FC2ブログ

無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

音って怖い…。  

問題は音でした。

DTS-HD マスターオーディオの情報量、上下のレンジ、低音の質・量は明らかにDVDを圧倒します。
が、レンジが上下に伸びた分、音楽にもっとも重要な中域がスカスカな印象を受けます。
DVD盤を観ていた時とはプレイヤーもAVプリもHDMIケーブルも違うので比較は出来ませんが、あまりにも寂しい。
音楽が死んでいます。
すぐにオマケのDVDと入れ替えて比較です。

…おおぅ(´Д`;)
こちらは輪をかけて死んでいます。

音声が所有のDVDと異なりDTSがなくDolby Digitalのみなのかな?ますますオマケDVDイラネ。
即DVDの DTSと取り替えるとやはり楽しさが出てきます。しかしDTS-HDを聴いた後ではレンジの狭さ、クオリティに納得できず…。
そもそも記憶の中のDTS盤の音に及ばない…。
うーむ。

何かシステムに決定的な欠陥があるのかも。
しかしCD再生は間違いなくクオリティが上がっている(はず)なので、問題はAV系か。
とりあえず消磁してみるか…、とやってみると

な ん と ほ ぼ 解 決 (´Д`;)

濃い、という訳には行きませんが変なディップがなくなり、十分聴けます。
冷めた気分で聴かない映画は画まで綺麗になったようです♪
いや、実際綺麗になってるのか。


なんにしても音が画に与える影響の大きさにビックリです。
そして盤の帯磁による影響の大きさにも。


もし信頼できる人が帯磁していないディスクを絶賛(または見せてもらって感動)→自宅で帯磁しているディスクを視聴して落ち込む→気持ち良く再生できるようにシステム調整
…なんてことになったら。
スポンサーサイト

category: ソフト

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://idic14.blog14.fc2.com/tb.php/30-e598846d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター