無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

忘れた頃にトイレットペーパーホルダー再利用  

やろうやろうと思いながらいつまでもやらないシリーズ。
今回のお題は『IKEAのトイレットペーパーホルダーをルームチューンで使ってみよう』です。

読み返してみるとあれは9月8日の記事
「他にも活かせそうな場所は沢山ありますし」と書いたのに まぁ、背後の一次反射面あたりにあるし良いか…と放置プレー(^^ゞ


それをようやく移動してみました。

P1050525.jpg
スピーカー背後です。

ぶっちゃけ某氏のセッティングからヒントをいただいたのですが、以前からサランネットを外すと完全な…と言うか若干やりすぎ感のある後方展開になるのでちょっと拡散してみようかな、と。
ついでにSPケーブルも浮かせてみました。


その効果は…ちょっと劇的でした。


音場の位置がSPと横一線くらいに。
さらに、
低域の情報量、解像度が大幅アップ(当社比150%)
低域が締まったことがそう感じさせるのだと思いますが、低域のスピードもアップ。
むしろ低域の速さが高域を追い抜いてしまっている…?

低域がすっきり見通しよくなり、(私個人の)視覚的帯域バランスが今までのピラミッド型から卵型っぽく変化。
オーディオ的な能力は間違いなく上がっています。が、この状態はちょっと落ち着きません…(´Д`;)


さて、どうしたもんか…。
というか…これは背後拡散よりもSPケーブルを浮かせたことの影響の方が大きいような。

ちゃんと一つ一つ検証しながら進めていかなければいけませんね(^^ゞ



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

スポンサーサイト

category: オーディオ

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

Kharma 導入  

Kharmaを導入してしまいました…。
img111.jpg
kharma Exquisite
さらにこの上にはGrand Exquisiteなんていう聖闘士星矢の技みたいな名前のSPもあります。

…ではなく。

































































オーディオ的にKharmaといえばカーマなのですが、今回のは普通にカルマ。
KUOTA(クォータ)KHARMA EVOです。

evo.png

ちゅうさんに「ロード買えよ」と誘われ続けること数年(^^ゞ
ようやくです。お待たせしました(笑)



納車は10日後くらいの予定。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: 自転車

thread: 自転車 - janre: 趣味・実用

PR-SC5508 超ファーストインプレ  

最近リアパワー用にしているTASCAMのアンプの調子が悪く。
左SPから音が出ません。ボリュームノブがぐらぐらしているのでそれを押したり引いたりすると直ったりもするのですが、そのたびにSPからザーザーとノイズが出ます。

これは精神安定上よろしくないということでリア用のパワーを物色していたのですが、そこに天啓が。
「待ちなさい。今使ってるAVアンプを後ろに回してもっと良いAVプリを入れたほうが面白いじゃろう。」

をを!
そうと決まれば善(?)は急げ。

じっくり調べようと思っていたところに出物があってインパルスバイ。
まぁ、以前インテグラリサーチを使っていたのでオンキョーに良いイメージがあるのと、この顔が結構好きなんです。

P1050452.jpg


こうしてやってきたSC5508。
以前AVACで聞いた話では割とすっきり目でソニーに似た傾向らしい。
以前使っていたインテグラリサーチのAVプリは例えるなら『鉈』
とてもじゃないですがスッキリとは言えなかったのでちょっと意外ですが、まぁソニーに似ているなら今の音を純粋にレベルアップしてくれるかも、という期待も。

P1050454.jpg
高さも奥行きもTA-DA5400ESよりも一回り以上大きいのですが、重さは2/3くらいでしょうか。
パワーアンプ部が無いのだから当然か。


なんとかラックに入れて設定開始。
…あれ?GUIが出ないぞ。
ボリュームを弄ると数字だけは表示されるのでプロジェクターとはつながっているはず。
もしかするとマイクを立てて計測してからでないとGUIが出ないのかな?んな訳ないよなぁ…。
仕方ないので本体のディスプレイのみでSPコンフィグ。



四苦八苦しながらようやく音出し。
ここまで1時間(^^ゞ

確かにすっきり系の音。
中低域の厚みは減ったように感じられますが、これを聴くとこちらが正解だったと気付きます。
5400はぼやけて、被っていました。(それが音楽的、楽しさ的にプラスに働く部分もあります)
低域は5508の方が深く沈みこみますが、そこだけちょっとアクセントを感じるかも。
なんというか…すとんと落としてから同じ速度で戻ってこないというか、ドローンとしてしまうというか。(でもこれは電源ケーブルの性格が色濃いかも知れません)
SNや音の純度は流石にAVプリ専用機。ノーマルのままでフューズ交換&パワー部分を殺した5400を一回り上回ります。
これは5400(というか一体型AVアンプ全て)のプリアウトが大したことないのでは…という気もしますが。

なんにせよこれからの使いこなしが楽しみです。



が、気になる点が無いわけではありません。
というか、超気になる点があります。

1.プレーヤー側で早送りやスキップを使うとHDMIの接続が切れます(カチッというリレー音がします)
精神衛生上非常に悪いですし、その後再接続されて音が出るまで0.5秒くらいのタイムラグもあります。
ソニーには無かったので発売年で2年も新しい機械の仕様がこれかと。

2.最後に使った音場プログラムを記憶しない?
たび的にDSPは当然OFF!それなのに電源を入れるたびにリアから聴こえるはずのない音が…。
超メンドクサイ(´Д`;)



…以上、まだマイクも立てず、マニュアルも読まずにファーストインプレでした。
とりあえず次はマニュアル読んでから書きます(^^ゞ


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ビジュアル

thread: ホームシアター - janre: 映画

tb: 0   cm: 2

壁コンセント SPP-Jr  

ずっと前から気になってはいたけど何時でも買えるから…と後回しになっていたのがこのSPP-Jrです。
今回はパワーアンプ用に2つ注文してみました。



P1050456.jpg
ベースはレビトン。
結構小さめのコンセントです。小振りの寿司くらい(笑)

P1050458.jpg
ん?バックプレートはオールージュ製?

P1050459.jpg
ネジがマイナスというのは珍しいですね。あれ?レビトン系ってマイナスだったっけ?
ちなみにこういうネジが複数あるコンセントは空いているほうのネジもちゃんと締めた方が音は安定するんじゃないかと思っています。(未確認)

P1050460.jpg
オヤイデR-0 berylliumと比較。R-0が大きめなこともあって、かなり小さく見えます。
本体もバックプレートも剛性はR-0の方がかなり上。
でも厚みはSPP-Jrの方があります。


ではノーエージングでのインプレをば。
ちなみにR-0との比較になります。
そして何故か比較に使ったディスクはスリラー25周年盤です(笑)

まず一聴して分かるのは中低域の厚みが減ってすっきりしたこと。でもこれはR-0が出しすぎだっただけという話も。
そして直接音と間接音が綺麗に分離します。
スリラーの冒頭、ドアが開く軋んだ音の実在感とリアリティはR-0の方が上。
対してその後の靴音、風音はSPP-Jrの方が綺麗に聞こえます。
マイケルを聴くならR-0の方が塊感と力感があって楽しい。
SPP-Jrはスッキリしている分こういう音楽ではどこか冷めた雰囲気が漂ってしまいます。
しかしクラシックを聴くならこれはプラスになるはず。

双方の情報量は同じくらいだと思いますが、SPP-Jrの方がスッキリすることで耳に入ってくる情報量は多く聴こえます。
レンジ的には互角か。

以上10分程度しか聴かずのレビューでした。


エージングが進んだら追記します。



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: オーディオ

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

新プロジェクター DLA-X7  

AVプリの方は音を出すだけで四苦八苦している状態なので、新しいプロジェクターから。
といっても最新機種でも、4Kでもありません。

dla-x7_top_image.jpg



現用のHD100はランプ使用時間1400時間を超え、そろそろランプ交換次期が迫ってきていました。
ランプを交換するとかなり綺麗になる…というのは聞いていたのですが、そろそろ新しい機種にも興味が出てきました。
そして最近の機種なら3Dを観ることができます。といっても実は3Dに特に興味はありません。無いのですが…、ちょっとだけ観てみたい気も無きにしも非ず。
さらに3Dを観るならソニーのヘッドマウントディスプレイに行こうと思っていたのですが、これがいつまで経ってもパネルはフルHDになってくれません。

だったらランプ代+HMD分を差額にして手に入るのは…と考え、候補に挙がったのがX7でした。
(HD950で無い理由はデザインが好みじゃないから。どうせ後ろにあって見えないのに(^^ゞ)
HD100を導入した頃と違って既にプロジェクターの性能は十分以上。これからは中古を乗り継いでいけば良いかと。
4Kにも興味が無いわけではありませんが、ソニーの4Kはうちでは投射距離の関係で天吊り金具が必要になってしまうし、ビクターは検討時は4K入力できる機種は発売されてませんでしたし。そもそも次って4Kを飛ばして8Kという噂もありますからね。
まぁ、なんだかんだ言ってますが、結局は買いたかったのと、ボンさんが新しいプロジェクターを買ってしまったのが大きいのです(笑)


さて。2世代分の進化はいかに?

届いたX7はHD100より一回り大きくて面の取り方がシャープです。
レンズは二回りくらい大きく見えますが、これは電動レンズシャッターが装備されたからか?
このシャッターが開く音は「これからシアターが始まるぞ!」という演出になっていて客人受けが良さそうですヽ(´▽`)/
(ちなみにAVアンプに映画が始まる前のビーというブザー音が鳴らせる機能を付けると受けるんじゃないかとずっと思っているのですが、どうでしょう?>メーカー各位)


まずは設置。
ほぼ全ての調整はリモコンで出来ますが、最初の水平出しなどはコツコツ叩きながら。
どれだけデジタルが進歩しても最後はアナログでの微妙なセッティングが重要です。

そして続く電気的な追い込み。特記すべきはこのプロジェクターからスクリーンに合わせた数値がメーカープリセットがされていることですね。
プロジェクターよりスクリーンの方が新しいので無かったらどうしようかと思いましたが無事発見。
ランプパワーは弱い方でも十分以上に明るいです。
さらに弱の方が消費電力も運転音も小さくて良いのです。運転音は全く聴こえないレベルヽ(´▽`)/
フレーム補完等はまだ良く分かってないのでとりあえず放置。
細かいパラメーターもとりあえずは弄らず、シネマモード固定。


で、出てきた画は…
「う~ん。あんまり変わらない?(´Д`;)」
もともとHD100に不満があったわけではありませんし、たった2世代しか変わっていないのでそんなに変わるわけもないか。
よく観れば動画性能は確かに上がっていますし、フォーカスもシャープです。
しかし「なんじゃこりゃあ~!!」には程遠い。
期待値を100としたら改善値は20くらいでしょうか。
まぁ、うちのHD100は最後期型でパネル的には次世代に近い(らしい?)&200V駆動で明らかに絵の力感が増しているのもあるかも知れません。


うーん、勿体無かったかな?
と思っていたら2~3日使っているうちに化けてきました。
エージングがどうとか言うほどではない使用時間なのですが、なぜだろう?単に私が違いに気付いてきただけ?
音質と違って画質でジワジワ来るというのは意外ですね。
現在期待値の70%と言ったところでしょうか。


その2に続きます。


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ビジュアル

thread: ホームシアター - janre: 映画

tb: 0   cm: 2

今年もよろしくお願いします。  

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。



昨年は家を建てて新しいオーディオルームでしばらく大人しくしておこうと思っていたのが、あれよあれよと色々変更してしまいました。

そして今年もいきなりハード更新でスタートです(^^ゞ



個別インプレは後回しにしておきまして、とりあえず前回の種明かしだけ。

P1050452.jpg
オンキョーのAVプリアンプPR-SC5508です。(現行は5509)




にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ビジュアル

thread: ホームシアター - janre: 映画

tb: 0   cm: 4

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。