無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

GWは遠出。3年越しでいざバズケロ邸へ。  

「GWどっか行きたいとこない?」
「バズケロさんち」(即答)
「遠すぎる」

なんてやりとりがありまして。
その時(3年前でした)は遠いからと却下になったのですが、また今年
「どっか行かない?」
「バズケロさんち」(即答w)

で、仕事のリズムが変わったばかりで自分のオーディオさえ聴く時間が取れなかったこともありそのまま放置していたのですが、
「決まったよ」
「え?マジすか?」
「朝4:30集合ね」
「…マジすか?」

でもまぁ、決まってしまえばオフ会は楽しみなもの。しかもずっと前から聴いてみたかったお宅です。
そんなこんなで日帰り弾丸ツアーで行ってまいりました、バズケロ邸!
今回はコーディネートから運転まで全てお任せ。「市場よって朝飯食いましょう」とか我儘放題です(笑)


バズケロさんと言えばファイルウェブの中でも屈指の実践派。
独自の解析と理論。膨大な試行錯誤を繰り返しそのプロセスを惜しげもなく披露する懐の広いお方。
イメージでは「ガハハハッ」とか豪快に笑う大男のイメージだったのですが、お会いしてみると物腰の柔らかい気さくなおじさん(失礼)…というかボンさんとアイドルトークで盛り上がっているのを見るとそこらのおっちゃんというか(超失礼)

でもやっぱりオーディオを語るときは只者では無いオーラがビシバシと。

P1070766.jpg
最初のハーベス部屋。
生活の一部に組み込まれ、インテリアの一部に溶け込んだ機器と音。
聴く位置によって音楽との距離感も自由自在。

80年代のアキュがインテリアに馴染んでいます。というか、今のよりずっとカッコいいと思う。
ハーベスもスタンド込みで実に佇まいが良い。音よりデザインで選んでます?
P1070769.jpg

実は最初は古色蒼然とした、ハーベスのエンクロージャーそのものの色が乗っていて、完全に癒し方向に振っているのかと思っていたのですが、数曲かけるうちにどんどん鮮度が上がってきて実に中庸な音色に。
ニュートラルとリアルの中間。空間や音像もこれ見よがしなところはなく、しかし十分オーディオ的にも聴ける絶妙なバランス。
「対向面に同じ素材は使ってない」とか「ロフトは音が飽和したときに対策できるように用意してあったけど要らなかった」とか、聞けばリビングオーディオと言いながらも恐ろしいほどの抜かり無さ。



それはJBL部屋も同様で、徹底的に計算して作られたとんでもない造り。
石井式+天井裏のレゾネーター。
床と壁の縁切り。
造りながら考えていったのでは絶対に工期に間に合わない、完璧な事前準備の賜物。
私のようにアースすらその場で決めて詰め切れなかったのとは訳が違います(^^ゞ
P1070779.jpg


そしてその効果は音に表れており、部屋の癖の無さは特筆に値します。
この狭さ(といってもエアボリューム的には20畳分くらいはありそうですが)で、この気密の良さで、この気圧の変化のなさは異常です。おそらく同等のエアボリュームで気密も近い私の部屋だと感じる僅かな圧迫感が全くありません。
響きはかなりデット。
パッと見た感じで吸音は少なめなのに一切変な響きはありません。

「ルームチューンは嫌い」
「部屋の響きを使うのではなく、その場の間接音は音源に既に入っている」
「だから直接音メインでいいし、部屋の広さも必要ない(というか寧ろ邪魔になる)」

部屋の響きをどこまで使うかはオーディオにとって終わりと答えのない議論だと思うのですが、普通は「逃げられないのだから上手く使う」と言うのが落としどころになりがち。
というかうちが正にそれ(笑) 通に部屋を作って、音を聴きながらルームチューンと進めて来ました。
しかしバズケロさんは上記のような方針で部屋を作ってしまいました。
これは物凄く危険な賭け…

だったと思うのですが、バズケロさんは見事に賭けに勝ってしまいました。
しかしこれは賭けだったのか?
運に頼るギャンブラーは二流。
勝負は始まる前に既に決まっている…みたいな?
しかしバズケロさんの建築当時は今よりさらに情報量は少なかったはず。
いやはや。それでこれを設計段階で決められるのって本当に異次元。


とは言え音が部屋だけで決まるはずもなく。
部屋にかけたのと同等、いや、もしかするとそれ以上の情熱がセッティングには込められていました。
バズケロさんと言えば
『1点アース』
『縦リジッドの横プリン』
などの独自メソッドが有名ですが、今回念願かなってやっと実物を見ることが出来ました。
P1070776.jpg
P1070780.jpg


実は私もそれっぽいことをやってみようとしたことがあったのですが、これって高さ調整が激ムズなんですよ(;´Д`)
私は早々に諦めました。まったく良く水平取れるもんだと…。


部屋・電源(ここのこだわりもハンパない!)・セッティング。
全てを詰めに詰めて、とことんまでSNを追及して最終的に音楽を浮き彫りにする。
バズケロさんの手法はベクトル的には私と同じだと感じました。
そして実際に出ている音も、私の目指す方向と同じ。
音像が出るところでは前に出る。音場はきちんと後ろに広がる。
音楽の中での主と従の関係がしっかり描かれる。
とことん。のベクトルの長さの違いか、JBL部屋の方がうちより遥かに辛口なのですが、これは美味しい辛口。

バスケロさんの音を聴きながら、うちの音とJBL部屋の音の中間くらいが自分の理想だなぁ…なんて考えながら聴いていました。


そんなこんなで真剣勝負のJBL部屋で刺激を受けまくってからのハーベス部屋。
十分オーディオ的なのにめっちゃホッとする(笑)
これはセカンドシステムの理想形じゃ~!!

あ、そしてうちの音は多分ハーベス部屋とJBL部屋の中間くらいだ。



そんなこんなで朝10時から19時まで、じっくりバズケロサウンドを堪能させていただいてつくば一行は帰路に着いたのでした。
バズケロさん、ありがとうございました!!
スポンサーサイト

category: オフ会

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

genmi邸とバーニャカウダ  

ポロっとbillboard東京でのボビーコールドウェルのチケットが当たりました。
当たったのは良かったんですが、嫁さんは出張、近場の友人知人は悉く仕事。
まぁ、数日前にいきなり平日ライブの誘いですしね…。きっとチケットの転売対策なんでしょう。
でもね、そもそもチケットが届くまでチケットがペアかソロかも分からないってどうなの!?

うーん。
これがジャズボーカルとか もっとオーディオ的な人のライブだったら誘いやすい方もいるのですが、ボビーコールドウェルか…。
オーディオって感じじゃないなぁ…。そもそも私が聴いたことないし(爆
あ、そういやあの人は平日休みのはず。連絡してみようか(酷い)


ということで2年半ぶりのgenmi邸です(^^ゞ

genmi01jpg.jpg


genmiシステムは機器は前回から変わらず。
しかし機器のセッティング、ルームチューンは相当に追い込まれたそう。
各方面で絶賛のgenmiサウンドを楽しませていただきました。

genmi02.jpg

見た目上の一番の違いはSP下のウェルフロートバーチでしょうか。


最初はシンプルな女性ボーカルから。
出てきた音はキツさを一切感じさせない優しい大人の音。
空間も綺麗に広がり、安心して音楽に浸らせてくれます。

前回はもっと個々の機器の高性能さを誇示するかのような鳴り方でした。
genmii邸は拙宅と同時期に建築されたので、ようやく建材が馴染んだというのもあるのでしょう。
しかしそれ以上にこれは試行錯誤による使いこなしを感じさせる音です。
とても前回と同じ機器から出てくる音とは思えません。


でも前回のオーディオ的な快感に溢れる音も好きなんですけどね(^^ゞ
多分私は積極的に前に出てくる音が好きなのかも。
ん?それって自分のシステムの逆の音?いや、でも今の音も勿論好きなように弄ってきたし…。

なんて他人様の音を聴かせていただくと自身を客観的に見つめ直す良い機会になります。
勿論それには『高レベルの音を聴かせていただくヽ(´▽`)/』という条件が付くのですが。


その辺の意見の擦り合わせや音楽トークもまた楽し。



そして続いて(こっちがメインのはずの)ライブです。
すでにgenmi邸でお腹一杯感があったのですが、なかなか楽しめました。
ボビーコールドウェルさんは御年のせいか厳しい所も多々見受けられましたが、それをカバーするバックの演奏が素晴らしかったです。やっぱりたまには生音聴かないとダメですね。PA入ってたけど。色々参考になりました。
billboardもその次に入ったイタリアンも美味しくて満足満足。
しかしあのバーニャカウダは1人でライブに行っていたら食べきれなかった…。ありがとう!genmiさん!!(笑)
また遊んでください。


あ、因みにCD持ってなかったので3日前にレンタルしてきて予習しました(笑)


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: オフ会

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

Ewan+山の頂  

久し振りにEwan+さんのお宅にお邪魔させていただきました。
前回聴かせていただいたのがもう2年半前。
しかしあんまり時間が経った気がしないのは前回の印象がそれだけ強烈だったからでしょうか。

あれからEwan+さんは送り出しをdCS PaganiniシステムからVivaldiシステムに。
さらにプリにCello Suiteを『追加』されています。


P1070421.jpg
Paganiniよりもかなり大柄な筐体なのですが、優美な形と仕上げのせいかむしろ落ち着いて控えめな印象。


早速聴かせていただくと、最初の一音からただならぬ気配がします。
兎に角 音が分厚い。
盤石の安定感。
そして音が生きている。
色彩感豊かではなく、活き活きしているでもなく、『生きている』。

この感覚はちょっと他では聴いたことがありません。
アナログっぽいと言えるのかも知れませんが、そんな言葉で済ませて良いのか?
このセパレーションと空間表現は果たしてアナログで到達できるのか?
少なくともこの音を聴いて「CDは音が薄い」なんて言える人間はいないでしょう。

そしてブラインドでこの音を聴いてYGが鳴っていると当てられる人間も絶対いないはず。
前回もアルミっぽさの全くない音でしたが、今回はむしろ木質の響きすらまとっています。

Ewan+さんはVivaldiの膨大な情報量が音楽を無機質にしている部分があるとSuiteを導入されました。
狙いはプリの電源の強化。情報の整理と音楽性の付加だそうです。
それは出ている音を聴けばもう大成功だったと断言出来るのですが、しかしそんな選択肢が取れるのは取捨選択出来るほどの情報量があればこそ。
そこから自分の音を探すことが始まり、今回目指す頂を聴かせていただきました。
Ewan+さんをして「ウィルソンの時に出したかった音をようやく超えることが出来た」という今回の音。
使いこなしと試行錯誤の2年半の成果を一気に聴かせていただいてしまうとちょっと異次元過ぎて自分はこれからどうしたもんかと思ってしまいます。

「とりあえずはお皿に入っている音を全て取り出すところから始めないと…。」
途中で合流されたムサシさんと私の共通認識でした(笑)
でも本当に良い刺激をいただきました。今無駄にやる気だけは上がっています(笑)


Ewan+さん、ありがとうございました!!



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: オフ会

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

こちらも2年振り!?にれ工房  

更新は止まってましたがそんな時はむしろ裏でなにかやっているもの。
ラック3台、ボード4枚&インシュレータースクランブル比較試聴なんて正気の沙汰ではないことをやったり。
でもこれは自腹でやったけどちょっとここでは書きたくないというか書けないというか。
オフ会の時にでも聞いてください。

で、ラック以外にもう1つ、ずっと保留していることがあります。
それはGPSクロックのアンテナをもう少しマシなものにすること。
今回はいよいよそれに手を付けるため、Dolon邸に伺ったばかりですが続いてにれ工房の山崎さんを訪ねました。
にれ工房は木工、鉄工のアトリエなのです。
というか、家までセルフビルドという自作のプロ。

実はアンテナだけは既に購入済みだったのですが、取り付ける手段が無かったのです。今回はアンテナステーの相談を兼ねての、こちらも2年振りくらいのオフ会です。


P1070113.jpg

機器は自作ではありませんが(笑)、石井式の部屋も自作。
前回からの変化はセンターのパネル。
高域も低域もBravoで駆動(4ブロック?)
DACをMytek Digital Stereo192-DSD DAC(かな?)に。+オルソスペクトラムのGPSクロック。

そしてKIT HITのスーパートゥイーターです。

P1070115.jpg

このスタンドも自作。良い感じ。
こうしてみるとこのスーパートゥイーターもカッコイイんですが、Avalonの上には似合わないなぁ…。
(うちではスタンドを置くスペースがありません…)

山崎さんが聴かれるのは日本語、英語、フランス語『以外の』ボーカル(笑)
今回もインドネシア、トルコなど聴かせてもらいましたが、音作りからジャケットまでかなりカッコ良かったです。ジャケ買いしても良いレベル。
このSP(というかシステム)は空間の広がる、位相を弄った系のソフトに良く合います。

というか、なんかうちの音に似てる…。
いやー、これだけシステムが違っているのに、面白いです。



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: オフ会

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

2年目の初Diamond  

久し振りの更新になってしまいました。
そして久し振りにDolon邸を訪問することが出来ました。

前回は2年前の1月でしたので2年半前。というか、DolonさんがEidolonからDiamondに変えられる直前。そして私がDolonさんからEidolonをお譲りいただく直前です。

本来であれば導入後すぐ、そして定期的に聴かせていただく&聴いていただかなくてはならなかったのですが、Dolonさんはいつもオフ会のオファーでご多忙&私もまとめるまで時間がかかり、いつの間にか随分時間が空いてしまいました。

P1070109.jpg
久し振りのDolon邸。ルームアコースティックもかなり変更されています。
部屋の広さもあってかなり小柄に見えますが、うちでは結構な存在感です(^^ゞ

まだまだ白木。新品の雰囲気も漂うDiamond。
木目が縦に走っているせいもあってかスリムに見えます。
P1070111.jpg
P1040513.jpg
これは前回のEidolon。
横向きにも蜜が入ってます。バーズアイではありませんがプレミアム仕様だそうです。
かなり色が違って来てます。


DolonさんはDiamondを入れられてからも様々なチャレンジをされてこられました。セッティングやケーブルの見直しはもとより、この訪問のつい1ヵ月程前にも送り出しをdCS Paganiniから同Scarlattiフルシステムに変更されています。今回はScarlatti導入後初オフということで、色々期待してお伺いさせていただきました。


私は今までの数少ないAvalon Diamond体験で、このトゥイーターに濃く、太く、長いというイメージを持っていました。
なんというか、ビームサーベルで袈裟斬りにされるような、鞭でビシバシされるような…。もちろん良い意味で。いやいや、Mじゃありませんよ?(笑)オーディオ的快感は大きいですが。

DolonさんはDiamondを検討される中でTIMEも聴かれたそうですが、ダブルウーファーによる低域の飽和とTWが大口径のブラックダイヤTWが柔らかい印象で好みに合わなかったということです。
そう言えば私も以前ショップでEidolon Visionを試聴した際に つながりの良さは素晴らしいものの、ほぼ未エージングの割に柔らかすぎると感じたことがありました。

そんなこんなで直線的な高域(?)の予想をしていたのですが、それは半分あたりで半分ハズレでした。
確かにTWが目立つ部分はあるのですが、決してキツイものではなく、それ以上に高域の浸透力を感じます。
そしてそれを支える中~低域も充実しています。Dolonさんは「今は兎に角出せるだけ出している所」と仰ってましたが、確かに全帯域に渡って素晴らしい情報量。さらに出した音は出しっぱなしではなくまとまっており、既に空間表現や位相もビシっと揃っています。

しかし何よりも感じたのは可能性です。
既にオーディオ的にも音楽的にもかなりまとまっているのに、さらに伸びていく予感がビンビンします。
これは同じようなSPを使っている(と言ってもこれも熟成させたのはDolonさんですが(^^ゞ)を使っているからこそ感じる事かもしれません。

なんというか、聴きながら才能あふれる新人が現れた往年の名選手みたいな気持ちになりました(笑)
または分別あるオッサン(Eidolon)とその若くて美人の妻(Diamond)みたいな。

とは言え、オッサンにはオッサンの良いところがあるのも事実で、まだまだうちも頑張らなくては、と。
でもそのうちDiamond嬢も良い感じに年を取るんだろうなぁ…。
とりあえずまだ魅力が別のところにあるうちにDolonさんに聴いていただかなくては(笑)


Dolonさん、道中お供いただいたFalioさん、ありがとうございました!


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: オフ会

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター