?昔使っていたAVアンプに長いRCAでつないでそこからSPケーブルも長いので4m分くらいの遅延でも発生しているのでしょうか。
-----------------------------------------------------------------------------------

さて。このアンプの印象はファーストインプレから変わってはいませんが、エージングが進んだのか音が落ち着いてきました。
最初は誰かが言った「細い」音だったのですが肉が付きました。(HDMIケーブルを変えたのもありそうですが)
それでもカミソリが日本刀になったという感じで、表現としては静的というか客観的というか。

導入当初はその細い音が無音の空間に立ち上がるのでかなり寂しい印象でした。
それがエージングが進んだことで空間にもある程度音が漂い、音像の実体感も出てきました。
とは言えやはり基本のSNが良いので空間の透明度は相当なもの。
また、音場空間が奥に広いので映像を見ているとコントラストが上がってさらに奥行きが出たかのような錯覚をしてしまいます。
(でも位相が綺麗に出るというか前後感はきっちり表現するので全てが奥に行くということはありません)


そしてこのアンプ、音量に敏感。
というかソースごとの適正音量がきっちりしている印象です。
多分BDのロスレス音声をターゲットにしているのでしょう。情報量が増えても破綻させないようにしている、そして前述のとおり表現が客観的なこともあり、小さなボリュームではスカスカで全く面白くありません。
適正ボリュームにして初めて「をを、こりゃすごい」と。
そして適正ボリュームを超えると割と早めに破綻します(笑)

そんな感じなんで逆に地デジのアニメなんかだと結構寂しいことに。
そしてBDの音の良さを再確認することに。
(あ、このインプレはオンキョーのAVプリ、PR-5508(ヒューズ&インレット交換済)と比較しているのですが、それに比べてもSNと音数は段違いです。5508はもっと太くて面で前に出してくる音作り。)
そんな感じでちょっと音数が少なくても録音が悪くても、オンキョーだと地デジも楽しませてくれるんですが、5100だとちょっと粗探ししてしまう感じ。ついでに温度感や音色も個人的にはオンキョーの方が適正に聴こえます。
どちらもニュートラルの範囲内なのですが、温度感の適正範囲 上限下限といったポジションに感じます。まぁ、この辺はケーブルでどうにでもなる部分ですが。
(物理的なセッティングは例の第5の足のせいで難しそう。せいぜいボードを変えるくらい?)


私個人の視聴ソースはBDよりも地デジの方が多いので5508も十分生きる道がある…というか5508のクオリティだって十分以上だとは思います。
が、5100を聴くと「もっとBD観ようかな」という気にさせられたり(笑)




以上、1年以上前のインプレでした。
いや~、改めて読んでみて良く書いたなぁ、と(^^ゞ
今だともうシステムに馴染んでしまってこんな分析的には聴いていません。
比較対象があるって大事ですね。

でも今はもっとエージングも進んだりして単純に印象変わっている部分もあるんですよね。
その辺りを次のインプレで…(また1年以上下書き放置したりして…(笑))


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ビジュアル

thread: ホームシアター - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。