無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

引き渡し完了!  

先週末はオープンハウスでした。
設計事務所が力を入れて告知し、工務店がオープンにやったおかげで…
かつてないほど人が集まったそうです。

その数、100組以上。


うーむ。
別に見られて困るもんでも無いのですが、防犯的にはちょっと心配(^^ゞ

来られた人はほとんどオーディオルームに入った瞬間間取り図を見てオーディオルームの広さとリビングの広さを見比べたとか(笑)
そして「高いんでしょ?」と(^^ゞ
いやいや。同じ大きさ・間取りで大手HMで建てたらこんなもんじゃありませんから。
ぶっちゃけお隣さんの方が遥かに高いだろうと思います。



そして今日は引き渡し!
本当は28日、娘の誕生日にと思ったのですが、生憎の仏滅のため明日に延期。
個人的には仏滅より娘の誕生日の方が勝っているのですが、親戚からごちゃごちゃ言われてもつまらないですしね(毒


さて。引っ越し頑張ろう!
まだオーディオルームに電気通ってないけど!(笑)
今日設備の確認したらガスコンロとオーブンのコンセント死んでたけど!


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

スポンサーサイト

category: 建築・インテリア

thread: 家づくり日記 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 5

最後のアイドロン (2)  

日が開いてしまいましたが後半です。


まずは最近恒例の話し声のチェック。
うん。素直です。
これは天井のダイケンの軽い吸音が効いているんでしょうか。
うちもこれにすれば良かったかとちょっと後悔(笑)


演奏はトリオ・ツィンマーマンのSACDから。
一聴して個々の音像の厚みが素晴らしいです。
抑揚が豊かで一音一音に重さが乗っています。


続くオーケストラではウーファーの直径差を実感させられます。
がっちりと空気をつかみ、SP後ろの壁一面に大きなステージを描きます。
音像と音像の間も音で埋まり、非常に聴きごたえがありました。
まるで大きな絵を見ているかのようです。
絵具は濃く、細やか。



前回は比較はあまり興味が無いと書きましたが、流石に同じメーカーのスピーカーだと耳は比較に傾きます(笑)
このEidolon、Opusとの比較ではやはりサイズ差による表現のゆとりが挙げられます。
ライトウェイトスポーツとGTマシンの差というか。
もちろん切れ味鋭いOpusは大好きなのですが、ゆったりしたEidolonもまた素晴らしい。
このあたりは聴く音楽の好みで選ぶべきでしょう。
重い車体を馬力で動かしている印象もあったのですが、持ち込みディスクでは小回りが利くところも見せてくれました。

4011327_1866630802_177large.jpg
Andrea Ross
15歳の彼女の声がどう聴こえるのかも楽しみだったんですが、流石声楽をやられていたDolonさん。非常に素直で伸び伸びした歌声でした。
そしてAvalonの女性ボーカルはやはり素晴らしい!惚れ惚れします(笑)



得意分野はダイナミックレンジと表現の大きなもの。
4011327_1866625558_195large.jpg
グランドピアノの蓋と響板の間で聴くような印象。
プレイヤーもリスナーも没入感が半端ではありませんでした。


最後にサランネットを外して聴かせていただいたのですが、一気に印象がOpusに近くなり、音は後方展開になります。情報量も増えますが、表現が陽性に振れ、あっさりして旨味は減ってしまいます。
しかし音が後方に回り込むようにカットしてあるのにネットの中のフェルトはそれを邪魔しているような…。
うちでもネットすればほぼ同じ効果が得られそう。引っ越す前に試してみようっと。
うーむ。しかし悩ましい。ネットの影響大きすぎです。



それにしても完全にエージングも済み、部屋にもなじんだアイドロンは本当に伸び伸びと歌っています。
私ならまだしばらくはこのまま鳴らしておこうと思いますが、それに満足せず(しつつも?)さらに先を目指すDolonさん。漢です(笑)



Dolonさん、正月早々ありがとうございました。
Diamondが馴染んだ頃またお聴かせ下さい!


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: オーディオ

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

最後のアイドロン  



正月気分も抜けない4日、Dolonさんのお宅にお邪魔させていただきました。

Dolonさんがご自身の分身ともいえるEidolonを手放されDiamondを導入されるということで、最後に聴かせていただけませんか?というメールをしたのが3日。
その日のうちにお電話をいただき、急遽翌日オフ。

前回伺わせていただいたのは今のお宅に移られる前でしたし、さらに新居は私のシステムが置いてあるのと同じパルコン(RC造)。色々な意味で楽しみな訪問になりました。




ビビッドながらも落ち着いた雰囲気の外観のDolon邸。その2階のリビングにオーディオはありました。
部屋に入った瞬間、広っ!余りの広さに一体どこにスピーカーをセッティングすれば良いのか分からなくなるほど(笑)

左右の壁までの距離があり過ぎて、最初はちょっと心許無い印象を受けたのですが、リスニングポイントに座るとなるほど実にしっくりきます。
あるべき場所にある感じ。
P1040510.jpg




P1040513.jpg
アイドロンのプロポーションは実に良いですねぇ…。
見た目Opusと同じユニット構成なのですが、一回り大きい分迫力があります。
カタログスペックでは下は当然としても、上まで伸びているのはなんでだろう?



P1040512.jpg
機器は…前回からの変更点としてパーセルを導入されたとのことですが、そもそも部屋が変わってしまったのでそこのところの差は分からず(^^ゞ
というか、ここ数年機械にはめっきり興味が薄れてしまい、それよりもトータルのシステムとして、その人がどんな音を聴かせてくれるのかに移ってしまってます。(でも気になる機会は多々ありw)

なので別に自宅との比較もそんなには興味が無く、普段は持ち込みディスクはせいぜい2〜3枚といったところです。が、今回は訳あって大量のディスクを鞄に忍ばせて行きました。


後半に続きます。



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ


category: オーディオ

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

ニチベイ レフィーナを見に行く  

外構以外の大物としては、インテリアがまだ全く決まっていません。
その中でもずっと悩み続けているのが、カーテン・スクリーンです。
家具は無くても何とか生活できますが、人目に晒され続ける生活は厳しいどころではありません(^^ゞ


で、そのブラインド。
ハニカムブラインドが気になっているというのは以前書きました。

断熱性能は最高ですが、価格がネックだとも。
大きな窓につけようとしたら、それだけでエアコンが買えてしまいます…(´Д`;)



あれから約半年。
メーカーまで見に行ったり、候補外だったルーセントホームが実はうちでは使い勝手が良さそうだと思い直したりしながら絶え間ないリサーチの結果、第4・第5のメーカーを発見しました!


PVソーラーハウス協会
社名にソーラーとは付いていますが、別に太陽光の専業メーカーという訳ではなく家庭からのCO2削減に貢献出来る商品全般を扱うところのようです。
そんな商品の中にハニカムスクリーンも。

ここのスクリーンの特徴は、まず何と言っても安い。
一番基本となるものは、㎡単価で言ったら定価ベースだと以前挙げた3社の2割引きくらい?
それだけだと大手メーカーで安定した方が…となるのですが、さらに割引率も他社製品が3割くらいのところを、怒濤の4割引き!!
しかも協会の所在地が私の実家のある茨城県龍ケ崎市!
まさに灯台下暗し。
ベンチャーっぽいところなので機構部分のカラーは1色固定だったり、標準型以外を選ぶといきなり高くなったりしますが、使い方次第でこの価格は大きな魅力です。


もうここしかない!と思っていたところに第5の刺客。



ニチベイ
カーテン系では最大手の一つです。
ここのレフィーナというハニカムスクリーンは、この10月に出たばかり。
後だしじゃんけんで色々研究してありそう。さらに日本の大手メーカーということで、定価は兎も角、販売価格は非常に安い!
私が探した中で最安値はなんと50%OFF。
上のPVソーラーとほとんど変わらない価格になります。

ただ、ニチベイには上下に開放できるツーウェイタイプがないという欠点はあります。
まぁでも、他のメーカーだと逆に上下に違う記事を配置できるタイプがなかったりもしますし。
理想は全てを併せ持つタイプなんですが、それだと機構が複雑になり過ぎたり価格が上がり過ぎたり…色々不都合があるのでしょう。



なんにせよ自分の目で観てみないことには。
ということで、ニチベイのショールームに行ってきました。


P1040450.jpg
スクリーン色々。
最初は全く候補に入っていなかったアイスグリーン(左下)やオールドローズ(中央上)なども良い色です。

このハニカムスクリーンの生地にはシースルー・不透明・遮光の3タイプが用意されているのですが…
P1040444.jpg
シースルー生地とは言ってもほとんど透過せず。
係のお姉さんに向こう側に立ってもらったのですが、いるのがやっとわかる程度。
うちの場合目隠ししつつも冬は暖かい光を入れたい。
外も多少は見たいし防犯も気になる。
ということで、もう少し見えても良いなぁ、と。

そこで、ハニカムではありませんがツーウェイタイプに組み合わせられるプリーツタイプの生地2種類。
P1040444.jpg
結構固めでカッチリとした印象のもの。
熱を反射する加工もしてあって、エコという記載アリ。
でも透け感はハニカムシースルーと50歩100歩かな?

そしてもう一方。
P1040442.jpg
こちらはかなり柔らかい生地で光も熱も良く通します。
向こう側もかなり見える。
夏場の断熱を考えれば上の2つなんでしょうけど、冬に光と熱を取り入れるならこちらか。
庭も見たいしなぁ…。
でも子供がいると耐久性に不安があるなぁ…(^^ゞ
そして色も結構あって迷います。


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ


category: 建築・インテリア

thread: 家づくり日記 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

あけましておめでとうございます。  

さて。新年早々(2日)、近所にイチゴ狩りに行ってきました。
去年もシーズン終了間際に行ったのですが今年はスタート日に攻めてみました。
こんな日だというのに結構盛況。
とは言え近くに観光スポットも無いマイナーな場所にあるので1家族1ハウスを独占出来るくらいの余裕っぷりでした。


娘も両手にイチゴでご満悦。
P1040499-001.jpg



しかしそんなことより、私は開始早々あることに気付いてしまいました。
チクチクしているイチゴが甘いということに。

見てください。
P1040502.jpg
左のイチゴの方が種が立っているのが分かるでしょうか?
こういうイチゴは明らかに甘いです。
ここは(おそらく)とちおとめ一種類しか栽培していないのですが、まるで他の品種のような甘さ。(酸味は減る)
とは言え、種の立っているイチゴはスーパーのパック売りのものでは出会ったことがないので、イチゴ狩りのみで味わえるレアモノなのかも。
行かれた際には是非探してみてください。

ということで、こんな暮らしの知恵もたまにある拙blogを今年もよろしくお願いいたします(笑)

category: おいしいもの

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター