FC2ブログ

無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

ルームチューンは続くよどこまでも~ (リア編)  

ということでリア側です。


まずルームチューンにあたって私が目指したのは「エム5さんち」です。
具体的に書くならフロントややライブ、リアややデット。
これはこうでなければ良い音がしないと言うことではなく(Ewan+邸ではどこで聴いてもフラットというのを経験しましたし。しかしあれは色々な意味で再現不可能でしょう)、私の部屋が目指すのはエム5邸が最適と言うことで。
それにエム5さんがまた惜しげもなく教えてくださるんですよ。
ルームチューンやSPセッティングは言うに及ばず、機器の置き方や電源まで細かなノウハウを何でも。
うぅ…、本当に有難いです。いつか私も誰かに伝えることで恩返しが出来れば。
しかし最近本気でオーディオやる20代ってどのくらいいるのだろうか…。


話が逸れましたがルームチューンです。
初めてエム5邸を訪問した時は部屋にはほとんど手を入れていないように思いました。
ご本人もスピーカーセッティングが全て、みたいな事を言われてたような気がしましたし。
しかし何度か伺っているうちに実は結構ルームチューングッズが多いことに気が付きました。
壁の面積に対してルームチューン材の面積が小さいために意識が行っていなかったのかも知れませんし、実はいつの間にか増えてたのかも知れません(笑)
ただ、その方法がオーディオショップみたいに壁面全部QRDとかそんな無駄なことではなく、ピンポイントに対策する。
まずは音響的に正しい状態を作ってからSPセッティング。前回のうちでのクリニックもそうでした。



で、現在はこんな感じです。
P1050128.jpg
GWに真後ろにはカーテンを設置してからの変更点がこれ。
写真はちょっと判り難いのですが、試聴ポイント脇上部です。
ちなみに写真には写ってませんが、左側のシームRCの下にはASCサウンドパネルが立てかけてあります。

見ての通りうちのオーディオルームには長押が回してあります。
これは手持ちのサーロジックのパネルを嵌め込むことが出来るようにFLから1800の高さになっています。
長押自体はデザイン上「バランス的にこのくらいかなぁ?」で厚みや幅を決めました。

で、いざオーディオルームが出来てみるとサーロジックは不採用(^^ゞ
長押はただのインテリア上のアクセントになってしまったかと思われたその時…!

エコーバスターが素晴らしい精度で嵌りました!
ついでに横に貼ってあるエイスナーブのシームRCもジャストサイズ!
そしてどちらも効果絶大ヽ(´▽`)/


長押の幅をあと1cmでも広くしていたら取り付けられなかったかも知れません。
そもそも天井の高さだって「このくらいかなぁ?」で決めたんです。
なんという偶然…。
これはもう日頃の行いが良いとしか思えません!(笑)



しかしオーディオってつくづく部屋だなぁ、と。
単に広い狭いではなく、どれだけ音響が整えられるかが勝負です。

さて。そろそろ定点観測をお願いしても良い時期かな…。


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

スポンサーサイト

category: オーディオ

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://idic14.blog14.fc2.com/tb.php/218-5a21c01f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター