無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今年もお世話になりました  

娘が幼稚園の体験入園でロタウィルスをもらってきて、クリスマスあたりから一家3人川の字でダウンしておりました(^^ゞ

おかげで色々中途半端なままになってしまいましたが、今年もあとわずか。
紅白でも観ながら蕎麦すすりますかね。


今年は個人的には子供が産まれてそればっかりの一年でした。
が、震災から原発事件(だな)と、決して明るい話題ばかりでもなく。
来年は良い年にしたいですね。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

Falioさんの感想とその前後②  

StealthからStereovoxにリプレースしたことは以前書きました。

毎回ケーブルを買う度に「ケーブルに頼るというのはどうなんだ?」という気がしないでもない、というか物凄くするのですが、反面ケーブルの力は身に染みて分かっているわけで。
さらに今の部屋ではあまりスピーカーの移動にも自由度が高くないので、そういうものに頼らざるを得ない部分もあります。
それに何と言っても今回の変更はグレードアップが目的ではなく、
・ニュートラルと思えるものを揃えて
・ボトルネックを無くし
・次の部屋での挙動を捕らえやすくする
ためという位置付けだったりするので、良いのです。以上言い訳終わり(笑)


さて、Stereovox後の行動ですが、
単線臭くなり過ぎてしまったシステムに撚り線を。ということで聴いたこともないのに
Analysis Plus Golden Oval In XLRを導入。
ウェブ上の情報だけで導入してしまいました。
でもこれはDEAR AUDIOの島田さんインプレなので不安はありませんでした。


さらにオーディオマインドを刺激されたというか、
Eau RougeのヒューズとかCA-M400のカーボン天板とか、
これまた聴いたこともないのについつい出物を見付け&好奇心に負け過ぎて導入してしまったり。
むぅ。上と言ってること違いますね。
でもこれもきっと劇薬にはならないだろうという予想で。


で、この状態でFalioさんに聴いていただきました。
結構爽やか&血液サラサラサウンドだったと思います。


個々のインプレはまた後日。(そしてもう1アクション…(^^ゞ)

category: オーディオ

tb: 0   cm: 0

Falioさんの感想とその前後①  

mixiにFalioさんからいただいた感想を(勝手に)一部転載。



「タビ邸でしか聴けない音がいくつもあります。

最後の決めはSACDでユリア・フィッシャーのハチャトリアン、Vn協奏曲。
艶の乗ったヴァイオリンの音色が、夢見心地に誘います。
第一楽章が半分終わったところで、好きな第二楽章をリクエストしました。
美しい民謡風の旋律が、艶ののったヴァイオリンの音色で歌われ、めくるめく官能の世界にしばしうっとり。
宝物を見つけた気分です。


タビ邸で常々思うのは、音の見え方の美しさ、上品な香気、日本的な風流の漂い、ポップスの季節感といった五感に訴えるサウンドの美感だったのですが、今回はそういったものを残しつつクラシックを聴くためのしっかりした骨組みが感じられ、タビさんの志向の変化、聴くソースの広がりが反映され着実に進化していると思いました。 」



うーむ。
褒められすぎ感バリバリですが、嬉しいです。
Avalonの良さを残しながらもニュートラルに持っていくという方向性はそこそこ成功してるかな?
まだまだやりたい、やらなくてはならないことは多いのですが…。

…というか、まぁ、やっちゃったんですけどね(笑)
Indraを売ってフツーのケーブルに買い換えよう計画終了です。


category: オーディオ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。