無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

genmi邸とバーニャカウダ  

ポロっとbillboard東京でのボビーコールドウェルのチケットが当たりました。
当たったのは良かったんですが、嫁さんは出張、近場の友人知人は悉く仕事。
まぁ、数日前にいきなり平日ライブの誘いですしね…。きっとチケットの転売対策なんでしょう。
でもね、そもそもチケットが届くまでチケットがペアかソロかも分からないってどうなの!?

うーん。
これがジャズボーカルとか もっとオーディオ的な人のライブだったら誘いやすい方もいるのですが、ボビーコールドウェルか…。
オーディオって感じじゃないなぁ…。そもそも私が聴いたことないし(爆
あ、そういやあの人は平日休みのはず。連絡してみようか(酷い)


ということで2年半ぶりのgenmi邸です(^^ゞ

genmi01jpg.jpg


genmiシステムは機器は前回から変わらず。
しかし機器のセッティング、ルームチューンは相当に追い込まれたそう。
各方面で絶賛のgenmiサウンドを楽しませていただきました。

genmi02.jpg

見た目上の一番の違いはSP下のウェルフロートバーチでしょうか。


最初はシンプルな女性ボーカルから。
出てきた音はキツさを一切感じさせない優しい大人の音。
空間も綺麗に広がり、安心して音楽に浸らせてくれます。

前回はもっと個々の機器の高性能さを誇示するかのような鳴り方でした。
genmii邸は拙宅と同時期に建築されたので、ようやく建材が馴染んだというのもあるのでしょう。
しかしそれ以上にこれは試行錯誤による使いこなしを感じさせる音です。
とても前回と同じ機器から出てくる音とは思えません。


でも前回のオーディオ的な快感に溢れる音も好きなんですけどね(^^ゞ
多分私は積極的に前に出てくる音が好きなのかも。
ん?それって自分のシステムの逆の音?いや、でも今の音も勿論好きなように弄ってきたし…。

なんて他人様の音を聴かせていただくと自身を客観的に見つめ直す良い機会になります。
勿論それには『高レベルの音を聴かせていただくヽ(´▽`)/』という条件が付くのですが。


その辺の意見の擦り合わせや音楽トークもまた楽し。



そして続いて(こっちがメインのはずの)ライブです。
すでにgenmi邸でお腹一杯感があったのですが、なかなか楽しめました。
ボビーコールドウェルさんは御年のせいか厳しい所も多々見受けられましたが、それをカバーするバックの演奏が素晴らしかったです。やっぱりたまには生音聴かないとダメですね。PA入ってたけど。色々参考になりました。
billboardもその次に入ったイタリアンも美味しくて満足満足。
しかしあのバーニャカウダは1人でライブに行っていたら食べきれなかった…。ありがとう!genmiさん!!(笑)
また遊んでください。


あ、因みにCD持ってなかったので3日前にレンタルしてきて予習しました(笑)


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

スポンサーサイト

category: オフ会

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

謹賀新年 と去年の事  

P1290500.jpg

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。



昨年のこと。
余ったVentoをボンさんが持って行って、さわりの記事を書いて…続編はまだかな?と思って待ってたら

「たびさん書いてからじゃなきゃ。」

と。
二人で待ちあってました(笑)
仕方ない。書きましょうとも。


前回4枚貼ったVentoですが、現在は写真のとおり3枚のL字型です。
4枚(というか右上位置が)だとどうしても反射音がキツくなってしまいます。

この4枚状態でオフ会をやり、さらに翌日にボンさんに聴いてもらったら「ダメ」と。
確かにL字にするときつさは無くなり、音場も綺麗に出ます。クオリティ的には確実は向上です。
が、しかし個人的にはこの時の音は嫌いではないのです。
私は音場がただ奥にドーンと下がるっていうのはイマイチ好きじゃないんです。(というか飽きました)
全てが奥に行っちゃうと音楽が単に遠いスクリーンに2D的に写っているだけにしか感じません。


私の考える奥行きって『音像の前後感』なんです。
音場自体が奥に展開しようが手前に来ようが問題ではありません。

私の考える音場って『確かな音像が適切に配置されている』ことなんです。
音像と音像の間はその曲ごとに音で埋まっていたり、完全な無音であったり。
音場派とか音像派とかいう議論自体がナンセンス。両立する・しないとかじゃなくて両立してないとおかしい。
ぼやけた定位で自分を包み込むのはただの音色。


4枚バージョンにはこの前後感を積極的に描こうとするところがありました。
ボーカルをちょっと前に出してきてそこを中心に展開する。
自分の音作りなんて意識していることもあり、この状態で詰めてみようかと思わせるものがありました。

対して3枚バージョンはグッと自然になり大人の音がします。
ボーカルはやや奥に下がり、前後感も丁寧に描き出します。


まー、ただ、これはVentoの枚数の問題ではなくて、どれだけの音を反射させるかの問題。
うちの壁は石膏ボード2重貼り&後ろはフラッシュの物置になっているためもともと弱~中デットなうえに音はかなり抜けていきます。
それがフロント一次反射を減らして後方展開を演出するのに一役買っていました。(人間は空間の広がりを直接音と間接音の比率・時間差で判断しています。あと経験。)
そこに堅いVentoを持ってきて一次反射を増やせば当然音像は前に出て来ます。
しかしここで問題なのがその反射音の質です。
Ventoを叩いてみると堅い樹脂っぽい音がします。決してカンカンした耳障りな音ではありませんが、それでも吸音メインだった石膏ボードに比べれば堅い音がします。

「Ventoって吸音とハイブリッドなんじゃないの?」という疑問もあるかとは思いますが、正面から見てみると吸音を活かすにはある程度の角度が必要な造りになっているのが分かります。
うちのフロント一次反射面では反射がメインになって直接音が強くなっていました。
適正なバランスは3枚、ないしは2枚でしょう。

ではなぜ4枚にしていたか。
先に書いた音場の描き方の他にもう1つ理由があります。
これも人間の耳の特徴なのですが、『先に入ってきた音を強く感じる』ためです。

花火大会を観に行ったことがあるなら覚えがあると思いますが、花火が一番体に来るのって
ちょっと離れたところで聴く場合ですよね。具体的には打ち上げ地点から200mくらい?
これが50mくらいまで近づくと音は大きくなるものの、何故か迫力がなくなる。
逆に1㎞も離れたら締まりのない低音がドヨ~ンと。
これは周波数ごとののスピード差・減衰などによりどの帯域の音が先に耳に入るかによって起こります。
オーディオでも同じことが起こり、高域をちょっと立ててやることで音に輪郭が付き、結果帯域も上下に伸びたように感じる。
STWを足すことでむしろ低域が沈むというのはこの効果でしょう。
逆に高域を吸い過ぎると鈍った芯のない音になってしまいます。

私はこのちょっとした高域の響き・アクセントをバイクで言うところの 逆ハン・カウンターのようなものだと考えています。
邪道ではあるけど大きく倒し込みたいならそれなりに効果的。
完璧に調音された部屋だとブレーキリリースからの正統派コーナリング。

私がちょっと響きを強くしたい理由はこんな所なのですが…
コーナーが連続するような曲(?)だと逆ハンはすぐ破綻します(^^ゞ


そして忘れていけないのが これはうちのデット気味の壁に対するアプローチだということ。
コンクリート打ちっ放しの壁だったりした場合は全面Ventoにしたってまだ柔らかくなることもあるでしょう。

でもうちでは色々頑張ったけど4枚じゃやっぱり多かった…。
3枚…いや。2枚でも良いかも。もしかしたら内側のは切断して0.4枚とかやるかも。


結局は使いこなしってことで。
物には限度、風呂には温度ってね。



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ルームチューン

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 4

カーボンシールド  

DUSSUN R-10i の内部ボード用カーボンシールドを導入してみました。

P1290486.jpg
この赤いアルミのシールドを外すと

P1290488.jpg
基盤が入っているわけですが…
この写真って底板を外して撮っているんですよ。

ってことは…基盤は天板に取り付けられているため、このアルミをカーボンに変えたところでボードのインシュとして働くことなんてない訳で。

ってことは純粋にシールド能力の問題?
でも見ての通り各ブロックは分厚いアルミの壁で仕切られています。
下側に抜ける…といっても下はただの底板があるだけだし。

完全に見えないオシャレ?
振動モードが変わる…なんてことはあり得るか。
と言ってもどうせ気のせい程度だろうなぁ…。


P1290489.jpg
でもまぁ、確かに満足感はある(笑)


しかし予想に反して音は結構変わってしまいまして。
各帯域が滑らかにつながるように。
これは品位が上がったと言って良い変化。

僅かな変化ですが、これは大きい。



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ハード

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

とうとうフロントに手を入れる Vento Square  

今まで数多のルームチューン材を退けてきたマイオーディオルームのフロントサイド。
定番アイテムから隠れた名品、ただの布や丸棒まで、おそらく10種類くらいは試してみたもののどれもピタッとハマってはくれませんでした。
おそらく石膏ボード2枚重ね&裏がクローゼットで音が適度に抜けるのが絶妙な吸音具合なのでしょう。

「ってことはこの何もない状態がベスト!?」

…なんてことも思わないでもないのですが、何か出来るのなら何かしたいのがマニアというもの(笑)
最後に一つだけ試してみたいアイテムがありました。
それはVento square。
うちでは既にリスポジサイドにも使ってまして、変な癖も感じさせず好印象だったのです。


しかしこのVento。
いつでも買えるから。そして虫ピンとは言え壁に穴をあけるのは躊躇われる…とアマゾンのリストに突っ込んだままにしていたらいつの間にか長期欠品。
調べてみたら性能の変わらないニューモデルに切り替わって値段が上がってしまっていました(定価は変わらないけど販売価格が大幅UP)
しかも基材の色が真っ白になり、やたら目立つ(´Д`;)
方々探して旧モデルをやっと2箱確保しました。

P1070581.jpg
実は今までもVentoは天井コーナーとフロント一次反射面に使ってまして、正直一次反射面のは効いているのかいないのかさっぱり分かりませんでした(^-^;
しかし、だからこそ劇的に効くようなアイテムでは絶対にやりすぎになるマイルームにちょうど良いはず。
色は木目より写真の白の方が違和感なさそうということで、白をチョイス。

余談ですが…写真のサーロジックのパネルはやはり劇的に効きすぎました。
左右の壁が取り払われて草原で聴いているかのような印象になります。ホール感などは皆無。
一長一短というよりは「この表現もこれはこれで」という感じだったのでたまに出してきて使おうかな?と。
しかし…左は長押しにキレイに嵌るのに右は引っ掛かるという…。長押しの高さズレているよ!!!
道理でSPのセッティングを厳密に出してもズレているように見える訳だ…(´Д`;)


そんな感じで選んだ白だったのですが、位置を仮決めるのに複数枚並べてみると物凄い違和感が(´Д`;)
目に痛い!これは駄目だ…ということで、薄墨を重ねてみました。
10303.jpg
薄めた墨汁を塗ってから更に拭き取ります。

10301.jpg
今度は壁に溶け込み過ぎてこれはこれで違和感大(-_-;)

さらに水拭きして落として…
10304.jpg
こんな感じになりました。


この状態で聴いてみると…反射過多?いや違うか。でもなんか違和感が…。
今までが全面弱吸音だったところに一次反射面だけ反射を持ってきたせいで、表現がなんかちぐはぐになってしまった印象です。
ここからもうちょっと聴き込みつつ パネルの隙間に吸音材を足したり、残りのパネルを足したり(まだあと8枚残ってます)していって調整しよう。



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ルームチューン

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

今日のオカルト。 Super Schumann 7.83  

P1070759.jpg
Super Schumann 7.83

シューマン?スーパー?
作曲家?
いいえ、科学者です。
そのシューマン博士が発見したシューマン共振

----ここからwiki-------
シューマン共振(シューマンきょうしん)あるいはシューマン共鳴(シューマンきょうめい、Schumann resonance)は、地球の地表と電離層との間で極極超長波 (ELF) が反射をして、その波長がちょうど地球一周の距離の整数分の一に一致したものをいう。その周波数は7.83 Hz(一次)、 14.1 Hz(二次)、 20.3 Hz(三次)、……と多数存在する。常に共振し続けているので常時観測できる。

1952年、ドイツの物理学者であるヴィンフリート・オットー・シューマン (Winfried Otto Schumann, 米国イリノイ大学在籍) により発見された。

シューマン共振のエネルギー源は雷の放電や太陽風による電離層の震動だといわれている。

なお、シューマン共振と脳波の関連性を主張し、シューマン共振と同じ周波数の電磁波にリラックス効果や治癒効果があるとうたわれることがあるが、科学的根拠はない。

(さらにwiki)
定常波(ていじょうは、standing waveまたはstationary wave)とは、波長・周期(振動数または周波数)・振幅・速さ(速度の絶対値)が同じで進行方向が互いに逆向きの2つの波が重なり合うことによってできる、波形が進行せずその場に止まって振動しているようにみえる波動のことである。定在波(ていざいは)ともいう。

-----ここまで-----

要するにシューマン共振とは「地球上のあらゆる場所に常にある波。その中で7.83 Hzは一番周波数の低いゆったりした波。」
常に身近にあったものだからリラックス効果もあるはずだ。人間の脳波的にもリラックスしている値だし。きっと。たぶん。
というもの。

オーディオではアコリバのRR777が有名ですし、ボンさんがうちに持ってこられた時に効果も体感しているのですが、個人的には外見が全く好みではないのと、内部写真を観てしまうとあれを買う気にはなれませんでした。

というか、実は中身を知る前に初代RR7を買ったことがあるんですよね。しかし効果がまるで分らず手放してしまってまして。
最新版の効果は実感したとはいえ流石にもう一度買うのはハードルが高い…。
それにどうせ買うならみんなと同じじゃつまらないじゃない(笑)


ということで、Super Schumann 7.83
これを選んだ理由は書かなくても分かりますね?

そう。
デザイン(笑)

私の持論として、『見た目の良いものは音も良い』というのがあります。
当たり前ながら音を決めるのは製作者のセンス。そのセンスは見た目に反映されるはず。
例えデザイナーが外部委託だろうとも。

さて、Super Schumann 7.83 。
アクリルでクリアさを演出し、さらに内部の基盤パターンをただのグルグル巻きにせず観て楽しめるものになっています。

さらに…デカい!
P1070757.jpg
RR777の体積比で4倍はあります。


P1070763.jpg
Super SchumannにしてもRR777にしても、なんで正面にLED付けますかね?
今回は幸いラックの垂壁(?)が光を遮ってくましたが、シアターの邪魔になって仕方ない…。
まさかLEDが点いてないと効いていると感じられないプラセボ商品!?(^-^;


肝心の音ですが、これは燻製さんちでRR777と比較しました。
ざっくり書くと
・なんか良く分からんモヤっとした生々しさ・雰囲気を醸し出すアコリバRR777。
・空間のモヤを吹き飛ばして空気を綺麗にするスーパーシューマン。
て感じ。

これはどちらが良いということではなく、どちらの効果が欲しいかですね。
燻製さんちでは両方同時使用が最も好ましく感じました(笑)

ちゅーかですね。
同じ7.83ヘルツの波を作っているはずなのに音が真逆と言っていいくらい違うってどゆこと?


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: アクセサリー

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。