無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

まずはUSBケーブル AIM SHIELDIO UA3  

改めてPCオーディオ記事を、と言ってもソフトの設定をいじれないと余り書くことがなかったり。
というか、そもそも設定や使い方なんてちょっと検索すれば素晴らしいサイトがいくらでも見付かったり。
ええ。お世話になっております(笑)

ということで、こちらはアクセや(物理的な)セッティングの話で。


まずは何はなくともこれが無いと始まらない。そう、ケーブルです。
この場合はPCオーディオなのでUSBケーブル。
とは言え、たびさんは何故かPC(オーディオ)に関しては割と常識的な金銭感覚に戻ってしまうのでアレもコレもと取っ替え引っ替えしたりは出来ません。決め打ちで行きます。

ua3.jpg
AIM SHIELDIO UA3
純銀導体(電力線は銅)を並行配置にパルシャット巻き、厚手の金メッキプラグ。
銀線も平型も珍しくないですが、特筆すべきはノイズ対策のパルシャットですね。
個人では手に入らないものなので興味を持ちました。つーか売ってよ。
これだって十分高価ですが、それでも海外製品のように10万円越えなんて馬鹿げた価格ではありません。

というかですねー、なんとなくですがUSBケーブルって今の形状が最終形では無いような気がしてしまうんですよね…。
まだ本気の投資をすべき時期ではないような…。

因みに長さは1mです。本当は50㎝で繋ぎたかったのですが設置場所をそれを許しませんでした。
PCオーディオの先達は皆口を揃えて「USBケーブルは兎に角短い方良い」と言いますので…。
確かに信号系ケーブルは基本短いに越したことはありません。
電源系ならそれ自体フィルターの役目をしてくれるのですが…って信号系も癖が乗るのでそれは同じか。
しかし信号系の場合は長いとその分の減衰というデメリットの方が勝ってしまうんですよね。


さて。
このUA3、ショップに「どんな感じですか?」「AIMのLANならよく出るんだけど…」というやり取りのあと、ショップが試聴ケーブルを借りてくれ、「ハイレゾの意義が分かった」と見事にリファレンスケーブル交代になったという。
基本性能については文句なし、色付けも少ないので使いやすいらしいです。

マイシステムでの効果はというと…
と、その前にですね。
このケーブルの前はPCが仮置きのため距離が離れてしまい、苦肉の策としてプリンター付属の透明被覆2mモノでつないでいたんです(;´Д`)なので全く比較記事としては役に立ちませんが…やはり変わりますねぇ。

まず明らかにSNが向上。というか音像と音像の間が無音になります。結果 音像が締まり、奥行きが出ます。
一言で言ってしまえば「オーディオの音になった」
そして銀線らしいちょっとした冷たさと、アルデンテのような一本通った芯を感じます。付属ケーブルにはこの芯が無かった。ぼんやり。
しかしプリンタ付属ケーブルが何もかも劣るゴミだったかと言えばそうとも言い切れず、これはこれでやたら美音で幽玄な感じを醸してくれていました。
傾向さえ合えばむしろこちらの方が楽しめる音源もあるでしょう。
これがオーディオ向けUSBケーブル同士での比較ならもっと簡単な優劣が付いたのかも知れません。

とりあえず間違いないものだという確証は得たので今後はUA3をリファレンスにしていきます。
が…
改めてAIMのHPを覗いてみるとラインナップにUA1というのがありまして…
ua1.jpg
こちらは銅線に銀メッキ。その他の構造は同じ。そしてちょっと安い。
あれ?もしかしたらこっちの方が好みに合ってるんじゃ…? (^-^;



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
スポンサーサイト

category: PC audio

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

PCオーディオ スタート! の前にソフトはこれにしました  

PCオーディオのためにPCは用意しました。
しかしハードだけでは始められません。ソフトはどうするのか。

いくらDACでデジタル→アナログ変換するからといって、ではPC側のソフトは何だって良いのかと言えば当然否。
ソフトまで含めたPC=トランスポートであり、ちょっと聴き比べてみてもその差は決して小さくありません。
本当ならばいくつかのソフトの比較試聴記事なんかを書けると良かったのですが、今回は使うソフトは決めていました。
某氏のマネっこでJRiver Media Center(JRMC)です。有料ですがずっと使うものですのでここはケチらず。(でもfoobar2000とは比較してから決めるべきだったか)

でもクーポンコード入力で10ドルくらい安くなるのでそこは活用させていただきます(笑)
コードはちょくちょく変わるらしく、私が探した最新版っぽいのは使えず。逆に古いGOODBYE WINA○Pが使えました。
Winampっていったいいつのソフトだよ(笑)
その他設定に関しては詳しいサイトをいくつか参考にさせていただきました。

このJRMC、結構多機能なソフトでして、とにかく軽くして負荷を減らすという方向とは真っ向から対立しています(^-^;
でもまぁ、いいんです。マシンパワーは十分あります。
当然リッピング機能も付いているのですが、リッピングはリッピング専用に任せようということで、dBpowerampを購入。
なんでこれにしたのかと言うと…ネットの評判です(^-^;
こちらはLINNのDSユーザーにはディスカウントがあるみたい。


さらにESOTERICのサイトからドライバをDLして準備完了です。


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: オーディオ

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

GPSアンテナ取り付け  

ようやく、よーやくGPSアンテナを取り付けました。

P1070138.jpg
ステーは にれ工房さんに、ケーブルはオヤイデさんに作っていただきました。
にれ工房さんにはアンテナに合うネジがないとハンズまで探しに行っていただいたり、

オヤイデ電気様(この記事に限り敬称付きw)はデジタルケーブルを1本から作成してくれるのですが、私のこだわりで何度もメールをやり取りしたり度重なる仕様変更にも快く対応してくださりました。
部材費は全てネット価格と同じ、普段はペア販売のオヤイデ様オリジナルプラグもばら売り可能、工賃激安(銀ハンダや仕上げの価格含む)なので時給換算したら儲けなんて出てませんね…。
せめてもの償いにここで宣伝させていただきます。…が、こんな面倒な客がたくさん来たらかえって迷惑かも(笑)


で、前回同様不安定な梯子で取り付けます。
しかし今度は梯子の上&両手離して&ステー持ち上げてねじ止め(結構重い)という作業でマジ死ねました…(;´Д`)
途中で「「屋根の上にあがって寝転がればいいんだ!」と思いついたのですが、それでもキツい。

結局ねじ6本回すだけで3時間近くかかりました。
昼飯食うの忘れて(というか途中で止めることが出来ない)、終わった頃には外が暗いという…。
今が冬で良かった…。夏だったら確実に熱傷&熱中症です(;´Д`)

DSC_1083.jpg
屋根の上から。
ちなみにN→BNC変換端子とオヤイデ様の純銀プラグを使ったのですが、これは防水仕様ではないということで熱収縮チューブを軽くかけた上から風呂用のシーリング材をべた塗してあります。


アンテナが変わったことで衛星の信号強度がやや上がりました。
しかし逆に総合精度はちょっと落ちてるような。(ブレが大きくなりました)
で、肝心の音ですが…



正 直 ま っ た く 分 か り ま せ ん … (;´Д`)
(なんとなく空間がすこ~しだけ広がった…かなぁ。そうだといいなぁ。)

でもいいんです。この達成感さえあれば!(笑)
趣味なんて楽しければ全てOK!!

とはいえ、ケーブルのエージングもあるはずですし じっくり聴き込みます。



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ハード

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

謎HDMIケーブル FIBBR  

ヤフオクで衝動買いした謎HDMIケーブルFIBBR。


果たしてその実力は!?
BZT-9000からDLA-X7に繋いでみました。
比較ソースは主にアンパンマンです(笑)仕方ないんじゃ…正月で子供たちに占領されているのじゃ…。

空いていたHDMI2に繋いだのでもしかすると端子のエージングが済んでいない可能性はありますが(もちろんFIBBRも)、Rainbowfishに較べて色乗りが良い気がします。
さらにはフレーム数が増えているような…。

対して繊細感はRainbowfishに軍配が上がります。FIBBRはアンパンマンの輪郭線が太くなったような、濃く塗りつぶしてしまったかのような。なんとなく1080が720になったような印象も受けます。
いや、実際アンパンマンって720なのかも知れませんが。
面白いのは音にも同じような影響があった(ような気がする)ことです。
FIBBRの方が音が太いです。
BZT9000からは画と音を分離して出しているので関係ないはずなんですが…。気のせいかも知れません(笑)
でも理論的に変わる理由もちゃんとあるようで。

とりあえずPCオーディオ側に使いつつ素性を探りますかね。
P1070157.jpg


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ビジュアル

thread: ホームシアター - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

謎光HDMIケーブル  

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

年末に文字変換の遅さとGoogle Toolbar挙動の怪しさに耐え切れなくなってHDDを換装しました。
ノートなのに割と電源入れっぱなしなのでWD REDあたりを考えていたのですが、直前でBLUEのSSHD版に変更。
ついでにWindows10にUPDATE&クリーンインストールして現在は快調です(^^♪
うっかり今までの辞書とか引き継ぐの忘れてしまいましたが…。


さて。
今年一発目はHDMIケーブルです。
というのもPCオーディオを始めるにあたって、モニタをどうするかという問題がつきまといます。
「そんなの大人しくタブレットを使っとけば?」
まぁそうなんですが、折角Blu-rayが再生できるPCなのですからK-01XのDACで再生するライブを大画面で観たいじゃないですか。

そんな訳でHDMIケーブルを探していたのですが、フロントからリア天井付近までケーブルを伸ばすと最低8m程度は必要&通常のメタルケーブルだと映像機器とPCが電気的につながってしまい音に悪影響が出る(かも)。
実際うちのレコーダーにアンテナ線をつないだ状態からAVプリ~メインシステムにメタルHDMIを使うと高域に「ビー」というノイズが出てしまいます。そこを光HDMIにするとノイズが出ないんです。

なので買うなら光ファイバーHDMIと思っていたのですが、現用のRainbowfishは終了。後継(代理店的に)のCelerity Technologiesも終了。
何か良い物は無いかとずっと探していたのですが、今は国内メーカーでも結構出ているんですね。しかも結構安く。

ある程度比較してポチる寸前まで行っていたのですが直前でヤフオクでこんなのを見付けてインパルスバイ。
国産品の半額以下です。

P1070132.jpg
FIBBR…ファイバーのスペル間違いか?パッケージ中国語だし…
と思ったらちゃんとメーカー名でした。http://www.fibbr.cn/

P1070133.jpg
Rainbowfishに比べるとかなり太い…というか、普通のRCAケーブルくらいの太さはあります。
見た目は確りした被覆が被せてあり、なかなか高級感があります。
通常の光ファイバーと異なり かなりキツく曲げても断線することがないということで、実際パッケージの中でも不安になるようなRで納まっていました(^^ゞ

さらにプラグにはソース側を示す▷マークに小さな照明?窓?が付いており、光ります。ちょっとカッコイイ。
(パッケージでは青く光ってますが製品では緑でした。)


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ビジュアル

thread: ホームシアター - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター