無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

Aurum Cantus G2ST-J  

以前から気になりつつ手を出せずにいたアイテムを導入してみました。
それはスーパートゥイーター(以下STW)。
個人的にはスピーカーはそれ自体で完結していて欲しいというのがあったのですが、最近の高性能なトゥイーターを聴き、そしてなによりルームチューンとの兼ね合いもあり試験的に導入です。

この製品を選んだ理由は
1.アルミリボンが高域にアクセントを付けてくれそう。(うちの音色は地味…)
2.なんとなくデザイン的に合いそうだった。(黒い箱がユニット周りと揃うんじゃないかと)
3.安い。(安い。とりあえずお試しですしね)


P1070432.jpg
ちゃんとサイズを測らないで買ってしまったので思ったよりデカかった…。
最初は存在感在り過ぎだったのですが、最近慣れてきてちょうど良い気がしてしてきました(笑)

P1070436.jpg
やはりユニット面は他と揃えるのが自然な感じ。
本当は僅かに俯角を付けてこちらに指向性を合わせたいところですが、導入直後に大きな地震がありまして。
見ている前で後ろにずるずる下がっていきました(;´Д`)
傾けておいて自身が来たら…他のユニット巻き込みます。
ってことで俯角どころか毎回外出前には床に下しているのですが、そのせいで厳密なセッティングが出来ずにいます。

P1070437.jpg
肝心のカットオフは10kHzと16kHz(ともに-3.0、-1.5、0、+1.5、+3.0dB調整可)とかなり低めから。
よく「STWは鳴っているのか分からないくらいで使うのが肝」なんて話を聞くので、20kHzカットくらいで良いのに…と思っていたら、我が家の設定は10kHz、-3.0dBになりました(^^ゞ
これだと耳を近づけるとチャカチャカ鳴っているのが分かるのですが、でも明らかな不自然感はなく。
音場が奥に深く、音像に軽い輪郭が付きます。

逆に+3.0dBなんかにしちゃうとすべてがキンキンして地声まで裏声みたいになってしまいNG。


しかし気が付けばケーブルからアンプ、STWとオーディオリファレンス取り扱い製品だらけになってるなぁ。
別にファンってわけでもないんですが…(^-^;


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
スポンサーサイト

category: ハード

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

GPSアンテナ取り付け  

ようやく、よーやくGPSアンテナを取り付けました。

P1070138.jpg
ステーは にれ工房さんに、ケーブルはオヤイデさんに作っていただきました。
にれ工房さんにはアンテナに合うネジがないとハンズまで探しに行っていただいたり、

オヤイデ電気様(この記事に限り敬称付きw)はデジタルケーブルを1本から作成してくれるのですが、私のこだわりで何度もメールをやり取りしたり度重なる仕様変更にも快く対応してくださりました。
部材費は全てネット価格と同じ、普段はペア販売のオヤイデ様オリジナルプラグもばら売り可能、工賃激安(銀ハンダや仕上げの価格含む)なので時給換算したら儲けなんて出てませんね…。
せめてもの償いにここで宣伝させていただきます。…が、こんな面倒な客がたくさん来たらかえって迷惑かも(笑)


で、前回同様不安定な梯子で取り付けます。
しかし今度は梯子の上&両手離して&ステー持ち上げてねじ止め(結構重い)という作業でマジ死ねました…(;´Д`)
途中で「「屋根の上にあがって寝転がればいいんだ!」と思いついたのですが、それでもキツい。

結局ねじ6本回すだけで3時間近くかかりました。
昼飯食うの忘れて(というか途中で止めることが出来ない)、終わった頃には外が暗いという…。
今が冬で良かった…。夏だったら確実に熱傷&熱中症です(;´Д`)

DSC_1083.jpg
屋根の上から。
ちなみにN→BNC変換端子とオヤイデ様の純銀プラグを使ったのですが、これは防水仕様ではないということで熱収縮チューブを軽くかけた上から風呂用のシーリング材をべた塗してあります。


アンテナが変わったことで衛星の信号強度がやや上がりました。
しかし逆に総合精度はちょっと落ちてるような。(ブレが大きくなりました)
で、肝心の音ですが…



正 直 ま っ た く 分 か り ま せ ん … (;´Д`)
(なんとなく空間がすこ~しだけ広がった…かなぁ。そうだといいなぁ。)

でもいいんです。この達成感さえあれば!(笑)
趣味なんて楽しければ全てOK!!

とはいえ、ケーブルのエージングもあるはずですし じっくり聴き込みます。



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ハード

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

USB DAC直結のNASって…  

最近USB DACに直結できることを売りにしているNASがいくつかあります。

が…USBオーディオって単なる音源データではなく、PCで再生ソフトを使って再生した音源をDACに送ってますよね。
ただ刺したUSBメモリから再生OKというのとは違うわけで。
ってことは再生ソフトはNAS内部に入っているメーカーオリジナルのものになるのでしょうか。


もしそうだとして問題はそのソフトの性能ですが、実際どんなもんなんでしょう?
DELA(BUFFALO)なんかはUSB直結の高音質を売りにしていますし 実際評判も良いようなので、ソフトも悪いということは無いと思いますが…どうしても引っかかるものが。
しかしソフトが良いならばPCを使わなくても住むというのは大きなメリットです。発展性が無いのはこの際スルー(笑)


で、改めてDELAを見てみます。
SSD&筐体の確りしたN1Zと HDD&普及オーディオ感のあるN1Aがありますが、Zの方は馬鹿げた価格なので候補になるのはAのみです。

ha-n1a_f1_1.jpg
ああ…やっぱり板金の箱が安っぽく見えてしまいます。
OLIOSPECのRitmoがPCショップなのにオリジナルの削りだしケースを作って185000円なんだから、BUFFALOの企業規模ならフルアルミくらい楽勝だと思うのですが…。
その方が数も出るでしょうし。

ha-n1a_b1_1.jpg
特にこの背面の折り曲げが好きになれないんですよねぇ…。



details_9.jpg
内部配線にUSBケーブルが刺さっているのも非常に気になります。交換してぇ…。


色々突っ込みどころはありますが、内部に色々やる前提なら面白そうだなぁ、と。
そもそもNUCだとオンボードグラフィックやらNOノイズ対策なので、そういう汎用PCを専用化していかなければならないところを これなら初めから専用設計。
その間にはどの程度の差があるんでしょう。


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ハード

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

うおおおおっ!!! スライム襲来!?  

先日セッティングを弄っていると…スピーカーの下から…黒いものが!



「うぁぁぁっぁああああああああぁっぁtljてぅあおいぽうふぁぽいてp」

と声にならない叫びを上げながらも恐る恐る底面を触ってみるものの、変な感触はしません。


スピーカーを倒してみると、

P1060359.jpg





黒いゴム状のものが床にべったりと(´Д`;)
スピーカーから垂れてきたのは間違いないと思うのですが、しかし糸を引いているのは袴の下の部分です。
コンデンサが漏れたのかとも思ったのですが、どこを触ってみても、漏れた・垂れたような形跡は一切ありません。
そもそもそんな染み出せるような粘度ではありません。

直前までスピーカーは普通に鳴らしていました。



拭き取ってみると、かなり堅い。ベタベタ。生ゴムが溶けたようにしか思えません。
本体と袴を接着していたものか、何かの拍子にスピーカーの下に挟まったゴムか。

うーん。これは一体?







その後 音には影響を感じませんし、どう見ても中から漏れてこれるような穴が無い&染み出せるような粘度じゃないということで、気にせず聴いてました。



しかし、スピーカーを動かした時、再び垂れているのを確認。
今度は原因箇所を突き止めるに至りました。



DSC_0587.jpg

バスレフポートの中に溶けた黒いゴムが見えます。
ゴムが落ちた時の重さのせいで吸音材もポートの中ほどに下がってきています。
さらにはゴムがなくなったことで内部の桟が見えてしまっています。

前回はセッティングでスピーカーを移動していたのと、ゴムがこびり付くような素材ではないため吸音材にすらくっ付いていなかったので気がつけませんでした。


DSC_0588.jpg

こちらは正常な方。



DolonさんにAvalonを修理できる業者を紹介いただきメールすると、

「内部のウーファーを後ろから抑えているゴムが溶けたもの。
以前何件かあって現在は溶けない物に対策済み。
しかしゴムが無くてもウーファーは確り固定されているので全く問題なく使用可。
海外だと割りとスルーするけど日本だとクレームになったことも。」

とのことでした。
直すことも出来るけど出張になるし他に何か不具合が出たらで良いだろうということになり、このまま行くことになりました。
個人的にはいい機会なので この際メンテや内部配線やり直しもアリかと思っていましたが、まぁなんにせよ異常なくて良かった良かったヽ(´▽`)/


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ハード

tb: 0   cm: 2

AIRBOW GPS-10MH  

ということで導入したGPSクロック。
AIRBOW(逸品館)のGPS-10MHです。
この製品はThunderboltというGPS ユニットを 携帯基地局払い下げ品を大量に入手することで低コストを実現しています。

とは言えGPSユニット自体はヤフオクを探せば結構な数が出ています。
しかし残念ながら私にはそれをちゃんと組み上げる技術がありません(^^ゞ。
さらに出品説明を読むとPCにつないでモニターしてくれというような事が書いてあったりで、何かこう…スッキリしません。
だったらちゃんとした箱と電源を用意してくれているこの製品はかなり魅力的です。


P1060125.jpg
とは言え、バックパネルは鉄なんですけどね(^^ゞ
フロントパネル、筐体をアルミにするよりも一番大切なのは端子が付いているバックパネルだと思うのですが…。


P1060128.jpg
アンテナ。
もっと太くてシールドのしっかりしたケーブルの方が音質的に有利な気もしますが、この細いケーブルのおかげで余程機密性の高いドア/窓でなければ閉めても断線することはありません。
うちのドア&インプラスでも問題なし。
ケーブル長は10mなのですが、うちでは測ったようにぴったりでした。

ところでこのアンテナ、裏側はプラスチックのシェルになっているのですが、どちらを空に向ければ良いのでしょう?
窓につけたりする場合はこの金属の平面をつける(金属面が上)になりますが、屋根に貼ったりする場合は平面が下になります。きっとどちらでも受信感度的には問題ないのでしょうけど、気になります。


そのドアはオーディオルーム後方にあります。そこから屋根に取り付け。
全天の3/4くらいが見渡せる位置に取り付けるとありますが、うちは住宅地なので完全に開けています。

P1060131.jpg
本当は登っているところや屋根の上の取り付け状況なんかも写真に撮りたかったのですが、梯子の角度が急になってしまいそれどころではありませんでした(^^ゞ
梯子は75度がベストです。それより急だと後ろに倒れそうで怖い…。



P1060132.jpg
電源投入。
まだGPS信号を拾っていないので時間が合っていません。

P1060133.jpg
衛星を拾い始めました。

P1060134.jpg
ここでフロントパネルの►ボタンを押すと衛星の受信状況が表示されませす。
GPS-10MHは8つの衛星を拾うので、これが4ページあります。

P1060135.jpg
衛星は拾ったものの、まだOCXO(オーブン・コントロールド・クリスタル・オシレーター)のウォーミングアップ中。
精度もまだ52ppbと製品がうたう±0.00ppbの5000倍も悪いのですが、数時間も経つと安定します。

安定すると精度は0.00 ±0.02ppb程度に。0.00のまま微動だにしないというのが理想だとは思いますが、十分でしょう。
雨が激しく降っている時で0.20ppbくらい。アンテナの取り付けがまだ仮留めみたいな状況なので、それで改善するかも。
ついでにこのモニターは電源を切れるのですが、電源の青色LEDは転倒したまま。かなり眩しくてシアターの邪魔になるのと、これもノイズ源であろうということで、切ってしまいたい…。



さあ、ようやく試聴です。
GPS-10MHからK-01Xへの接続にはこんなこともあろうかと買っておいた(笑)、STEREOVOXのXV2。
K-01Xは10MHzクロックをそのまま受けられます。それもK-01Xを選んだ大きな理由。
これが受けられないと間にもう一つクロックジェネレーターを挟んだりして筐体数とコストがかさみます。ケーブルも。
ちなみにACケーブルはLINDEMANNから外してそのままになっていたSYUNYATA ANACONDA VX。

フォーカスがぐっと合ってきます。
波形のブレが無くなり、在るべきところに落ち着いたと言っても良いかも知れません。
が。
そのフォーカスの合い方は「クロックで全て解決」というようなものではなく、画像編集ソフトのシャープネスをかけたような合わせ方です。
上手く使えばグッと引き締まった画になりますが、元の写真が手振れしてるとそのブレまで露にしてしまいます。
(ここから色々セッティングを詰めて行くのですがそれはまた別の話で。)

そのあたりはむしろ仮想アースの方が使い易いと思います。
こちらはただ単に機器の性能を上げる(元に戻す)だけ。
しかも効き方のベクトルがかなり似ています。おそらくうちでON/OFFブラインドテストしたらどちらの効果か当てられる人はほとんどいないんじゃないかなぁ…ってくらいに。

そうしてみると仮想アースのコストパフォーマンスはズバ抜けてます。
GPSの1/100くらいの費用で効果は同等。
しかしクロックは更に定量的に上乗せで効果があるので、やはり入れないわけにはいかないという…。



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ハード

tb: 0   cm: 2

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター