無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

ルームチューン 2016 その4 実践編2  

実家からアナログプレーヤーを持ってきてみました。

P1070246.jpg

とりあえずシアターリア用のサブシステムにつないでみたのですが、最初はボケボケだったのが時間が経つにつれ音が立ってきて楽しくなってきました。
やはりレコードの音は密度と暖かさ(私には表面的な暖かさというより内在する熱さみたいに感じられますが)がありますね。

さて。
その暖かさ・音の温度感ですが、ボンさんは『レコードの音が「暖かい」って言われるけど…』で疑問を呈していましたが、私は『ある』派です。

ではその温度感は何から感じているのか?
それは経験からだと思います。

物質には固有の物性があります。それが振動することで空気にその物性を乗せて固有音となる。
例えば水の音。ブラインドで聴いても、それが小川でも滝でも水の音だと判断できるはずです。
しかし小川のせせらぎをレンガを使って再現してみろと言われてもなかなか難しい。

そして固有の音が聴こえるシチュエーションというのは、ある程度体感温度とリンクしている。
例えば新緑の渓流を風が抜けていく音。
真夏の甲子園の声援。
こう書いただけでその時の気候、気温を音と共にイメージできるはずです。

固有の音とシチュエーションの組み合わせが経験となり、音の温度感として記憶されていく。
そしてスピーカーから放たれた音がトリガーとなり、音に温度感を感じさせる。


で、話はアナログに戻り…
オーディオの音って最終的にはスピーカーユニットから出る訳ですが、そこまでの機器、ケーブルなどの物性も固有振動として信号に乗っているように感じるのです。言ってることはかなりオカルトですが、オーディオをやっている方なら納得していただけるのではないでしょうか。
で、そもそも最初のレコード盤ですが…

この素材がそもそも記憶の中の「冷たい音」にはなりえないのではないか。
もしレコード盤もターンテーブルも全てガラスやアルミで作ったら絶対同じ温度感にはならないと思うんですよね。



で、やっと今日の本題(笑)

この『音が乗る』という現象。
ルームチューンにも同じことが言えます。

石造りの教会と木貼りのホール、絶対に同じ音にはなりませんよね。
温度感だって石の方が低くて木材の方が暖かくなりますよね?

IMG_0749.jpg
ちなみに私の感じる石の温度感ってこんなん。
ちょっとヒヤッとしていて、触ると薄っすら濡れているくらいの湿度感。

逆にエジプトとかイスラム圏の石造りの建築物を連想させる石の音もあるはず。
あれ?その違いってなんだろう?
素材ももちろんですが、その時の空気自体の温度や湿度が重要?
書いてて分からなくなってきました…。


ま、まぁ、ここを利用して音を作って行こうという話です。

拡散に大事なのはもちろんどう音を散らすかというパターンですが、同時に何の素材で音を散らすかというのも同じくらい重要。
例えば一口に木と言っても柔らかいものから堅いものまで様々です。
さらには細かい溝なのか、緩やかなRなのか。
拡散の仕方も変わりますが、それ以上に反射音に素材の音が乗る割合まで結構変わると思います。

なのでこの製品は評判が良いから良い、なんてのはルームチューンに関してはあまり当て嵌まらず、目的に合わせて選ぶ・作ることが必要になってきます。
と言っても難しく考える必要はなく、見た目・触った質感がそのまま音に乗ると考えればOKです。


吸音に関しては基本的に「熱い音」になりやすいと感じるのですが、それは吸う物質というのが基本的にザラザラした布系が多いことも無関係ではないと思います。
同じ布系でもシルクなんかはもう少しそれっぽい音(笑)になりますので。

P1070216.jpg

とりあえずは一次反射面にジャージなどの吸いそうな服でもかけてみて、そこからどちらへ進むか決めれば良いのかな?と。
個人的には最近は拡散と吸音のハイブリッド系が使いやすいのではないかと思ってみたりしています。

後はリビングだったら観葉植物とか。
P1060892.jpg
私にはこういうセンスが無いので出来ませんが…(^-^;


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
スポンサーサイト

category: ルームチューン

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

ルームチューン 2016 その3 実践編1 (リ~さんの奥様に贈る)  

その2では吸音だ拡散だと書きましたが、かといって部屋中全体にルームチューン用品を並べるのは見た目的にも財布的にも厳しいものがありますので、ポイントを押さえていきます。


まず絶対に抑えるべきポイント、『一次反射面』!
スピーカーから出て真っ直ぐリスナーの耳に入るの音が直接音です。
しかしスピーカーはそれ以外にも全方向に音を飛ばしています。その音は壁や天井にぶつかり、反射して耳に届きます。それが間接音。
その中でも最もシンプルに、一回だけ反射して耳に届く音が一次反射音、その音がぶつかった部分が一次反射面です。

なぜここを抑えるのかと言えば、量としては直接音よりも間接音の方がずっと多いから。良く「オーディオは部屋の音を聴く趣味」と言われる所以です。
そしてその間接音の中でも一次反射音が直接音に次いでリスナーの耳に届くから。

人の耳は直接音と間接音の微妙な時間差で空間の広さを感じ取ったりその他諸々やっています。
これがコンサートホールのような広い空間であればあまり問題ないのですが、せいぜい5m程度の一般の部屋ではすぐ近くの壁で反射した音が変な方向から、直接音とほぼ同時に耳に入り認識を乱してしまいます。

なので一番影響の大きい一次反射面をケアすることはルームチューンの基本中の基本です。


では一次反射面はどうやって探すのか?
方法は簡単です。音は直進します。ということで音を光に置き換え、鏡を置いたときにユニットの写る場所。それが一次反射面です。

ここで問題。
一次反射面はいくつあるでしょう?



答えは「スピーカー1本に対して6箇所」です。(もちろん部屋の形にもよりますが)
つまり部屋の中には12箇所の一次反射面があるわけです。

とは言え、天井や床に対策をするのはなかなか厳しいものがあります。リビングだと特に。
さらにはファーサイドの壁なんてのも面倒なのでちょっと放置(^^ゞ
とりあえず左右SPのニアサイド、フロントを抑えるところから始めます。

P1070215.jpg
偉そうなことを書いているのにフロントは無対策です…。
うちの場合、フロントはクリティカルに変わりすぎてちょうど良い塩梅を見付けられていません。


P1070216.jpg
天井が高いので取り付けも一苦労。
フロントのコーナーもですが、壁と壁がぶつかる所は音が細かく反射して音を濁しがち。
ケアしてやるとちょっと幸せになれるかも知れません。

ついでにリスニングポジション真横の壁も対策してあります。
ここはもちろん一次反射面ではありませんが、耳に最も近い壁なので影響も大きめです。


P1070217.jpg
リアは現在検討中です。
やはりコーナーはちょっと吸ってます。


拡散と吸音の使い分けは…難しいです。

音が全て吸われて帰ってこなければきっと無限の広がりを感じるでしょう。
実際私もサイドの吸音が強すぎた時は草原の丘の上にいるような気分になりました。
でもそれはやりすぎです。包まれる感じが無いと心地良さがありません。

じゃあ半分だけ吸う?
しかしその場合反射してくる音のタイミングまでは弄れません。


それなら拡散?
確かにタイミングは弄れる気がします。
でも色々な方向にばら撒いた音はもうケア出来るわけもなく…。

結局は試行錯誤しかありません。


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

category: ルームチューン

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター