無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

CX-A5100 ファーストインプレ1 アナログプリ編  

この度の九州大地震で被災された皆様に見舞い申し上げます。
九州は私が隼を買って、というかバイクでの初めてのソロ ロングツーリングで訪れた思い出深い地です。
あの時の阿蘇の美しさは20年近く経った今でも鮮明に思い出されます。
被災地の一刻も早い復興をお祈り申し上げます。



勢いで導入してしまったCX-A5100

さっそく最も興味のあった所を探りましょうか。
具体的に何をかと言えば、『アナログプリとしての性能』。

完全に変人です(笑)
いや、もちろん最新のAVプリの性能というのにも興味津々ですよ。


と、その前に…これ造り良いですねぇ。
側板も天板もAVアンプ系にありがちなペナペナ板金ではありません。
底板にはトランスの振動アースのために5本目の足が生えています。
が。この足…邪魔だなぁ。
後から足を交換しようとした場合にインシュに高さがないとヤジロベーになってしまいますし、逆に高くても折角のトランスの足が宙に浮くというのは気分がよろしくありません。ジャストサイズの足なんてそうそう無いだろうし…。

で、アナログ試聴。
K-01XからはRCAで出しているのですが…これまたお試ししていたAcrolinkの8Nのやつのプラグが太すぎて刺さりません(;´Д`)
端子がビッシリ並んだAVアンプだとこんなことが起こりうるのか…。
仕方ないのでリファレンスケーブルに戻して試聴です。



現用のDUSSUN R-10iに比べて低域の量感は多いです。
高域も広がりというか、無音の中に音像がというのではなく、空間を音で埋める印象。
うさぎさんの日記にもありましたが「音像に振った」をいう先入観を持っていたのでこれは意外でした。アナログ接続だからか。
量感に振った分密度や力感、沈み込みといった部分では一歩及ばず。
SNもそれ自体は大差ないと思うのですが、佇まいみたいな部分が違ってきます。
この辺りはバカみたいなアルミ削り出し筐体のR-10iが有利か。
しかしそれでも3時間も通電していると密度も力感も増してきました。

R-10iは価格倍くらいのアンプでも食えるという評判でしたが、5100もまた倍以上のピュアオーディオ用プリと勝負できそうです。
少なくとも昔のアナログマルチプリ、アキュのCX-260とかAURAのVARIEとかより上な気がします。

散々ドーピングさせまくったら面白いだろうなぁ。


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
スポンサーサイト

category: ビジュアル

thread: ホームシアター - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

AVプリ更新 CX-A5100  

ビジュアル系の音質にはずっと満足していました。
というかむしろピュアオーディオより音良いんじゃないの?という時期が続いていたのですが、K-01X導入後のルームチューンやあれやこれやにより最近はピュアの方が良い状態。(というかそうでなくては拙いのですが…(^-^;)

で、そろそろビジュアル系にテコ入れしようかなー?でももう十分だよねー。
とモラトリアムを決め込むつもりだったのですが…
某氏の導入記とインプレにより悪い虫がむくむくと…。

でもねー。
どのショップも「価格問い合わせ」だし、納期遅いみたいだし、モデルチェンジ時の処分品買えばいいやー。
そもそも今の音に不満無いし。
今のが壊れてからでも遅くないし。
どうせ天井SPなんて付けないし。


と思っていたのですが…。
負けました(笑) というか買ったためしがない(-_-;)


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ビジュアル

thread: ホームシアター - janre: 映画

tb: 0   cm: 2

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。