FC2ブログ

無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

次期ディスクプレイヤーに求めるもの  

プリが決まったのでいよいよ次はプレイヤーを検討します。
私がプレイヤーに求める条件は(ってもう買ってしまいましたし、条件を満たさないものもありましたが…)

1. SACD必須。出来ればマルチ対応 …クラシックを聴くならSACD。
2. USB(orネットワーク) DAC機能 …今後配信がメインになっていくのは明白です。
3. クロックも入った方が。またはこだわっている。 …アースとクロックはオーディオの影の支配者。
4. 自社開発プログラム …そのへんのドライブと1個10ドル程度のDACチップを何個か乗せて数百万て(´Д`;)

それとやはり重要なのは筐体の数です。
ラックの空きは2。頑張ってラック下のスペースにぎりぎり薄い機器を置ければ3。
つまりCDT+DAC+CLOCKまでは何とかなるかも知れません。

3筐体で考えてみよう。
dCSはUSB入力をするためにUPSAMPLERが必要になるので4筐体。
Vivaldiより前のものになるとクロックの10Mが直接入らないので更にクロックを1台挟んで5筐体…。
完全にラックもう一台コース。あらゆる意味で敷居が高いぜ…。

同様にCHはD1で完結出来ればよいんだけど多分C1も欲しくなる。外部電源も。

emmは…マイトナーオーディオとemmに分かれて何がしたいか良く分からないよ…。


うーん、心情的には昔からの憧れでdCSなんですが、考えれば考えるほど無理です…。
仕方ない。いつかVivaldi SACDプレイヤーが出たらまた逢おう!(笑)



そこで一旦候補を白紙に戻して探しなおしてみると…ありました!

MSB TECHNOLOGY
カッコいいのか悪いのか、よく分からないけど気になるデザイン(笑)
DACは当然オリジナルのディスクリート。
オプションでUSBとLAN端子+同社のユニバーサルトランスポートを付ければフルメディア対応。
Blu-rayまで再生可。現状では最高音質のBDプレイヤー?
もちろんSACDもマルチチャンネル出力可(リアはPCMだけど)
クロックも内臓ですが現存するものの中で最高精度なんじゃ?ってシロモノ。
しかも薄い!トランスポートとDACなら重ねてもラックに入る!!
さらに回りで誰も使ってない?(笑)

あれ?理想じゃね?



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

スポンサーサイト

category: オーディオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://idic14.blog14.fc2.com/tb.php/270-953f3c7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター