無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

音の彫刻  

Eidolonを導入しての最初のオフはエム5さん、Ewan+さんというとてつもなく怖い方々をお迎えしてのものになりました。

通常であればとても平常心では臨めないオフ会ですが、今回は「素材を見ていただく」という意味合いが強いので開き直ってます。実際ほとんど何も弄っていませんし。
…その割には直前に丸めたカーペット(高さ90cm)を2本買ってきてコーナーを吸音させたりしましたが(^^ゞ



自分でもぜんぜん纏まってないなぁ…という我がリスニングルーム。
数曲聴いていただいて早速のルームチューン講座です(笑)

今回やったこと。
1.センターの拡散パネル撤去
…ええ。あるのに使わないのが勿体無いというか、ここしか置き場所が無かったパネルです(^^ゞ
2.リアのCDラックからの反射音対策
…やっぱり鳴いてますよね。毛布を被せて劇的にスッキリしました。
3.一次反射面の微吸音
…Ewan+さんにお持ちいただいたパネルで。しかしもう生産完了品(´Д`;)



それにしてもEwan+さんとエム5さんは全く躊躇い無いルームチューンを進めていきます。
そして2人の『次の一手』が全く同じなんですね。
同じプロセス。
「コレをやったからこうなった。」そして聴いてみて「あ、まだここ鳴いてるね。じゃあこうしよう」という順番が同じ。


そして出て来た音はとてもAvalonらしいというか、以前の家っぽいというか。
ようやく音場なんて言葉を使っても良いレベルになりました。

私でも時間をかければこれと同じ音は出ていたかもしれません。
しかしそこに至るプロセスが違い過ぎます。私では違う部屋での再現性はありません。

何と言うか…デッサン時にこう、人の顔を丸書いて十字入れて、バランスを決め手から書いていきますよね。
お2人がちゃんとそうやっているのに対し、私はいきなりパーツから細かく描き始めていた感じです。
または一本の木から彫刻を掘り出す時に最初はガシガシ切り落としていく感じ。
まずは音楽のプロポーションを露わにして、最後に微調整をかける。
どんどん音の形が変わっていくのを彫刻家を見ているような気分になりました。



しかしこれはまだまだ入り口。
道具が無くてやりたくてもやれないこともありましたし、課題も山積み。
さらにはEwan+さんがパネルを持って帰ってしまうので別の手段を考えなくてはいけません(^^ゞ

しかし今回も勉強になり過ぎました。
本当にありがとうございました!!!
さあ!頑張るぞ!!


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ


スポンサーサイト

category: オーディオ

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

tackさんちでBeatlesオリジナル盤  

もう1ヵ月近く前になってしまいますが…


うちでの初音出しの際に鳴らしたBeatlesのCome Together。
2009リマスターのあまりの音の悪さに驚いたという話をしたら、tackさんから「オリジナルがあるから聴きに来ない?」というお誘いをいただきまして。のこのこと出かけてまいりました。
今回はノンノンさん、Ponytailさんとご一緒させていただきました。



tack邸は超久しぶり。
5年くらいは経ったかな?なんて思っていたら、なんと8年ぶり(^^ゞ
当然のことながら前回の音はほとんど覚えておらず。
そもそもあれからSP以外の機器は全て変わってしまっているので実質初訪問です(笑)



P1040786.jpg
LDKを横長に使い。
クアドラと機器のカラーコーディネイトがシックにまとまっています。
ワンポイントの赤いハートもそのままで嬉しい再会です。
大規模なリビングオーディオでセンス良くまとめられるのってすごいなぁ…。

前回から大きく変わったのは
送り出しがWadiaになったこと。プリが32Lになったこと。


とりあえず~と鳴らし始めたファドがスッと入ってきました。
ああ。
大人の音です。
大人の人が聴くべき音楽がとても良い。
逆に小娘のボーカルなどはちょっと苦手かも。

しかしこのバランス感覚。
ホーンらしいちょっとしたアクセントも上手く取り込んで音楽がおいしく鳴ります。
素材を素材のまま提示するのではなく、tackさん流に調理して(もちろん素材を生かして)盛り付ける。
こういう感覚ってのは良いものを観て、聴いて、食べての積み重ねなんだろうなぁ…などと思ってしまいました。
流石ヨーロッパにグルメ旅行に行く男(笑)



後半はいよいよビートルズのオリジナル盤。
私はアナログをやっていないので詳しい説明は忘れてしまいましたが(^^ゞ、一口にオリジナルと言ってもまたその中で色々あるそうです。うーん、深すぎるぞ、アナログ。

そして楽しすぎるぞ、アナログ!
Abbey RoadのB面を全て通して聴かせていただきましたが、ノイズと一緒に何か大事なものも失ってしまったような最新リマスターと比べて、いや、比べなくても音楽が楽しいヽ(´▽`)/
リンゴのドラムって結構良いよね。みたいな話をしているうちに一気にHer Majestyまで聴きとおし、高校時代にラジカセで聴いていた頃の気分をを思い出しました。


その後サンフラワーさんも合流しての飲み会。
皆さん気心知れたって感じでとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。



tackさん、ありがとうございました!
次はうちに遊びにいらしてください(^^)/


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ




category: オーディオ

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

週末はオフ会 2連発  

この週末は連続でオフ会が入りました。
Eidolonになって初めて人に聴いてもらうので楽しみでもあり不安でもあり。



まず1日目は昔からの友人たちと。
それだけなら緊張することも無いのですが、今回はなんと友人のお父さんも参加します!(笑)
ある意味今までのどんなオフ会よりも緊張する…(^^ゞ
うーん、何をかけよう。


そして2日目。
極悪人お2人をお招きして。
もうこっちは開き直るしかありません。
まだ音出して2ヵ月未満。ええい!素材を聴いてくれい!!…と最初から言い訳モード(笑)



と、2日続けてのオフなのですが 引っ越したばかりの我が家、色々物が足りてません。
例えば明日のオフは3人いらっしゃるのに椅子が無い(笑)
適当に買ってくればいいんですけど、適当なのは買いたくないし…。

ついでにお茶をお出しする準備も無い…
ということで、急いでコーヒーメーカーとミルを注文しました。

P1040886.jpg
デロンギのブランシリーズ CM300J-WH と
カリタのナイスカットミル です。

コーヒーメーカーはハリオの珈琲王が評判が良いので迷いましたが、個人的にスッキリしたコーヒーはあんまり好みではないのと、デザインでデロンギを。
スッキリしたコーヒーが飲みたければハンドドリップすれば良いですし。(テクニックはありませんが(^^ゞ)
ミルも同じくデザインで。こちらはかなり評判も良いですし。

うん。
うちのキッチンのステンレス天板に良く合いますヽ(´▽`)/





にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ


category: おいしいもの

thread: AV機器・家電製品 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 4

RAINBOW FISH Fiber Optic HDMI  

BDレコーダーとAVアンプ間のグランドノイズを断ち切るために導入した光ファイバーHDMI。
前回最後に「ちょっと音量下がった?」と書きましたが…訂正します。
あれ、HDMIじゃなくてTOSケーブルのまま聴いていました(爆

TOSケーブルはAUDIOTRACKのGLASSBLACKを使用しています。
結構評判の良いケーブルだったと思うのですが、これと比較しても明らかに音が太くなります。
骨の太さは同じですが、筋肉が1回り付いたみたい。
GLASSBLACKとそれまで刺さっていたHDMIケーブルのSAEC SH-1010との比較では 放送AACでは差を感じられなかったので、この変化は予想外です。



Rainbowfish HDMIには受け側にUSB端子が付いています。
これはデータの受け渡しではなく、USBからDC5Vの電力供給を受けるためのもの。
光→デジタルに変換する回路用です。テレビに接続する場合はテレビのUSB端子につないで給電するらしいです。
しかし今回は受け手のDA5400ESにはUSB端子がありません。別途電源を用意する必要があります。

というか、そもそもHDMIもバスパワーで5Vの電源供給をしてるんですね。
Rainbowfish HDMIでは送り出し側で光に変換して光ファイバーを通すために電力が受け側に伝わらない…のかも。
私は回路についてはチンプンカンプンなので本当のところは分かりませんが、何にしてもこのUSBでの電源供給が
改善ポイントでしょう。
ACアダプタは論外。
ここは電源もアイソレートでバッテリー。スマホ用のモバイルバッテリーを用意してみました。
ちなみに買ったのはポケットチャージャー02。ドコモポイント交換で無料ヽ(´▽`)/

P1040848.jpg
今回の音にこのバッテリーが効いているのかどうかは不明ですが、eneloop発売当時は「携帯CDプレーヤーの音が良くなる」とか宣伝してたくらいなので悪くなることはないでしょう。


ということで、これはなかなか良いのではないでしょうか。
正式導入決定です!





P1040850.jpg
それにしてもとにかく細いケーブルです。
映像系に使っているWegrzyn Cable Company Silver Signatureは言うに及ばず、同じ光ケーブルのGLASSBLACKと比べても大分細い。ただ、被服は平型でカチッとしているので最低限の造りの良さは感じさせます。

しかしこれだけ変わると(というかノイズが遮断されると)、プロジェクター側のケーブルも光にしてみたくなりますね。
映像にはノイズは感じられないのですが、同等のノイズがPJにも流れ込んでいそうですし。
音声ケーブルとしての変化がノイズが無くなったことによるものだとしたら、映像にもかなり効きそうです。(逆に言えばノイズが出ていない環境では全く効果の無いケーブル…ということもありえます)
しかし高いところにあるPJにモバイルバッテリーをつないで定期的に充電というのは面倒くさすぎるので無理だなぁ。
そしてこんな細い光ファイバーを5m以上引き伸ばすのは…何かの拍子にポキっとやってしまいそうで、怖い(^^ゞ


あ、そういえばこのケーブルは見た目を裏切りましたね(笑)


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ


category: ビジュアル

thread: ホームシアター - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

AV(Audio)のノイズ  

引っ越してからシアターの音声ノイズに悩まされています。
トゥイーターからジーという音がするのです。結構大きな。


Lidemann820SからXLR接続している場合にはノイズがでないので、最初は5m引き延ばしているRCAケーブルを疑いました。
RCA出力しているのはAVアンプのTA-DA5400ES。元々プリとして使うようにはなっていませんし。


しかし下流から可能性を潰していくと、原因は最上流にありました。
レコーダーのBZT9000に『アンテナ線』をつないだ状態でDA5400ESとHDMI接続した場合に限りトゥイーターからジーっという音がします。
これがHDMIではなくTOSリンクだとノイズは出ないので、どうやらアンテナ線~レコーダー~AVアンプまでノイズが流れ込んでいるようです。
だったら外せば…となるんですが、レコーダーなのにアンテナ線を外すのも、BDをロスレス再生するのにHDMIを外す訳にもいきません。使うときだけ外す…というのは面倒すぎますし。

で、アンテナノイズの最大の原因になりうるのはブースターです。が、うちではブースターは使っていません。多分。
仮に使っていてもそれが壁の中では今更手が出せません。アンテナのアースを取ろうにも同様です。


うーん、前の家ではそんなこと無かったのに…。
どうしたもんか。


と悩んでいたら、面白いものを見つけました。
光ファイバーHDMI

私はAV系にはとんと疎いのでその存在を知りませんでしたが、結構色々なメーカーから出ているんですね。
有名どころではAIM電子、Rainbowfish(エミライ)とか。
AV系ではないところでもサンワサプライなんかでも出しているので割とメジャーな方式なのかも。

これであればレコーダー~AVアンプ間をアイソレート出来るはず。
ただ、これではノイズを原因から潰すことは出来ないので何かスッキリしないのですが…。
まぁ、この際次善の策でも仕方ありません。
光ファイバーHDMIの比較検討に移ることに。

今回は長尺が必要ないこと、価格が一番安いことからRainbowfishが候補です。
検索してみるとtwitterで貸出サービスをやるとあったので問い合わせてみたのですが、残念ながらやってませんでした。
それではと音質傾向だけ訊くと、「スッキリ高S/N。人によっては痩せたと感じることも。」とのこと。
こういう場合の「人によっては」は「ほとんどの人が」と読み替えるのが正解(笑)

318aV4HGE7L.jpg
確かにどう見ても「低音モリモリ」とか「芳醇」とかを感じさせる外観ではありません。
ケーブルはなぜか(本当になぜか)見た目と音が比例することが多いので、このケーブルもきっと見た目を裏切らない音なのでしょう。
しかし現状でうちは響き過剰なので、声が聴き取りやすいスッキリ系の方が合うかもという希望的観測もありまして、ポチってみることに♪
…本当のところは20日に友人が遊びに来るのでそれまでに何とかしたかったという(笑)

で、買ったのはエミライ特注の1mもの。amazonで17800円と手頃…なのか?
とは言え他メーカーでは長尺しかなくて価格も5万円~ばかりなので、他に選択肢はありません。

早速それまでのHDMIに替えてみると…おお!ノイズが出ない!!ヽ(´▽`)/
嬉しい!!!


音質的にはまだ判断できる状態ではありませんが、(というか普通のHDMIではノイズが乗ってしまってまともに比較出来ません(^^ゞが)適当につないで適当にやっていたニュースを聴く限りではちょっと音量下がった?

とは言えうちではこれ以外の選択肢が取れません。
もう少し色々やってみるとしましょうか。


<追記>
評価を訂正します。
うっかりTOSのまま聴いてました(^^ゞ
海外ニュースを聴いたのでそもそもの音質が酷かっただけでした(´Д`;)



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ


category: ビジュアル

thread: ホームシアター - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

電源工事 第2期 (まさかまさかの…!!!)  

さていよいよ工事です。
今日は休みを取って準備万端です!




で、工事終了!!


これが…
P1040822.jpg
P1040821.jpg




こうなりました!

P1040828.jpg
P1040833.jpg
角度が悪いけど





そう!
まさかまさかの…
マイ柱上トランス!!!!!!


前回の交渉時

「ところで、専用にトランス乗せたりする人もいると聞きましたが、乗せた方が良いですか?」
なんてセリフがありまして。
(おおおおお!?マジか!?)と思いつつも平静を装い
「ええ。そうですね。でも結構高くなっちゃいますよね…?」
なんて返したりしまして。

「そうですね。専用になってしまうので…。申し訳ないんですが多分○○万円くらいは行ってしまうと思います。」
(安っ!確かオーディオ電源工事だと100万円。何分の1だよ…。)
「ああ…。結構しちゃいますね。それって工賃と引き込み線も込みですか?」
などとすぐには飛びつかない(笑)
「でも折角だから…お願いします。」
「わかりました。スペース等の関係もあるので必ず乗せられるとは限りませんが、分かり次第お伝えします。」


マイ柱、色々クリアしなければならない問題が多いと聞いていたのですが、クリアどころか向こうからやってきてしまいました(笑)
今までもうちには目の前のトランスから給電されていたので回転寿司の最上流ではあったのですが、この辺は分譲地のため今後どんどん家が建ちます。するとぶら下がるのが増えていきます。現状でも既に10件がぶら下がってますし。向こうとしてもトランスの増設、再編成は必要だったのかも知れません。
または原発事故以降、収支が悪化したため拾える利益は拾っておこうとなったのかも知れません(^^ゞ
…もしかすると最初私が不機嫌な感じで交渉に入ったので配慮してくれた…というようなこともあるのかも(笑)


ちなみにこのトランス、うちの敷地内とは言っても貸している土地の電柱に乗せてあるので、所有権・管理は東電になります。
私としてはメンテの必要も責任も相手が持ってくれるので大歓迎ヽ(´▽`)/

※金額に関してはここには書けませんが、一般的なオーディオ電源工事でマイ柱を建てるよりも遥かに安いです。
というか、ただの申請だけで利益何%?どんなボッタくりだよ…。と思わないでもないのですが、上記のとおりうちの場合はトランスを乗せるだけなので、敷地内にポールを建てたりするともう少し(たくさん?)かかるでしょう。

P1040827.jpg
ついでに見ての通り小さな(10KVA)トランスなので、大きさによっても変わるはず。



そして引き込み線ですが、ずっとDV14(撚り線)だと思っていたのに取り外したらDV3.2(単線)でした(´Д`;)
P1040832.jpg
確かに極太単線ではありますが…

工事設計書では14sqになっていたらしいので、現場が勝手にやったことらしい…。
容量的には十分らしいのですが、ふざけるなと言っておこう。
ちなみにDV3.2と38の電気容量差はこちら
約3倍の差があります。




そして肝心の効果は…!続きます(笑)


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: オーディオ

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 4

電源工事 第2期 (交渉編)  

<前回までのあらすじ>

うちは建築中から電気屋さんに「実費で払うので(東電に)引き込み線は太くするように言ってください。」と言い続けていました。
が、実際受電してみたら引き込み線はCVT-14sq
うおーい。屋内配線より細いじゃないか(´Д`;)

で、電気屋に問い合わせたら「オール電化じゃないのでこれで十分と言われた」と。
いやいや、そんなことは分かってるんですよ。
そういう実用上の話ではなく、スペックを追求したいのですよ。私は。
(以前やりすぎない電源なんてタイトルでblogを書いたような気もしますが、それはそれw)

仕方ない。自分で交渉するとしましょうか。

<ここまで>





さて。
とりあえず受電工事をした設備屋に電話をします。
しかし「契約に合わせた引き込み線にしているので厳しい。」「電柱から家までの距離が10mを超えると重さの問題で38sqは引けない。」
いや、もう渋る渋る。というか、下請けに決められることでもないか。


埒が明かないので直接東電に行くことにしました。



交渉に際し、こちらには「敷地を東電の電柱に貸している。しかも未契約なので不法占拠状態」というカードがあります。
東電に電柱や支線用に土地を貸していた場合、種類によって異なりますが、1年あたり1500円/本くらいが支払われるのですが、これは法的に決まった金額ではないらしいのです。つまり本来は個別契約であるべきところを慣習によって決められているだけ。(ちなみにNTTに貸していた場合は法的に1500円/本と決まっています)
ってことは金額、それ以前に貸す・貸さないまで含めてゴネてもOK?いや、貸しますけど。今回の問題はお金ではないので。
まぁそもそも、実家では引き込み線を張り替えてもらった前例があるので、今回はダメなんて事はないでしょう。
まぁ、要するに、強気で行きますよ!と。



で、行ってきました。東京電力。
「電気屋に頼んでいたのに細い引き込み線になってしまったので張り替えをお願いしたいのですが。」
「一応お客様の契約に合わせて十分な容量にしているんですが…」
「それは分かっています。しかし引き込み線が屋内線より細いのは気分が良くありません。趣味の上でどうしても拘りたい部分なんです。」
「趣味というと、オーディオとかですか?」
「(やべっw)ええ、まあ。」
「そういう話を聞いたことはありますが、そんなに違う物なんですか?」
「実家でも張り替えていただいたことがあるんですが、もう全く別物になりました。」
「そうなんですか。張り替えるとしても実費がかかってしまいますがよろしいですか?」
「(やたっ!)ええ。大丈夫です。ただ、38sqだと10mを超えて張ることは出来ないと言われたんですが…」
「それは20mまで大丈夫です。」(オイ)


行ってみて良かった。
話はスムーズに進んでいきます。そしていよいよ工事です。




にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ


category: オーディオ

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター