無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【映画レビュー】 CLOSER TO THE EDGE マン島TTライダー  

人生でやりたいことを10挙げろと言われたら、間違いなく『マン島TTを観に行きたい』が入る。
出たいとは思わない(笑)

でもまぁ…観に行っても目の前を一瞬で通り過ぎるだけなんですが…。
それもそのはず、マン島TTは一周約60㎞の公道(!)コースを平均時速210㎞/h、最高時速320㎞/h以上で駆け抜けるレース。
320㎞って約90m/秒ですよ(;´Д`) アタマおかしい(誉め言葉)
物語はそんなアタマおかしいライダーの一人、奔放な性格ともみあげが印象的なガイ・マーティンを軸に進みます。
そしてAVマニアとし忘れちゃいけないのが、この映画、音と画が良いんですよヽ(´▽`)/
エンジン音なんてRUSH と比較してもむしろ上か?って感じだし、映像も美しい…。
というか原題は『TT3D CLOSER TO THE EDGE』なので元々は3Dカメラでの撮影のはず。
何故3Dで発売しない…(;´Д`)



まぁ、3Dは置いておいてもこれは傑作。画も音も物語も。
物語と言っても完全なドキュメンタリーなのでストーリーなど無い…のに下手な映画よりよほどドラマティック。



死を愛することはできない。
でも 死があることを知らずに
人生を愛することはできない。

私も後悔しないように生きよう…。



おまけ

うん。マジでどうやって曲がっているのか分からん…。


なにコレ?素敵…!


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

スポンサーサイト

category: ソフト

thread: ホームシアター - janre: 映画

tb: 0   cm: 1

私のドリカム  

DREAMS COME TRUEのベスト『私のドリカム』が100万枚目前だそうです。
3枚組50曲で3400円というバーゲン価格。
私のように中学生の頃からドリカムを聴いてきた世代(途中で離れちゃったけど)直撃。
更にリマスター!

え?
り、りますたぁ?

うーむ。
どうもなぁ。リマスターというのが気になります。
Amazonのレビューを見てみると賛否両論。オーディオやっているっぽい人のは辛口だし。

そもそもドリカムって音質悪かったっけ?
私は以前のベスト盤『SOUL』(弟がレンタル落ちを買ってきたものw)を一時期リファレンスにしてたんだけど…。

ということで久し振りにベストアルバムの「SOUL」を聴いてみると…

これ、めちゃめちゃ音良いじゃないですか!!
空間がちゃんと録れている。広さは勿論、前後感が出ている。
ベースラインもクッキリ。低音楽器の音色が良い。
細かい音やコーラスの分離も綺麗。
ボーカルの定位がちょっと甘い感じもするというか、バックの演奏の方にフォーカスがあっているような気がするのだけど、それは調整次第か。
あと記憶よりちょっとテンポが早いような…。

ガキの頃ただ聴き流していた曲が初めて聴くような新鮮さ。
(まぁ、聴き方以上にシステムが違うし、システムに要求するレベルも高い…)

例えば「あなたにサラダ」
歌詞の面白さだけで、基本同じリズムを繰り返すだけの曲というイメージだったのが、ボレロのように一周ごとに楽器が増えて行くのに初めて気付いた。
いや、知ってはいたけど、初めてこんな演奏だったってことに気付いた。

ちょっと聴いてみるだけのつもりが、2枚通して2時間半聴き通してしまった。
これはキチンと聴き直さなければ。

P1060960.jpg

ってことで、まとめ買い(笑)
ネットオフで1枚100円。送料無料ヽ(´▽`)/
オリジナルはちゃんとボーカルがメインになっている。テンポも記憶通り。
ただ、 ボーカルにピントが合った分バックの演奏から新しい発見はし難いかも。
特筆すべきは1989年発売の「LOVE GOES ON…」から音質傾向が変わらず、作りこまれている!
勿論新しい物ほどSNが良かったりしますけどね。
別にベスト盤いらんなぁ。


ドリカム…盗作疑惑などもあって最近聴いてなかったけど…やりおる。
でもやっぱり私のドリカムは西川脱退の時点で終わってるかな。


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ソフト

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 6

BLUE GIANT  

Billy Joel Stranger30周年盤のDVDでの New York State Of Mind ライブがカッコ良すぎます。
1978年、若い頃のキレキレのBillyは勿論ですが、サックスがBillyに全く引けをとっていません。

ということで最近サックスにはまっています。
20代の頃はサックスを始めとした金管全般は耳に痛くてあまり好きではなかったのですが…加齢で耳の感度が落ちているのでしょうか?
いやいや、システムの性能と脳内ソフトがバージョンアップしたためだと思いたい(^^ゞ


そんな たびさんがオススメするのがこれ

bluegiant01.jpg
BLUE GIANT
ジャズに心打たれた高校3年生の宮本 大は、川原でサックスを独り吹き続けている。
雨の日も猛暑の日も毎日毎晩、何年も。「世界一のジャズプレーヤーになる…!!」

熱いです。
才能はあるが知識はない若者パターンは『のだめ』とも共通していますが(そうしないとストーリーが作れないってものあると思いますが)、愚直に、真摯に音楽に向き合う姿勢は読む者の心をうちます。
ついでに読むことで音楽に関する知識を得たり、作中の曲に興味を持ったり、そういう二次的な効果も。


音楽と向き合う姿勢と言えば、昨日NHK SONGSの Mr.Childrenドキュメンタリーを観ました。
彼等は3ヶ月以上かけて1曲を仕上げていくのですが、その中でJ-POPは使い捨ての音楽という認識を改めざるを得ない程のこだわりを見ました。(勿論長く聴き続けている曲もありますので、念のため)

こういう音楽なら聴く方も真面目に聞こうと思えますし、オーディオをやってる意味もあろうというものです。



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ソフト

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

試験勉強中に聴いてたディスク  

ここ最近のヘビーローテーション。


41Upfpq4XnL__SL500_AA300_.jpg
DAFT PUNK 「Random Access Memories」
まず私はダンス/エレクトロニックミュージックというジャンルに関しては全くの素人です。
そんな私が聴いてもこのアルバムは…古い。
曲もパッと聴くと凡庸。そもそもタイトルがRAM?ダサカッコいいを狙ったのか?でもダサで止まっちゃってるよと思ってしまいました。
が、それでも聴いているのはこのアルバムの音がとても良いから。
むしろこういう音楽だからこそ音色の美しさは重要です。トリップ感が違ってきます。

それにしてもこの音のよさは何なんだろう?大御所だから単純に金をかけられるのかな?と思ったら、このアルバムはちゃんと曲を演奏しているんですね。
PC上で弄っただけじゃない。一度空間に放たれた音。このアルバムがただ古くてつまらないだけになってしまうか、それとも宝物になるかはシステム次第。


ちなみに私のお気に入りは③Giorgio by Moroder
ジョルジオ少年がギターを始めたけど小さい町ではミュージシャンになるのは無理だと思った…というようなモノローグで始まるこの曲。ストーリーのある曲なのかと思ったらゲスト参加しているジョルジオモロダー本人の自伝になっているんですね。…まぁ、やはり私はジョルジオさんを知らないのですが(^^ゞ

その他の曲も聴きこんでみるとそれぞれ個性的。アルバムを通しての一体感というよりはまさにRandom Access。
さらにメモリーはメモリ(記録)ではなくメモリーズ(記憶)。




51efKajuC8L__SL500_AA300_.jpg
鼓童 「Mondo Head」
随分前に買ったもののパッとしなくて放置していたアルバム。
エム5さんに「SACDの読み取り不良はシングルレイヤーをかけることで改善することがある」と教えていただき引っ張り出したのですが…
久々に聴いてぶっ飛びました。
和とエスニックの融合。色彩豊かな音の乱舞。
それを支える量感豊かで深い低域。
鼓童は鬼太鼓座に比べるとストイックさにかけるというか、ミーハーなイメージがあったのですがこのアルバムを聴いて一気に評価が並びました。さらに以前よく聴いていた『童(SACD廃盤?)』も楽しい!(でも最新作?のPrism rhythmはそうでもないかな…(^^ゞ)
しかもモンドヘッドはマルチch対応。是非ともエム5邸で聴きたい1枚です。





にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ソフト

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

マンガ好き。  

以前に比べて読む量は減りましたし新規に開拓することも無くなってしまいましたが、それでも以前から買い続けている作家さんも何人かいまして、そんな中の一人が とよ田みのる。
いつの間にか出ていた(笑)短編集が非常に良かったのでご紹介。

51UOPdIM3LL__SS500_.jpg

とよ田みのる短編集 CATCH&THROW
表題作のCATCH&THROWが一番のお気に入り。
Boy meets Girl物の傑作だと断言できます。
読後に何とも言えない余韻がある爽やかな作品です。
画も上手くないのにヒロインのキャシーが可愛すぎます(笑)


これが気に入ったらお勧めしたいのが『ラブロマ』。
この作品に共感できるかどうかで恋愛に対するピュア度が測れてしまう…と思う(^^ゞ

category: ソフト

thread: 漫画の感想 - janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。