無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

GWは遠出。3年越しでいざバズケロ邸へ。  

「GWどっか行きたいとこない?」
「バズケロさんち」(即答)
「遠すぎる」

なんてやりとりがありまして。
その時(3年前でした)は遠いからと却下になったのですが、また今年
「どっか行かない?」
「バズケロさんち」(即答w)

で、仕事のリズムが変わったばかりで自分のオーディオさえ聴く時間が取れなかったこともありそのまま放置していたのですが、
「決まったよ」
「え?マジすか?」
「朝4:30集合ね」
「…マジすか?」

でもまぁ、決まってしまえばオフ会は楽しみなもの。しかもずっと前から聴いてみたかったお宅です。
そんなこんなで日帰り弾丸ツアーで行ってまいりました、バズケロ邸!
今回はコーディネートから運転まで全てお任せ。「市場よって朝飯食いましょう」とか我儘放題です(笑)


バズケロさんと言えばファイルウェブの中でも屈指の実践派。
独自の解析と理論。膨大な試行錯誤を繰り返しそのプロセスを惜しげもなく披露する懐の広いお方。
イメージでは「ガハハハッ」とか豪快に笑う大男のイメージだったのですが、お会いしてみると物腰の柔らかい気さくなおじさん(失礼)…というかボンさんとアイドルトークで盛り上がっているのを見るとそこらのおっちゃんというか(超失礼)

でもやっぱりオーディオを語るときは只者では無いオーラがビシバシと。

P1070766.jpg
最初のハーベス部屋。
生活の一部に組み込まれ、インテリアの一部に溶け込んだ機器と音。
聴く位置によって音楽との距離感も自由自在。

80年代のアキュがインテリアに馴染んでいます。というか、今のよりずっとカッコいいと思う。
ハーベスもスタンド込みで実に佇まいが良い。音よりデザインで選んでます?
P1070769.jpg

実は最初は古色蒼然とした、ハーベスのエンクロージャーそのものの色が乗っていて、完全に癒し方向に振っているのかと思っていたのですが、数曲かけるうちにどんどん鮮度が上がってきて実に中庸な音色に。
ニュートラルとリアルの中間。空間や音像もこれ見よがしなところはなく、しかし十分オーディオ的にも聴ける絶妙なバランス。
「対向面に同じ素材は使ってない」とか「ロフトは音が飽和したときに対策できるように用意してあったけど要らなかった」とか、聞けばリビングオーディオと言いながらも恐ろしいほどの抜かり無さ。



それはJBL部屋も同様で、徹底的に計算して作られたとんでもない造り。
石井式+天井裏のレゾネーター。
床と壁の縁切り。
造りながら考えていったのでは絶対に工期に間に合わない、完璧な事前準備の賜物。
私のようにアースすらその場で決めて詰め切れなかったのとは訳が違います(^^ゞ
P1070779.jpg


そしてその効果は音に表れており、部屋の癖の無さは特筆に値します。
この狭さ(といってもエアボリューム的には20畳分くらいはありそうですが)で、この気密の良さで、この気圧の変化のなさは異常です。おそらく同等のエアボリュームで気密も近い私の部屋だと感じる僅かな圧迫感が全くありません。
響きはかなりデット。
パッと見た感じで吸音は少なめなのに一切変な響きはありません。

「ルームチューンは嫌い」
「部屋の響きを使うのではなく、その場の間接音は音源に既に入っている」
「だから直接音メインでいいし、部屋の広さも必要ない(というか寧ろ邪魔になる)」

部屋の響きをどこまで使うかはオーディオにとって終わりと答えのない議論だと思うのですが、普通は「逃げられないのだから上手く使う」と言うのが落としどころになりがち。
というかうちが正にそれ(笑) 通に部屋を作って、音を聴きながらルームチューンと進めて来ました。
しかしバズケロさんは上記のような方針で部屋を作ってしまいました。
これは物凄く危険な賭け…

だったと思うのですが、バズケロさんは見事に賭けに勝ってしまいました。
しかしこれは賭けだったのか?
運に頼るギャンブラーは二流。
勝負は始まる前に既に決まっている…みたいな?
しかしバズケロさんの建築当時は今よりさらに情報量は少なかったはず。
いやはや。それでこれを設計段階で決められるのって本当に異次元。


とは言え音が部屋だけで決まるはずもなく。
部屋にかけたのと同等、いや、もしかするとそれ以上の情熱がセッティングには込められていました。
バズケロさんと言えば
『1点アース』
『縦リジッドの横プリン』
などの独自メソッドが有名ですが、今回念願かなってやっと実物を見ることが出来ました。
P1070776.jpg
P1070780.jpg


実は私もそれっぽいことをやってみようとしたことがあったのですが、これって高さ調整が激ムズなんですよ(;´Д`)
私は早々に諦めました。まったく良く水平取れるもんだと…。


部屋・電源(ここのこだわりもハンパない!)・セッティング。
全てを詰めに詰めて、とことんまでSNを追及して最終的に音楽を浮き彫りにする。
バズケロさんの手法はベクトル的には私と同じだと感じました。
そして実際に出ている音も、私の目指す方向と同じ。
音像が出るところでは前に出る。音場はきちんと後ろに広がる。
音楽の中での主と従の関係がしっかり描かれる。
とことん。のベクトルの長さの違いか、JBL部屋の方がうちより遥かに辛口なのですが、これは美味しい辛口。

バスケロさんの音を聴きながら、うちの音とJBL部屋の音の中間くらいが自分の理想だなぁ…なんて考えながら聴いていました。


そんなこんなで真剣勝負のJBL部屋で刺激を受けまくってからのハーベス部屋。
十分オーディオ的なのにめっちゃホッとする(笑)
これはセカンドシステムの理想形じゃ~!!

あ、そしてうちの音は多分ハーベス部屋とJBL部屋の中間くらいだ。



そんなこんなで朝10時から19時まで、じっくりバズケロサウンドを堪能させていただいてつくば一行は帰路に着いたのでした。
バズケロさん、ありがとうございました!!
スポンサーサイト

category: オフ会

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

4K HDR環境構築  

ご無沙汰しております。
いつの間にか新年度を迎え、いつの間にかエイプリルフールも終わってしまいネタをブッ込むタイミングも逃してしまいました(^^ゞ
皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は4月から暦通りの勤務体制になりました。

ついでに仕事も忙しく…なるはずだったのですが、今のところ割と平穏。
年始から年度末までのアレはなんだったのか…?

で、そんな解放感からついついポチッてしまいました。
まぁ、忙しくてもストレスで買い、暇でも退屈で買うんですけどね~。

ということで、我が家(というか自分の部屋だけ)もとうとう!4K HDRですよ!!






ってことで
じゃん!!!
P1290556.jpg
Acerの31.5インチモニターです。
プロジェクターじゃなくてゴメン!てか無理。だって本命は…ゴニョゴニョ。

以前4K HDR版 『君の名は』をプロジェクターで写したのですが、モノクロみたいな映像になってしまって観れませんでした。
PS4だってHDR対応でそれでやったらきっと面白いはず。なのに…!
それが悔しくて悔しくて。
ついでに今の21インチモニタだと後ろのデスク設置では画面が小さくてリッピングするときに見難くて見難くて。

近いうちに必ず買ってやろうと思っていたのですが、うちのデスクって上に作り付けのラックがあるので高さ56㎝以上のモニタは置けないのです。
このサイズがまた曲者で、最大サイズを置こうと思うと40インチがベスト。
しかし最近のモニタはほとんど43インチで微妙に56㎝を超えてきやがります。

もういいか、32インチで…と思ってたところにちょうど新製品が出てきました。
Acer ET322QKAbmiipxです。Aという型番はアマゾン限定?
これもやっぱり43インチとの2サイズ展開なうえに、43インチのほうはIPSパネル。(31.5はVA)
値段も1万円程度しか変わりません。
どう考えても43のほうがお得なのですが…後ろの壁面いっぱいにモニタというのも圧迫感あるかな?反射音が汚いかな?(^^ゞと考え直し。
43インチは複数人で観るからIPS。独り占めするなら正面からきれいなVAもアリ!ということで逝ってみました。

本当はジャパンディスプレイあたりが出してくれれば嬉しかったのですが、まぁAcerなら良いだろう。


P1290557.jpg
ちゃんと映りました(^^)/
まぁ、正直そんなに綺麗かと問われればどうなんだろう?
画質設定でHDRを選ぶと問答無用で輝度最大になり、その他パラメーターも弄れない?(まだ未確認)
HDRにしなくてもモノクロになるなんてことはないので、自分で追い込んだほうが良さそうな。
でもまぁ、特に弄らない状態でPS4でゲームもやってみましたが十分使用に耐えます。Diablo3はやたら赤みが強い気がしましたが、それでも許容範囲。当然解像度はこちらがずっと上。
音はCX-A5100からRCAでTEAC AX-501に入れているのですが、これまた十分使用に耐えます。というかこれ単体のシステムとしてみたら余程でない限り不満なんて出ないんじゃないかと…。
技術の進歩は凄いもんだ…。


そしてちょっとくらい画面が小さくても構わない秘密兵器。

P1290560.jpg
使うときはソファ側までグイっと寄せられる!
収納するときも邪魔にならない!

モニターアームって一度使ってみたかったんです。多分ふつうはこういう向きでは使わないと思いますが。
つるつるの表面より後ろ見せてたほうが音には好さそうじゃないですか?
(アームにした一番は純正足のデザインが気に入らなかったからなんですが…)


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ビジュアル

thread: ホームシアター - janre: 映画

tb: 0   cm: 6

genmi邸とバーニャカウダ  

ポロっとbillboard東京でのボビーコールドウェルのチケットが当たりました。
当たったのは良かったんですが、嫁さんは出張、近場の友人知人は悉く仕事。
まぁ、数日前にいきなり平日ライブの誘いですしね…。きっとチケットの転売対策なんでしょう。
でもね、そもそもチケットが届くまでチケットがペアかソロかも分からないってどうなの!?

うーん。
これがジャズボーカルとか もっとオーディオ的な人のライブだったら誘いやすい方もいるのですが、ボビーコールドウェルか…。
オーディオって感じじゃないなぁ…。そもそも私が聴いたことないし(爆
あ、そういやあの人は平日休みのはず。連絡してみようか(酷い)


ということで2年半ぶりのgenmi邸です(^^ゞ

genmi01jpg.jpg


genmiシステムは機器は前回から変わらず。
しかし機器のセッティング、ルームチューンは相当に追い込まれたそう。
各方面で絶賛のgenmiサウンドを楽しませていただきました。

genmi02.jpg

見た目上の一番の違いはSP下のウェルフロートバーチでしょうか。


最初はシンプルな女性ボーカルから。
出てきた音はキツさを一切感じさせない優しい大人の音。
空間も綺麗に広がり、安心して音楽に浸らせてくれます。

前回はもっと個々の機器の高性能さを誇示するかのような鳴り方でした。
genmii邸は拙宅と同時期に建築されたので、ようやく建材が馴染んだというのもあるのでしょう。
しかしそれ以上にこれは試行錯誤による使いこなしを感じさせる音です。
とても前回と同じ機器から出てくる音とは思えません。


でも前回のオーディオ的な快感に溢れる音も好きなんですけどね(^^ゞ
多分私は積極的に前に出てくる音が好きなのかも。
ん?それって自分のシステムの逆の音?いや、でも今の音も勿論好きなように弄ってきたし…。

なんて他人様の音を聴かせていただくと自身を客観的に見つめ直す良い機会になります。
勿論それには『高レベルの音を聴かせていただくヽ(´▽`)/』という条件が付くのですが。


その辺の意見の擦り合わせや音楽トークもまた楽し。



そして続いて(こっちがメインのはずの)ライブです。
すでにgenmi邸でお腹一杯感があったのですが、なかなか楽しめました。
ボビーコールドウェルさんは御年のせいか厳しい所も多々見受けられましたが、それをカバーするバックの演奏が素晴らしかったです。やっぱりたまには生音聴かないとダメですね。PA入ってたけど。色々参考になりました。
billboardもその次に入ったイタリアンも美味しくて満足満足。
しかしあのバーニャカウダは1人でライブに行っていたら食べきれなかった…。ありがとう!genmiさん!!(笑)
また遊んでください。


あ、因みにCD持ってなかったので3日前にレンタルしてきて予習しました(笑)


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: オフ会

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

謹賀新年 と去年の事  

P1290500.jpg

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。



昨年のこと。
余ったVentoをボンさんが持って行って、さわりの記事を書いて…続編はまだかな?と思って待ってたら

「たびさん書いてからじゃなきゃ。」

と。
二人で待ちあってました(笑)
仕方ない。書きましょうとも。


前回4枚貼ったVentoですが、現在は写真のとおり3枚のL字型です。
4枚(というか右上位置が)だとどうしても反射音がキツくなってしまいます。

この4枚状態でオフ会をやり、さらに翌日にボンさんに聴いてもらったら「ダメ」と。
確かにL字にするときつさは無くなり、音場も綺麗に出ます。クオリティ的には確実は向上です。
が、しかし個人的にはこの時の音は嫌いではないのです。
私は音場がただ奥にドーンと下がるっていうのはイマイチ好きじゃないんです。(というか飽きました)
全てが奥に行っちゃうと音楽が単に遠いスクリーンに2D的に写っているだけにしか感じません。


私の考える奥行きって『音像の前後感』なんです。
音場自体が奥に展開しようが手前に来ようが問題ではありません。

私の考える音場って『確かな音像が適切に配置されている』ことなんです。
音像と音像の間はその曲ごとに音で埋まっていたり、完全な無音であったり。
音場派とか音像派とかいう議論自体がナンセンス。両立する・しないとかじゃなくて両立してないとおかしい。
ぼやけた定位で自分を包み込むのはただの音色。


4枚バージョンにはこの前後感を積極的に描こうとするところがありました。
ボーカルをちょっと前に出してきてそこを中心に展開する。
自分の音作りなんて意識していることもあり、この状態で詰めてみようかと思わせるものがありました。

対して3枚バージョンはグッと自然になり大人の音がします。
ボーカルはやや奥に下がり、前後感も丁寧に描き出します。


まー、ただ、これはVentoの枚数の問題ではなくて、どれだけの音を反射させるかの問題。
うちの壁は石膏ボード2重貼り&後ろはフラッシュの物置になっているためもともと弱~中デットなうえに音はかなり抜けていきます。
それがフロント一次反射を減らして後方展開を演出するのに一役買っていました。(人間は空間の広がりを直接音と間接音の比率・時間差で判断しています。あと経験。)
そこに堅いVentoを持ってきて一次反射を増やせば当然音像は前に出て来ます。
しかしここで問題なのがその反射音の質です。
Ventoを叩いてみると堅い樹脂っぽい音がします。決してカンカンした耳障りな音ではありませんが、それでも吸音メインだった石膏ボードに比べれば堅い音がします。

「Ventoって吸音とハイブリッドなんじゃないの?」という疑問もあるかとは思いますが、正面から見てみると吸音を活かすにはある程度の角度が必要な造りになっているのが分かります。
うちのフロント一次反射面では反射がメインになって直接音が強くなっていました。
適正なバランスは3枚、ないしは2枚でしょう。

ではなぜ4枚にしていたか。
先に書いた音場の描き方の他にもう1つ理由があります。
これも人間の耳の特徴なのですが、『先に入ってきた音を強く感じる』ためです。

花火大会を観に行ったことがあるなら覚えがあると思いますが、花火が一番体に来るのって
ちょっと離れたところで聴く場合ですよね。具体的には打ち上げ地点から200mくらい?
これが50mくらいまで近づくと音は大きくなるものの、何故か迫力がなくなる。
逆に1㎞も離れたら締まりのない低音がドヨ~ンと。
これは周波数ごとののスピード差・減衰などによりどの帯域の音が先に耳に入るかによって起こります。
オーディオでも同じことが起こり、高域をちょっと立ててやることで音に輪郭が付き、結果帯域も上下に伸びたように感じる。
STWを足すことでむしろ低域が沈むというのはこの効果でしょう。
逆に高域を吸い過ぎると鈍った芯のない音になってしまいます。

私はこのちょっとした高域の響き・アクセントをバイクで言うところの 逆ハン・カウンターのようなものだと考えています。
邪道ではあるけど大きく倒し込みたいならそれなりに効果的。
完璧に調音された部屋だとブレーキリリースからの正統派コーナリング。

私がちょっと響きを強くしたい理由はこんな所なのですが…
コーナーが連続するような曲(?)だと逆ハンはすぐ破綻します(^^ゞ


そして忘れていけないのが これはうちのデット気味の壁に対するアプローチだということ。
コンクリート打ちっ放しの壁だったりした場合は全面Ventoにしたってまだ柔らかくなることもあるでしょう。

でもうちでは色々頑張ったけど4枚じゃやっぱり多かった…。
3枚…いや。2枚でも良いかも。もしかしたら内側のは切断して0.4枚とかやるかも。


結局は使いこなしってことで。
物には限度、風呂には温度ってね。



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ルームチューン

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 4

カーボンシールド  

DUSSUN R-10i の内部ボード用カーボンシールドを導入してみました。

P1290486.jpg
この赤いアルミのシールドを外すと

P1290488.jpg
基盤が入っているわけですが…
この写真って底板を外して撮っているんですよ。

ってことは…基盤は天板に取り付けられているため、このアルミをカーボンに変えたところでボードのインシュとして働くことなんてない訳で。

ってことは純粋にシールド能力の問題?
でも見ての通り各ブロックは分厚いアルミの壁で仕切られています。
下側に抜ける…といっても下はただの底板があるだけだし。

完全に見えないオシャレ?
振動モードが変わる…なんてことはあり得るか。
と言ってもどうせ気のせい程度だろうなぁ…。


P1290489.jpg
でもまぁ、確かに満足感はある(笑)


しかし予想に反して音は結構変わってしまいまして。
各帯域が滑らかにつながるように。
これは品位が上がったと言って良い変化。

僅かな変化ですが、これは大きい。



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ハード

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター