FC2ブログ

無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

コスモプロジェクト サウンドスフィア & 林薫 試聴(2)  

気が付けばオーディオカテゴリーの記事が100を超えてました。
流石に雑多すぎるのでサブカテゴリーを作って整理中~。


IASにも行かずに試聴を続けます。
今度は林薫
事前に問い合わせた時はこちらの方が吸音率は低いと言うことで、密かにこちらを本命と見ていました。

林薫はサウンドスフィアと違い裏側に板が貼ってあります。
おかげで背面からの吸音は控えめになりそうですが(私がお借りしているエコーバスターにも板が裏打ちしてあります)、そのせいでサイズは小さいものの重さはかなり上。

実はサウンドスフィアの時はお借りしている物だということもあって付属のマグネットシートにホッチキスを打たずに両面テープで留めていました。壁に穴を開けたくないというのもあります。
しかしテープでは粘着力が弱く、取り付け中に重さに耐え切れず剥がれてしまうことも。しかもその際壁紙も表面が剥がれ…(´Д`;)(´Д`;)(´Д`;) まぁ、糊でなんとか補修しましたが…。

サウンドスフィアの重さですらテープでは耐え切れないので、林薫なんて貼った日にゃ即落下→ケーブル破損です。


なので…
P1060148.jpg
こんな物を用意しました。
押縁の間に嵌め込んでいた角材の余りに磁石を取り付けます。結局ホッチキス使ってしまいました…m(__)m


P1060150.jpg
取り付けるとこんな感じ。
角材自体の太さと長さに誤差があるので壁にピッタリとは行きませんが、裏が板なのでちょっと反射する程度だと思いたい。



まずはボンさんのお勧めの「白」から。
P1060149.jpg

ん。予想に反して見た目は違和感少な目です。(写真だとイマイチですが…)
ズレているとか、そういう突っ込みはなしで。



ここから試聴はThe Corrs Unplugged No Frontiers オンリーです。(youtube埋め込みたくないので検索リンクからどうぞ。)

早速聴いてみると、サウンドスフィアに比べてもかなり空間の透明度が上がっていることに気付きます。
かといって暗騒音も残るところは残っています。
が。
続くピアノの左手にちょっと力がありません。
これはサウンドスフィアでも(他のどの吸音材でも)感じたことですが、サウンドスフィアよりも減っているのは板を貼って質量が上がっている分、下の帯域まで受け止めているからかも。


とは言え、これはパネルと壁との間に空間があるせいというのも否定できないので、サウンドスフィアに変えてみます。

P1060158.jpg

後ろに空間が出来て吸いやすいはずなのですが、やはり上記の印象は変わりません。
さらに音色の変化と言う点では林薫の方がクールというか、高域が冷たい感じになります。Jeff Rowlandの高域っぽい?
個人的には好きな高域なのですが、サウンドスフィアの方が地声だな、という感じ。流石オーディオ用といったところでしょうか。

あれ?音色が違うって事はサウンドスフィアを2枚使ったときに「音色が熱くなる」というのはファブリックのせいではないのか。


ただ、1つ気になるのはどちらを使っても奥行き感が減ってしまったことです。
基本的に、吸音する=近くの壁からの反射音が減る=遠くまで行って跳ね返っているように聴こえる=奥行き感
だったと思うんですが…、試聴に先立って布を外した時に奥行きが出たと感じたのでこれに関してはまず間違いなく部屋のクセだろう、と。

あとはアレですね。
そもそも壁にくっ付けていないと。
やはり林薫の本当の音を聴こうと思ったら絶対壁に密着させるべきです(^^ゞ



続いて他の色も見てみたいということで、緑と黒も。
P1060154.jpg



…あれ?

…まさか、いやでもなぁ。微妙になぁ。


色によって(かなり微妙に)音違う?(´Д`;)

いやいやいや。
流石に個体差でしょ。まぁ、板の向き、ファブリックの織りの向きなんてのもあるかも知れませんが。
ここは聴かなかったことにしよう(^^ゞ



その後押渕の上に乗せてみたり。
P1060156.jpg
これでもやはり林薫の音になるのが面白いですね。(効きは少しだけ弱まります)


SP背面に置いてみたり。(吸い過ぎでした)


色々やってみましたが、SP背面だと大体どこに置いても一定の効果がありました。
また、なんといっても効き方が劇的ではないのは使い易いですね。
(繰り返しますがうちのSP後方はクリティカルすぎます。吸い過ぎ吸い過ぎ言ってますが、これ以上吸わないと製品としての意味が無くなりかねません…(笑))

基本的に大きな部屋は拡散(とピンポイント吸音)、小さな部屋は吸音(とピンポイント拡散)の方が音をまとめやすいんじゃないかと感じているのですが、私の印象ではサウンドスフィアと林薫は10畳前後くらいの部屋で一番効果を発揮しそうな気がします。

あとは当然ながらメインで聴くジャンルですね。
クラシックなら吸音は少なめ。スタジオ録音のポップスなどではやや吸いすぎなくらいでも合うかも知れません。
うちでもリアルグループやXUXU(懐かしい…)みたいなアカペラグループではサウンドスフィア有りの方がそれぞれが綺麗に分離して明らかに聴き応えありました。


ここまで試聴してみての要望としては、
1.もっとサイズのバリエーションが欲しい。例えば1辺30cmくらいにするとか、厚みを薄くするとか。
2.固定方法の多様化。マグネットシートを壁にホッチキスで留めるというのは調整時に外した時の見栄えとか耐震性とかに不安が残るとかあるだろうということで、バリエーションとしてでも四隅に耳みたいのを付けて虫ピンで留められるようにするとか。
も検討していただければ。
まぁ、サイズに関しては特注できるみたいですが、その場合は是非追加料金は少なめでお願いします(^^ゞ



また、今回はスペースの関係でやってませんが、センターではなく一次反射面に設置してみるのも面白そう。
またはラックの下とか、床にカーペット代わりとか工夫のしがいもあります。


一次反射面といえば、うちはサイドの一次反射面がサウンドパネルとエイスナーヴ、真横がエコーバスター、後ろはカーテンなのですが、このあたりをサウンドスフィアと入れ替えたらきっと良さ気だなぁ、と。
サイズが合わないのと流石に取り付ける手段がないので試せるかどうか微妙ですが。でも…。



続く?


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

スポンサーサイト

category: ルームチューン

tb: 0   cm: 2

コメント

ますますのご活躍ですね(笑)

私も秋になり久しぶりにオーディオでワクワクしています。PCオーディオに気合が入ってきました。

Ewan+ #SFo5/nok | URL
2014/09/28 22:10 | edit

>Ewan+さん

こんなにオーディオを本気でやったのは久しぶりです(笑)


私はPCオーディオにまだジュークボックス以上のものを求められる状態ではないので、(というかまだ初めてもいないのですが)今度PCオーディオの可能性をお聴かせ下さい。

たび #4B33lOYw | URL
2014/09/30 09:53 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://idic14.blog14.fc2.com/tb.php/286-021b2261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター