無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

エム5さん、降臨  

エム5さんに初めてうちにお越しいただきました。

エム5さんにはいつも色々と勉強させていただいているので、部屋が変わる前に現状の音を聴いていただきたい。
達人をお招きするというのはそれはそれはもの凄いプレッシャーです。
が、うちも最近はちょっとまとまって来た(という評価もいただいたりしてるんですよ?)ので、ちょっとは楽しんでいただければ。と淡い期待もあったのですが …しかしそれは最初の一曲で泡と消えました。



~オフ会終了のお知らせ~(笑)




ここからお勉強タイム。
エム5マジック、否、エム5ロジックの時間です。
スピーカーのエネルギーを最大限に取り出すための位置決めから機器の置き方、ルームアコースティックまで。
「基本通りにやってるだけ」という一手一手に同席したFalioさん共々あんぐり。

P1030567-1.jpg
数年ぶりの直置き。
以前1度だけ試してあまりのパッとしなさゆえに一瞬で却下された直置き。だってOpusは底面にもウーファーとバスレフがついているんだもの。スパイクで浮かせた距離がデフォルトのはず…だったのですが、『アリ』になってました。

P1030560-1.jpg
機器たちもイルンゴから降ろされてベタ置きとかMDFとか。


ただ全てを取り除いていくのではなく。(だから「ここはカーボンのボードが欲しいんだけど」とかもある)
一つ一つにシンプルな理屈があって、そしてその理屈通りに反応する。

今までもエム5さんに教わったようにスピーカーを動かしてみたことも何度もあります。
が、こんなに大きな変化は感じられず、うちはスピーカーを動かせる範囲が小さいし、反応しにくい部屋なのかも?と思い込んでいました。
それがエム5さんの手にかかるとコロッコロと表情を変えます。
そして出ている音が…エム5さんの家の出方に似てきます。(それはエム5さんも感じておられたということ)

まさに 『 音 は 人 な り 』



2時間程度のセッティングでしたが、20年分くらいの経験をさせていただきました。

やはり『正しい理屈が合って、その通りにやってみる・体験する』というのは本当に重要…。
逆に体験してみなければ何も分からない。
そういえばバイクに乗っているときもそうでした。
ライディングの教科書があって、それを実行してみてはじめて速くなっていく。
(度胸だけでタイヤを端まで使ってコーナリング…なんてのはありえません。死にます。)
ただ、オーディオが難しいのは操作しているのは機械でも扱っているのは音と言うところ。
抽象な上に「環境によって違うから」とほとんどマニュアル化されることのないセッティングを手探りで実行してみてもタイムが計れるわけでもなく、変わったのは分かるけど、それがどう変わったのか?は自分で判断するしかない。
下手をすると速くなっているつもりがどんどん遅くなっていっていることだってあり得えます。

それが今回教科書どころか教授が隣でマニュアル化可能とさえ思われる理屈と、具体的に変わった音を突き合わせながら解説していただけました。
もう精神と時の部屋を出てきた悟空の気分です(笑)




オフ会後、1人で聴いてみるとやはりルームアコースティッグが全く変わってしまっていました。
が、大丈夫。早速復習に取り掛かるとしますか。
スポンサーサイト

category: オーディオ

tb: 0   cm: 0

エム5さんがいらっしゃいました  

オーディオ人生 最大の衝撃。


オーディオって腕だ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



category: オーディオ

tb: 0   cm: 0

ええ。もう。DMR-BZT9000  

無いとなれば欲しくなるもの。


ということで、ちょっと足を伸ばして柏まで。
店員さんに尋ねると…なんと在庫有り。
ネットで調べた価格を伝えると「今日決めてくれるならその価格で出しますよ」

「…じゃあ、お願いします。」


うーむ。ポンポンと話が進んでしまったが、ホントに良いのか?
オーディオルームの床とか壁とか、いくらでも回すべきところはあるのに(^^ゞ


それにしても、最近の価格交渉は楽ですね。
ここに限らず、他のチェーンや店舗でも
「いくらになります?→ネットで価格調べられたりしました?→kakaku.comでは○○円っていうのは見ましたが嘘かホントかは…→店舗に電話で確認すれば分かるので大丈夫です。」
という流れでした。
そりゃね、都内まで往復2時間かけるだけで数万円変わってしまうなら誰だってそっちで買うって話ですよ。


で、やってきたBZT9000。
現用のBW930と置き換えてみると…期待していたほどの高級感は無い…かなぁ(^^ゞ
巷では超度級とかいまだかつて無い物量を投入したとか言われてますが…
皆さんこいつを忘れてやしませんか?



A1.jpg
東芝のHD DVD1号機 RD-A1
外形寸法は、W457×H159×D408mm。15.2kg
BZT9000がW438×H77×D239mmの約7.5kgなので、重量2倍、体積で4倍ですよ。398000円という定価もバーゲン価格に思えるほどの物量投入機でした。
一時期本気で購入を検討しましたが…危ない危ない(笑)

これと比べてしまうとBZT9000にはまだまだやりすぎ感が足りていません…が、重要なのは画と音です。
とりあえず電源ケーブルは純正のまま起動。


続く

category: ビジュアル

tb: 0   cm: 0

えっ!もう? DMR-BZT9000  

昨日まで熱出して寝込んでたのに何やってんですかね(^^ゞ

地元での価格調査、BDZ-AX2700Tはネット上の情報が少なく実売価格が良く分からず。
とりあえず量販店価格ではBZT9000とほとんど変わりません。HDDの容量が1TB違うので、実質の価格差はゼロと言っても良いかも。あくまでも表示価格なので交渉次第でガツンと下がるでしょうけど。

ではDMR-BZT9000の方はと言うと…某チェーンでは製造終了と言われてしまいました(´Д`;)
メーカーに問い合わせてもらったところ製造終了ではなく、そのチェーンとの間でやり取りが一時止まっているようだ…とのこと。
この辺のあやふやな情報が独り歩きしてネット在庫が一瞬で消えて高騰してしまったのかも。
しかしホントにいつ終了になってもおかしくはありません。
特に今は年度末というなんとも嫌なタイミングです。

無い(かも)となったら欲しくなるもの(笑)



category: ビジュアル

tb: 0   cm: 0

久々に物欲 BDレコーダー妄想編  

いやまぁ…、いつでもなんですが(^^ゞ

最近AV系にちょっと傾き中。
と言っても別にシアターメインになるというのではなく、実家システムを使うときは嫁さんも一緒にいることが多い→オーディオよりプロジェクターの稼働時間が増えた、というだけなんですが。


そうなると(もう随分前になりますが)プロジェクターをmarantz VP-12S2からVictor HD100に代えた事で、解像度は圧倒的に上がったものの見惚れるような画が出ない・パンしたときに画面が全く付いていかないという不満があったのですが、それを再認識する機会が増え…。

さらに決定的なのは「AVアンプとレコーダーを変える前の方が音が良かった気がする」ということ。
ムーラン・ルージュの視聴記の時にも感じてDVDを引っ張り出してきて聴き直したりもしたんですが、そもそもDVD時代はプレイヤーがDV50Sだった訳で。
まぁ、DV50Sとじゃ比較対象にすらならないのは当然としても、BW200+RDC-7upg2にも及んでいない気がするのは…。ロスレスで入れてるのに。

新AVアンプを検討したりもしていたのですが、まず変えるべきは明らかなボトルネックのソース機器でしょう。


とはいえこれから家を建てて小遣いもままならないパパライフを送るにあたって、弩級のBDプレイヤーを導入することはリスクが高い。だってソフトあんまり買えないもの(笑)
レンタルでは観たいソフトがBDで出てるとは限りませんしね。実際観たいのにDVDでしか出ていないためにまだレンタルしていないソフトが複数存在します。どうせ観るなら最高画質!いや、マジで。
実際、画と音のクオリティで作品の評価さえ変わってしまいますしね。
さらに、プレイヤーとレコーダーを併用した場合のケーブルの本数と取り回しや置き場所。電源の取り方。新居での不確定要素が多すぎます。
ここは素直に1機器でシンプルにまとめたい。
であれば高品位なBDレコーダーが最適解となるはず!


前振りが長くなりましたが、実際のところはようやく琴線に触れるレコーダーが出てきたというのが本音(爆)
しかも2機種も!

9000-1.jpg
Panasonic DIGA DMR-BZT9000(以下パナ)


2700-1.jpg
SONY BDZ-AX2700T(以下ソニー)
です。


一般ユーザー的には今期モデルの一番の売りは外付けHDDに対応したこと(素晴らしい!)ですが、オーディオマニア的にまず目を引くのがどちらもアルミの天板をまとっていることでしょう。
あとは3Pタイプの電源ケーブルに対応したこと。
特にパナは天板に3.5mm、側板にも3mmもあるアルミを使っています。
箱の違いがどれほど音に影響するか、想像に難くありません。
ソニーの方はサイドは樹脂で、天板の厚みは見付けられませんでしたが、写真で見る限りでは十分な厚みがあります。
箱に関してはパナの圧勝といったところ。

ただ…デザインはソニーの方が遥かに好きなんですよね(^^ゞ
天板のヘアラインの仕上げもカラーも高級感がありますし、縦横の寸法比が美しい。
総じてより上品です。

9000-2.jpg
パナがアルミ天板を折り返しているためにより低く見える。またサイドのスリットも無骨なのに対し、
2700-2.jpg
ソニーは上に乗せただけ(?)。エッジが立ってスマートな印象です。
ボタンの仕上げや天板のカラーリングもスマート(知的な方の意味で)です。


両機を調べていく中での私の受けた印象は
「物量投入でオーディオ的な追い込みをしたBZT9000」
「ソフトの進化と理論で詰めたAX2700T」

雑誌等の評価ではパナの方が頭0.5個分くらい抜けている…ぽく読めたのですが、しかし物量投入に頼らないで肉薄したソニーを推したい気も。
使い勝手はパナのリモコンが評判最悪なこともあって、ソニーの方がずっと良さそう。
そもそも画質・音質に関しては電源ケーブルやセッティングによっていくらでも変わってくる(変えられる)ので、デフォルトの状態ではあまり参考にならないんですよねぇ…。
どうせヒューズも電源ケーブルも交換しちゃうんだし。
だったらやりつくしたパナよりもソニーの方が伸び代が大きそうな。

とは言えパナの
9000-3.jpg
ベースシャーシにまで補強が入ってる&ケースに納められた特別仕様のドライブとか
9000-4.jpg
オリジナルのインシュ&底板が平らで別のインシュが使いやすい、とかは物凄く惹かれますね。
(むしろ底板はソニーこそ平らにして欲しかった!!)
う~む。
これが効いてむしろパナの方が伸び代が大きかったりするのだろうか…。


まぁ、両機は傾向が違うらしいので実際に比較してみないことには何も分からないんですけどね。
どっちを買おうか妄想しているときが一番楽しいのでした(笑)

購入編に続く…のだろうか?(^^ゞ



ところで1
パナもソニーも筐体開け難そう…。
ヒューズ交換できるのだろうか…。

ところで2
パナの方は生産完了?の噂が流れてネット通販価格が跳ね上がりましたが、実店舗に問い合わせてみれば普通に取り寄せ可能でした(時間かかりますが)。都内量販店なら上がる前より安いくらい。決算月ですし。


※これを書くのにあたって各所から画像をお借りしました m(__)m
画像の削除に関してはコメント欄までお願いいたします。

category: ビジュアル

tb: 0   cm: 0

Quadraspire TRS  

>ちゅうさんへ


コーヒーテーブルというかリモコン置きというかの
Quadraspire TRSです。

trs_01_01.jpg

クアドラスパイアはイギリスのオーディオラックメーカー。
でもこれに何をセッティングするの?…と思ったら最初の製品はジュエリーボックスだそうな。

写真が上手く撮れなかったので製品写真を。
うちのはチェリーですが、ブラックチェリーよりも赤め?詳しくはメーカーHP参照。
うちでは一番下の棚板は無し。2段目のポールはもう少し短いものを使っています。


コーヒーテーブル全般に言えることですが、子供の襲撃には非常に弱いですね(^^ゞ
特にこれは面積が小さい上にガラスで滑りやすい(気がする)ので普通に使うだけでもちょっと気を使います。
ただ、ガラスのおかげで2段目に何が置いてあるか分かるのは便利。
3段目が無いのはショップで展示品を買ったためですが、3段目もあった方が安定するはず。

category: 建築・インテリア

tb: 0   cm: 0

SONY TA-DA5400ES  

SONYのAVアンプ TA-DA5400ESです。
INTEGRA RESEARH RDC-7upg2+TASCAM PA-20mkⅡをアパートで使いたいために、空席となってしまったAVアンプ。
先だってレコーダーをパナのBW200からBW930に変えて同軸デジタル出力の音質が落ちてしまったと感じていたので、だったらロスレスで入れてやれ!と導入。
さらにはHDMIでDSDを受けられるのと、単純に音質が良いと言う評判も後押ししました。

でも残念ながらTVからの光入力ではサブシステムになった RDC-7upg2+PA-20mkⅡに遥か及ばず。
プリ部はインテグラリサーチの方が良いとしても、パワーまで含めれば良い勝負すると思ったんですが…。
まぁ、AVアンプなんてこんなもんでしょう。と諦める良いきっかけになりました(笑)


とは言えこちらはロスレスが受けられるので、メインで頑張ってもらわなくては。
まずはお約束のヒューズ交換。
5400はヒューズが2本必要で、縦に並んでいます。
ん~~~。
上がプリで下がパワー?

ってことで下だけ外して電源入れてみると…
起動しました!ヽ(´▽`)/
ほぼ完全AVプリ化達成です。

P1030465-1.jpg

全てにおいてパワー併用を上回ります。
リアは…適当にPCショップで買ってきた鎌ベイアンプ(4000円くらい?)をあてがってます(笑)
でもリアだけのためにパワーにも電源供給するより遥かに良いので仕方ありません。
というか、廉価な小型デジタルアンプ、侮れません。


このアンプ、音質傾向はソニーらしくシャープであっさり。
インテグラリサーチを鉈とすると、日本刀。
個人的にはもっと厚みが欲しいところですが、現行のオンキョー製品もどちらかと言えばソニー寄りの音作りらしいので、だったらこれで十分かな?と。
それに総合的な底上げならAVアンプよりもプレイヤー(レコーダー)を変えるべきでしょう。

P1030463-1.jpg
どうにもこうにも気になるフロントの青いLEDランプはオヤイデの電磁派吸収テープで隠しました。
迷光がなくなって劇的な画質アップ(笑)
さらになぜか音質まで良くなったような気がします(?_?)
というか、それなりのグレードのAVアンプを買う人はこんな安っぽい演出など求めていないと思いますよ?

さらにさらに…最近になってディスプレイのDIMMERがあることを発見。3年使っていてようやく(^^ゞ
だって、本体にしかボタン無いんだもの…。
もしかするとディスプレイ消せばランプも消えたのかな…。

category: ビジュアル

tb: 0   cm: 0

TOSTEM SAMOS H  

床もまだ決めきれていませんが、それ以上に急いで決めなくてはならないものがあります。

それは建具。 『窓』です。
というのも、選ぶサッシによって開口部の取り方が変わるのです。


現在の見積もりにはTOSTEMのシンフォニーという極々フツーのデザインのサッシが入っていますが、最近その上にSAMOSというラインが誕生しました。


サイトを見ると、もの凄いスッキリっぷりです。
とは言え、うちがRC造の四角い箱だったりしたら即採用なのですが、和モダンな家を狙っているのでそんなに尖がる必要もなく。
断熱性能が凄いというようなことが書いてあるも、うちもLow-e 樹脂サッシなので性能面でも大差なく。
でも結構景色は良いので大開口は欲しいなぁ…と。

そもそも新製品は高いんじゃないですか(^^ゞ
とりあえず見積もりだけ出してもらいますかね。とお願いしたら…

思いのほか安い。
特注になっているW3420xH2200の3連窓だけは25000円程度上がってしまいますが、普通のW1500xH2200の引違いなら4000円弱しか変わりません。3連窓だって1枚にしたら8000円程度。
うちは断熱にこだわってLow-eガラスを採用していたので、サッシ分の差しか乗ってこなかったようです。
これならイケる!
実物見てみるしか…!!(笑)


で、つくばのLIXILです。
P1030509-1.jpg普通の腰窓です。
P1030510-1.jpg
サッシが小さいというよりは框にサッシの大部分を埋め込んでいるって感じですね。
施工サイズが変わるはずです。

P1030512-1.jpg
締めた状態。サッシが親指1本分しかありません。スッキリ。
でも上下のサッシ幅はあまり変わらないような…。サイトの写真だとサイドと変わらないように見えるのに。
img03_001.jpg


確かにこれは美しい!んですが…。
ん~、これって大きな窓になればなるほど価格は上がるのにその利点は減ってしまうんじゃ…。


小さい窓を見てみると、やっぱり。
P1030508-1.jpg
枠の色が違うのがちょっとズルくも感じますが(^^ゞ
しかし小さな窓になるほど効きます。

P1030507-1.jpg
外から見ると違いが際立ちます。
デザインだけでなく採光面も全くの別物ですね。

今後このタイプが主流になっていくなら頑張って全変更か。
リビングの大きな窓を諦めて小さな窓を攻めるのも手ですね。


※ちなみに…
複層ガラスが防音性能も優れているのいうのは半分外れ。
ガラスの共振によりちょうど人の声くらいの周波数は却って通しやすいのだとか。

category: 建築・インテリア

thread: 家づくり日記 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 6

初 4K & 3D  

床材を見に行ったついでにGRAND AVAC新宿店に行ってみました。

目的はスクリーンの比較視聴。
候補は OSのピュアマットⅡex(WF203) と kikuchiのホワイトマットアドバンス
…だったのですが、WF203はまだ入って来ていないということで観れませんでした


てことで目的を切り替えて、気になっていたプロジェクター&初の3D体験をさせてもらうことに。
そのプロジェクターとはもちろんこれ。
VPL-VW1000ES.jpg
SONY VLP-VW1000ES
この記事を読むと観ない訳には行きません。

とは言え、別に欲しいわけではないのです。
現実的にはパナソニックのBDレコーダー DMR-BZT9000の方が遥かに欲しい。
(と思っていたら生産終了!?(´Д`;))
非現実的にはAVALON ISISとか CH Precision C1が欲しい(笑)


これを観ておくことはマニアとしての義務でしょう。
ちなみにスクリーンはスチュワートのゴツイやつ。
…で。
ビビりました。
何?このシャープさ(*_*;
比較するプロジェクターが無い状況でしたが、較べなくて良かった。
較べてたらとても買えないのに欲しくなってしまったかも知れません(^^ゞ


続いてVW1000esでの3D。ソフトはAVATAR。
私は映画館も含めて投影された3Dを観るのは初めて。
正直3Dには興味がないんですが、もしかすると凄いかも知れん。折角初めて観るのなら最高の環境で観てやろう、と。
…で。
やっぱり私には3Dは合わないということを再確認しました。
いや、凄いんです。凄いんですよ。
森の中で小さい虫が飛んでいるのなんて2Dじゃ絶対気付かないでしょう。
けど、だから何?
感心はするけど感動はしない、の極致のような映像でした。
(AVATARのこれ見よがしの「これを3Dで観ろ!」アピールが鼻につくというのもあります)
あと字幕まで浮き出して見えるのも違和感ありすぎ。

最低でも裸眼で観れないうちはただのギミックですね。

category: ビジュアル

tb: 0   cm: 0

エージング  

もう一つ気になっていた樹種がブラックチェリー。
これが良い意味で予想を裏切ってくれましたヽ(´▽`)/

まずはこちらをご覧ください。

どちらかと言うとブルーアンダートーンの木材のように見えますよね?
が、経年で赤味が増していくらしいのです。
(アンダートーンについてはこちら。MISAWA INTERNATIONALさんの Weekly HABITA 051号が詳しいです。pdf)


P1030470.jpg
これで1~2年だったかな?

P1030469.jpg
3年以上経過。

P1030471.jpg
全くの新品カットモデルと比べると物凄い差です。


カントリー調の赤い木はあまり好きでは無いのですが、これは落ち着きもあって良い感じ。
表情の豊かさはカリンに近いものがある…かも。違いは彩度の高さと木目の主張度合の差かな?
ブラックチェリーは最も変化度が大きい樹種だそうですが、しかしこれ程変わるとは…。

category: 建築・インテリア

thread: 家づくり日記 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。