FC2ブログ

無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

オーディオラックを(正確には棚板を)作ってみた!  

ずっとAV用のラックを探していたのですが、なかなかピンとくるものに出会えず、だったら自分で作ってしまえとアピトン合板を手に入れました。
たまたま安く手に入った15㎜。
ちょっと薄いかとも思いますが、ほとんどのラックの棚板なんてそんなもんだし、アピトンは堅いし、なんとかなるだろうと。


IMG_1078.jpg
ポールは余っているJ1のアルミポールを利用します。
世の中のラックはハイエンドなんて言われているものですら構造には拘ってもボードまでは拘り切れていません。(超ハイエンドラックは別。ここで言うハイエンドとは30~50万円くらい)
でもそれは仕方のないこと。ボード自体の素材と構造を突き詰めたら1枚10万円以上。それを3段+穴開け加工(と歩留まり分)して組み込もうと思ったら普通に100万円行きます(;´Д`)

逆に言えば構造(剛性含む)の確りしたベースがあればボードは自作でもなんとかなる。
私のような木工素人でもこのポールさえあればそれなりのモノが作れる…ハズ。

でもまぁ、繰り返しますが私は素人。
どうしたもんかと思っていたらボンさんから工具一式をお借りできることに!ありがとうございます!!

IMG_1088.jpg
ボール盤とかルーターとかサンダーとか。
普通の家にはボール盤は無い…(笑)


そして30㎜のドリルを買ってきて…開始!
…したのですが、トルクが足りないのか回転数が足りないのか、アピトンが堅過ぎるのか、
頻繁にドリルが引っ掛かって止まります(;´Д`)
兎に角ゆっくりゆっくり、0.1㎜/秒くらいのスピードで空けていくと…摩擦で黒い煙が(笑)
フーフー吹いて煤を飛ばしながら穴あけ。何度も咽る(笑) そして何度も止まる(-_-;)
しかし何というか、苦労はしてもこういう作業は楽しいですね。近年にない集中っぷりで2時間くらい平気でドリルを回し続けられます。
そしてやっと開けた断面に感動。なんて綺麗な穴!焦げてるけど(^^ゞ

次いでルーター。
これも感動。なんて簡単に面取り出来るんだ!

そしてサンダー
これまた感動。なんてツルツルに仕上がるんだ!

以前大工の知り合いが「素人とプロの最大の差は道具」と言ってましたが、まさにそれ。と実感しました。
こんなん手作業じゃ絶対無理。
逆に言えば道具を買って手間かけるならプロに頼んでしまった方が結果安上がり。

そして棚板を4枚仕上げたのでとりあえず仮組み。
色塗った後に穴がズレてますじゃ笑えない…。
でも組むのは3段まで。背を高くすると音に悪影響在りますからね!

IMG_1092-001.jpg
ラックは黒に塗ろうとオスモまで買ってしまっていたのですが、サンダー掛けした後のアピトンは良い表情じゃないですか!ヽ(´▽`)/
ゴツいアルミポールとのコントラストが良い!
色を塗るにしても、その前後での音質変化も知りたいのでまずは無塗装で使ってみます。


_1290986.jpg
AV系は小物が多くなる(レコーダー+外付けHDDとか、オーディオPC+電源とか)ので、ちょっと横長にして作ってみたので15㎜厚では強度的に不安もあったのですが、流石アピトン。持った感じでは強度不足は感じません。
まぁ、乗せるものがメインと違って軽いですしね。

とか何とか言いつつ。
_1290989.jpg
結局4段で組む(笑)
置きたい物が多くなってしまった&天板にリモコンとか乗せられると便利だよね!(本当はさらにWi-FiルーターとかPS4まで置きたい)
背が高くなって音に影響出るかもしれないけど便利さだってとっても重要だよね!!(笑)


肝心の音ですが、当初3段で使い始めた時は
物凄い繊細!ヽ(´▽`)/
高域の情報量激増!!ヽ(´▽`)/
でも低域の量感激減! Σ(゚Д゚)

いや、出てない訳では無いのですが、量感激減。
何故だ…。
エージングなのか?
しかしそれは無さそう…。

とりあえず4段+余ったアピトン合板をラック下に敷いて(でもこの棚板自身の性格だったら敷いても意味はないはず)にして様子を見るか…とラックを組みなおし始めたら。


トップキャップの締めがゆるゆるでした(-_-;)


これを一段増設+下にアピトン敷き+各ポールとトップキャップをぎゅっと締め付けて聴いてみると、低域の量感が戻ってきました。
この状態は実に真っ当。
何も足さない、何も引かないといった印象です。
いや、高域のあの異常な情報量が無くなってしまったので引かない訳ではない…のか?
この高域が低域の出ていなかったためにマスキングされていなかったせいで聴こえたのか、それとも締め付けることで消えてしまったのかは不明ですが…凄かった。
聴きなれた地デジ録画に「こんな音入ってたの?」「こんなに作りこんでるの!?」と驚きの連続。地デジがBDになったくらいの変化でした。
この締め付け問題は振動を力で抑え込むとか逆にフローティングにするとか、セッティングを詰めるにあたって色々示唆的であります。


そして見た目的にも音的にも不満の無くなってしまったこのラックを塗装する日は来るのか!?(笑)



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
スポンサーサイト

category: アクセサリー

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 3

赤羽はいつも雨。ベルウッド邸  

前回の台風の中のいたちょう邸に続いて今回はベルウッド邸訪問。
引率の先生は例によって燻製さんです。

ベルウッドさんと言えば赤羽の主にしてファイルウェブの原理主義者。
その滲みのない理論と論調で定期的に燃料を投下し続けるサービス精神に溢れた御仁(笑)

そんなベルウッドさんを訪ねるにあたり、私の心は不安でいっぱいでした。
だって、私は「オーディオなんて面白ければ何でも良い派」
理屈が通らなくったって、オカルトだって、音が良くなれば、面白ければ何でも来い。
怒られないだろうか、呆れられないだろうか。ドキドキです。

でもま。
ベルウッドさんと言えば酒ですしね(笑)
前回お会いして一緒に飲んで、その文体に反して本人は兎に角音楽とオーディオが好きで好きでたまらない楽しい方なのも分かっています。ギャップ萌えってやつですよ(違) てことで、ま、なんとかなるだろう。
しかしそれでも出ている音は理論を反映した兎に角ピュアな音なんだろうと予想しながらの訪問だったわけですが…


徹底的に灰汁取りした澄んだコンソメスープだと思って口に入れたら めっちゃコク深いビーフシチューでした。


いや、兎に角音が太くて濃い。
そしてさらには音量大きめ、低音しっかり。木質の温かみがあり聴き応えアリアリ。

あれれ~?前回の飲みで
「下がいくつまで伸びてるとか不要」とか「実際のホールではあんなデカい音で聴こえたりしない」とか語ってませんでした?
「別に小音量はとは言ってない」とかもう、だ・ま・さ・れ・た(笑)

とは言えそこは理論派。正しいと思ったことを積み重ねたからこそのこの音。
伺えば自称理論派にありがちな手段が目的になってしまっているようなことは全くなく、「スピーカーは朗々と鳴らす」とか「正解は最初からあって理論は答え合わせ」なんてとても共感できる音のまとめ方をされてらっしゃいます。
そしてここに至るまでの試行錯誤が分かる、まさにベルウッドさんの音(文章ではなく酒飲み側の)

_1290893.jpg

因みにこの重厚感のある音色は重い木を使ったSPならでは?なんて思って調べてみたらシナアピトンの積層削り出しなんですね。うちのMDFとは素材から違う音色。
…なんて思っていたらその後のPC(今回初公開バージョン)とアナログでは音色は中庸に感じたので、これってK1由来?
K1ってK-01Xから大転換してる?
うーん、興味は尽きないところですが、結局私の中ではあれは『ベルウッドさんの音』ということで落ち着きました(笑)

PCでの再生も興味深いものでした。
うちではどうしてもPCはディスク再生に数段劣るのですが、元の濃さが良い塩梅にカバーしてPCも十分に楽しめます。
寧ろ長時間のリスニングやジャンルを選ばないのはPCかも。
でもやっぱり私個人としてはディスク再生の方が空間も大きいし何よりも『その人』を感じさせるなぁ、と。
それでもPCの可能性を感じさせてもらえたのは大きな収穫でした。

_1290894.jpg

ところでこのサイドプレスのラックが超カッコいい。製造終了とかマジか…。



その後は赤羽恒例の飲み。
早い時間からカンパーイ(^^)/
そしていたちょうさんも合流して赤羽の夜は更けていく…のですが、私は終バスが無くなってしまいそうなので泣く泣く切り上げ…。
放置…じゃなかった生贄…でもない。燻製さんはあの後どうなったのだろう…。
風の噂で両生類食にハマってしまったとか聞きましたが…。


ベルウッドさん、ありがとうございました!
いたちょうさん、早々にお暇してしまいすみません!つくばではガッツリ。




にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: オフ会

tb: 0   cm: 0

考察と実践、新生ゆうあん邸  

エム5さんとシステムを大幅変更されたゆうあん邸を訪問させていただきました。


今回のトピックは何と言ってもアンプ類の更新です。
複数のアンプによる並列駆動から、モンスターアンプ1台に全てを任せる。
インピーダンスが2Ωくらいまで下がるというアナットに無限ともいえるパワーをぶち込む(というかどれだけ吸われても耐えられると言うべきか)ための選択です。
さらにはこのアンプを迎えるための電源工事。
そして左奥の流し台の撤去によるルームアコースティックの調整。
個人的にはこれが大きい!何といっても写真が撮りやすい!!(笑)


_1290890.jpg
この度導入されたPASS X1000。
文字通り片ch1000Wを出力する弩級アンプです。デカい!そして熱い!

そしてデカいと言えばゆうあん邸のエアボリュームのデカいことよ。
_1290889.jpg
このエアコンだって一般家庭の物の1.5倍くらいの横幅があります。
それが3台!
この空間を音で埋めるというのは並大抵ではありません。



実は私、パスは初体験(かな?どこかでちょっと聴いたような…。リーさんち?)
鎧みたいな厳つい顔、そして1000wという大出力からから兎に角力強いアンプというイメージで聴き始めたのですが、出てきた音は全く逆のしなやかでSNに優れた、むしろ繊細と言って良い音。
最初スーパーツイーターをちょっと下げたのかな?という印象の高域の穏やかさを感じたのですが、体育会系ソフトではその印象は一転、上から下までビシバシ揃って決まりまくります。
うーむ。凄い。
エム5さんが到着するまでここに至るまでの考察と実践の経緯を伺ったのですが、それが見事に音に表れています。
これがまだケーブルは付属?だというのだから恐ろしい。
このまとまりの良さのまま、能力全開放なんてことになったら…楽しみでなりません!


ゆうあんさんの本気が伝わってくるオフ会でした。
ありがとうございました!!


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: オフ会

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

最後のディスクプレイヤー  

まぁ、なんというか。
事ある毎に「買っちゃった」とか言ってたわけですが…

今回もというか、今回はというか。


やってしまいました。
_1290792.jpg

dCSです。


もう何も言い訳は出来ません。
これで音がショボかったら全て私の腕のせい。


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ハード

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 8

玉転がしと赤羽の夜  

台風も直撃しようかという土曜日、燻製さんと一緒に phile-webの重鎮、いたちょう邸にお邪魔させていただきました。
引率の先生はこれまたphile-webの名物男、ニッキーさんです。


いたちょう邸はリビングオーディオ。しかし隣の和室+キッチンまで含めると空間容積は十分。
そこでフランコセルブリンのアッコルドをオクターブでドライブ。
そして最大の特徴のPCオーディオ。10年ほど前のLINN AKURATE DSからずっとCDレスのオーディオライフだそうです。

_1290777.jpg
現在はDSではなく、普通の(では無さそうですが)PC → Asoyaji DAC
残念ながらどちらも詳しくなく詳細不明です(^^ゞ
それにしてもアッコルドは写真撮るの難しいSPですね。


_1290776.jpg
横から見ると結構重厚感ありますが、基本軽やかなSPに見えます。
ソナスの頃がヴァイオリンだとしたらフランコはギター?(っぽい質感の仕上げ)
容積もガルネリより小さいのかな?と思ったら、ネットワークはスタンドの方に内蔵されているとのこと。


そんな印象を裏付けるかのように、当日の選曲はギターが多め。
そのギターは高域の繊細さが美しい、しっとりした質感。ボーカルの抜けも気持ち良いです。
音量も含め、いたちょうさんのキャリアと大人の良識を感じさせる音です。
さらにセンターのTVに再生中の曲のタイトルやジャケットが写るのですが、これがとても良い!!
ただジャケットを眺めているだけなのですが、没入感が増す気がします。
いっそ歌詞まで出たら最高なのに(笑)
視覚的なアプローチも『アリ』だなぁ、とつくづく感じました。


と、そこにニッキーさんからの指摘が。
「前の濃さが無い」「パワーはコンセントから取って」

をを。グイグイいくなぁ。(^^ゞ
まぁ、この辺りは付き合いの長さのなせる業。うちもボンさんとはこんな感じです(笑)
で、実際やってみると確かにこちらの方が良い。
やるね!

そしてそのまま 恒例(?)の玉転がしへ。
今回は滅多にやらない出力管の交換だそうです(…が、例によって私は詳しくなく分かりません(^^ゞ)
数種類の玉を転がしてもらって燻製さんと好みが一致したのはテレフンケン。
以前はケバケバしかったというこの球ですが、今回は前段もドイツ球ということで相性が合ったのでしょうか。
寧ろ落ち着いて帯域バランスも良好。音楽の内側をきっちり描いてくれます。

このテレフンケンと最初に刺さっていた いたちょうさんチョイスを除き、他の球は今回は却下かな、と。
勿論前段の球が変わるとまた別の結果になるのでしょうけれど、今回はこの2球以外は出音(直接音)に色を乗せすぎたり帯域バランスが崩れたりしすぎました。
ここに癖が乗ったままルームチューンで落とそうとしたりするとドツボです。
部屋のピークによるキツさと、直接音のキツさは全く別物。それが良く分かるいたちょうさんのリビングは素直な良い音がします。通常会話の響きが良く、居心地が良いです。
こういう部屋をサラッと用意出来るところが腕ですね。うちのルームチューンもちょっと弄らなければ…。


そんなこんなしているうちに外は段々風が強くなってきて、時々轟々という音が聴こえて来ます。
ここは大人しく帰るのが良識ある大人として正解!なのでしょうが、何故か全員オーディオに関しては良識が無いらしくそそくさと赤羽に移動して居酒屋へ(笑)
更にベルウッドさん、KYLINも合流して閉店間際まで熱いオーディオトークに花を咲かさせたのでした。


いたちょうさん、今回は台風の中ありがとうございました。
飲み会にお付き合いいただいた皆様、お疲れさまでした。
次は良い気候の時につくばにもお越しください(笑)




にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: オフ会

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。