無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Classe CA-M400  

プリと同様、Classeのパワーアンプです。
オメガシリーズのOmega Preに対して、こちらはデルタシリーズ。
世代的には新しいのですが、グレード的には下になります。(現行のオメガシリーズはありませんが)

以前のLINNコンビで一番気になっていた駆動力を補うために導入。
同じクラッセのオメガパワーやViolaのBravoのような圧倒的な力は感じませんが、変な色付けがなく、反応も早い、非常に使いやすいアンプです。

またしても音質的にはこちらもニュートラルというか、あまり印象らしい印象がありません。
書いてる意味ない(笑)
強いて言えば、ややドライか。水分的な意味でも、のどごし的な意味でも。

セッティングには要注意。ゴム足が馴染む時間も必要ですが、適当に置いていては全くのダメダメです。
余りにも硬いうちの床に直置きでは音が完全に死にました。
結局うちでは適度に響かせるアピトンのボードに乗せるのが一番しっくりきましたが、アピトン + Stillpointsだと下がスカスカ。そこにStillpoints純正スパイク受けを入れたら筋骨隆々。
まぁ随分と敏感です。



ところで、先日のシステム全景の写真で、M400の天板がやたらと部屋を反射していたのに気付いた方はいらっしゃったでしょうか?
たぶんM400オーナーでも気付かないと思いますが…

CA-M400CFRP.jpg
理由はこのアンプ用のドーピング。
Eau Rougeのカーボン天板です。

M400は足元にも敏感なのですが、天板にも敏感。
純正の天板も良く出来ていて、爪で弾くと鈍い音がしてそれなりにダンプは効いていそう。
外すと抜けは一気に向上しますが中域が薄くなってしまいます。
そこで私は天板を乗せるだけでネジ止めはしないで使っていたのですが…このカーボン天板はネジで締めてもその抜けの良さを確保しています。さらに音色が磨かれて輝いてくる&SNが向上。

個人的にカーボンっていくつか使ってみてあまり印象の良い素材ではなかった(劇薬過ぎる)のですが、これは変な副作用を感じさせません。とは言え好みとして純正の方が好きという人がいても納得はできます。
この天板、何かで代理店のデモ用機器にもこの天板が使用されている…とか書いてあった記憶があるので、公認パーツみたいなものなのかも知れません。
(でもデモで使われている写真や記事なんて見たこと無いんですが…。)


このアンプには某スタジオ用ケーブルを使用しています。3兄弟の末っ子ですね。
もう情報的にはオープンにしても良いのかも知れませんが、一般には購入できないケーブルなので伏せときます。
これ以上のケーブルはいくらでもあるはずですが、まぁ、間違い無い(問題ない?(^^ゞ)ケーブルです。

ちなみにこのアンプにはヒューズが2本必要。
1本は制御基盤用の20mm。
1本はアンプ部の32mm。
制御基盤用のヒューズは交換してみたけど余り効果は感じられず。
アンプ部はこのサイズのリプレース用ってEau Rougeくらいしか思いつかないんですが…金銭的に無理なので適当な無印セラミック管ヒューズを入れてます。効果は…不明(^^ゞ
スポンサーサイト

category: オーディオ

tb: 0   cm: 0

契約完了  

交渉の結果地盤改良の費用も販売会社が持ってくれることになりました!


そして施工工務店との契約が完了しました。
実は見積もりも完全に詰め切っていないどころか、音楽室の内装なんて何一つ決まっていないのですが、今月中に契約しないと長期優良の申請が出来ないのです(笑)
建てながら決めていくことになりそうですが、時間の猶予はあまりありません。
頑張らないと。


着工は4月になりそうです。
当初の予定からずいぶん遅れていますが…その分今のシステムを聴く時間が増えたと考えればむしろアリです。
しかし今年に入ってから娘が常に何らかの病気をやっていてほとんど聴けてなかったり


category: 建築・インテリア

tb: 0   cm: 0

Classe Omega pre MKⅠ  

プレーヤーに続いてプリです。
上流から紹介していこうと思いつつ、順番的にはこのプリを入れたのはパワーを変えたからだったりします。


というのも、それまでは LINNの KLIMAX KONTROLと CHAKRA TWINを使っていたのですが、パワーを変えたことで KONTROLのホワイトノイズが目立つようになってしまいました。
このホワイトノイズは音の鮮度のために敢えて残してあるそうなのですが、しかしそれがどうにも気になって音楽に集中できず、何か良いプリはないかと物色しているところにこれが出てきた。という訳です。


P1030454.jpg

本体足元はアピトンのブロックとカーボンのブロック…だったかな?
電源部はアピトンのボードに乗せてあります。
この待遇の違いは…単にビジュアル系のケーブル取り回しのしやすさを優先した結果です。


…なんて書いていますが、とは言えセッティングや電源には敏感に反応します。
本体ではなく電源部にインシュを入れるだけでコロコロ変わる。電源は言わずもがな。
この電源部を分けるという手法、わざわざ専用のクリーン電源を用意しているようなものなんだから、設計者的には電源環境には大きく左右されない(させない)のを意図しているのではないかと思うのですが…変わりすぎです。
つなぐ電源ケーブルのキャラクターをモロに描き出してくれます。

でもそれもこれのおかげなのかも。
ER-FX.jpg
Eau Rougeのヒューズ ER-FX
常軌を逸した価格のこのヒューズ。結論から言うと、導入時には違いはほとんど分かりませんでした。ちょっとSNが上がったかな?程度。
しかし、エージングが進んできたのか、このヒューズを入れてから電源ケーブルに対する反応は間違いなく良くなりました。



で、このプリの音質ですが…実はあまり把握していなかったりします(^^ゞ
当然KONTROLとの比較もしたことはしたのですが、その時はセンターラックを試している時で、普段のセッティングとはあまりにかけ離れてました。その時はピアノに何とも言えない甘い響きを感じたのですが、今では全く感じることが出来ません。あれはラックの木材の音だったのか。
空間表現や低域の沈み込み・抜け。特別主張することはないような。
強いて言うなら横の広さはKONTROLより広い気もしますが、奥行きと高さはKONTROLの方が上…かな?

う~~~む。こう書いてはみたものの、完全にうろ覚え。
本当にこのプリにはオーディオ的な印象がありません。
その時々の電源ケーブルに染まってしまうせいか。

このプリに対する不満はたった1つ。
それはボリュームのステップの粗さ。1刻みごとの音量差がありすぎます。
音量調整ってもっと繊細な、オーディオ機器を操作するうえでのアクセルワークみたいなものなのに…。

でもそれ以外は不満らしい不満もなく、うちのシステムに自然に溶け込んでくれています。
(あ、もうちょっと小さいとなお良かったですね(笑))


最近このプリに使った電源ケーブルは3本。
NBS professional3 …濃い。低域の量感が豊かなため、帯域バランスがちょっと崩れる。でもNBSが推奨する価格帯のシステムで使う分にはそれが逆に上手く効いてくるはず。
CHIKUMA Pillar AC2 …前回レビュー参照。結局レンジの狭さは改善されず。

そして現在は BMIの Hammerheadが刺さっていますが…恐ろしいまでの支配力。
アナコンダによく似た外観、よく似た軽さですが、蛇が白なら鮫は黒。真逆と言って良い性格です。

それにしてもケーブルって見た目の印象や触った質感を裏切らない音がします…。
結局中の導体と構造次第のはずなのに。
こうも見た目通りだとプラセボにやられているだけじゃないのか?と不安にさえなってきます…(^^ゞ

category: オーディオ

tb: 0   cm: 0

New Player!  

久しぶりに新しいハードを買いました。


SONY BDP-S380です。

3D対応のS480というのもありますが、今のところ3Dには全く興味がありませんし、このクラスのプレイヤーで観るならPS3でもいいや、と。
近所のケーズで買ったのですが、kakaku.com最安値とほぼ同じ額で5年保証が付いてきました。
接客が若いおねーさんだったので値引きには期待していなかったのですが、good job!!(笑)



さて、このプレイヤーを買った理由は 2つあります。

1.現在のアパートではPS3を使っているのですが、コントローラーがおかしいのか何故か頻繁にポップアップメニューが立ち上がってしまい、とてもじゃありませんが落ち着いて観ていられない。
それではSTAR TREK DS9 DVDボックス178話のお供には厳しい…。しかも初期型なので消費電力もとんでもないですし

2.ベルリンフィル・デジタルコンサートに対応している。
年間チケットをオークションで知り合った方から安く譲っていただいたんですが、その方が言うには「これで十分なクオリティ」とのこと。
…とは言っても、こちらは引っ越してからメインシステムにつないで観るつもりなのでまだ放置。


P1030452-1.jpg

それにしても…薄い。
電源ケーブルが直出しの機器も久しぶり。

接続はアパート用のAVプリ onkyo RDC-7up2が壊れている(電源が入らない)ため、RCAでTASCAMのプリメインにつないでいます。重ねると高さ10cmも無い(笑)
まだDVDしか観ていないので画質・音質に関してはまだ未知数ですが、それでも音に関しては今までTVのスピーカーで聴いていたのからすれば遥かに良くなりました!(画は元が汚すぎて(^^ゞ)

気になる点と言えば、サクサク速いという割にはそうでもなく感じるところ。
PS3と同じクロスメディアバーの動きもなんかカクカク…。


さぁ、色々観てみようっと♪

category: ビジュアル

tb: 0   cm: 0

Lindemann 820S  

機器紹介…と行きたいところですが、こう長い期間使っていると、もうどんな音だったか分からなくなってきます(笑)
もう系の一部として馴染んでしまっていて単体の機器をして聴いてなかったりしますし、導入当時の記憶が薄れたのもあり、比較対象が無いのもあり。


でも思い出しながら。

P1030413-1.jpg

ドイツらしい節度ある音。でも質実剛健と言うよりは爽やか・瑞々しい音色。むしろ日本的。
音場は広め…のはずなんですが、広さが欲しい欲しいと常に思ってました(^^ゞ
情報量は今となっては特に多いということもないのかも知れませんが(比較したことないので)、必要十分以上にはあると思います。

820は低域がゆったりした完全にクラシック向きといった印象でしたが、820Sになって割とオールマイティになりました。
現在ではトータルのシステムとしてロックや黒い音楽もかなり良い感じに聴けてます。

足は元々フィニッテ・エレメンテ製のセラミックが奢られているので、特にインシュレーターは不要かな、と。
ボードもリファレンスがフィニッテらしいのですが、それだと上品過ぎてしまいそうな気がします。



別筐体の電源はDAC部のみに給電しています。トランスポート部は本体にインレットが。
当初はトランスポート部の方が電源ケーブルの影響が大きいと思っていたのですが、今はどちらも等しく大きな影響を受けます。820Sになってヒューズが変わったことも影響しているのかも知れません。


P1030410-1.jpg

なので電源ケーブルは2本必要。
トランスポートには NBS の STATEMENT(初代)
DACには Shunyata Research の Anaconda VX
を使用中。
アナコンダは見た目のゴツさに反して非常に軽いケーブル。現在はHelixを経てTRONというシリーズになっているのをこの記事を書こうとして初めて知りましたが(笑)、それでもその性能は現在でもトップクラス。
空間表現・情報量・SNの良さ。そして極めつけのワイドレンジ。
線が細めになるのと、シュンヤッタのケーブルはどこか薄ーーい乳白色が音場を覆う気がする(アナコンダの場合はホントに微妙に)ですが…、外せません。

で、こんなケーブルを使いながら気になるのが…電源ボックスから本体に伸びるしょぼしょぼなDCケーブルです。
おそらくこれはPC用のD-sub 15pinと同じもの。(そういえば代理店が確認してくれるという話だったのですが放置プレー…)
いつかどこかがリプレースケーブルを出してくれるものと信じていたのですが、そうしているうちに820S自体がディスコンになってしまいました(笑)

んでこのDCケーブル。
写真では他のACケーブル・ラインケーブルよりも下を通していますが、うっかり上を通したりした日にゃ何もかもバッサリと切り落としたような悲惨な音になります。特にラインケーブルの上に乗せたりすると最悪です。
これはDCケーブルだから特に。というのもあるのかも知れませんが、セオリーとして電源ケーブルは下!ですね。

category: オーディオ

tb: 0   cm: 0

この部屋最終形(じゃ無い可能性もなくはない…かも知れない)システム  


そういえばblogに移行してからメインシステムのことを何も書いてませんでした。

ようやく納得の行く音が出せたのでここらで記録としての写真を残しておこうかな、と。


現在のシステム構成は

Lindemann 820S

CLASSE Omega Pre (MkI)

CLASSE CA-M400

Avalon Opus

これは以前から変わっていません。

アクセはたまにカーボンやナイロンのインシュレーターを入れたりしますが、それを忘れてたまま放置したり(笑)
足場と電源が確りしていればインシュは無くても…。あ、インシュも足場か。

ケーブルには結構こだわり。
ケーブル自体は勿論ですが、取り回しも超重要。


次から各機器について書く…かも。

category: オーディオ

tb: 0   cm: 6

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。