FC2ブログ

無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

Venom Silver Outlet  

さあ、ようやくShunyata Research Venom Silver Outlet です。
とは言えこのコンセント、検索してみてもほとんど情報が出てきません。

断片的な情報をかき集めてみると
・同社のパワーサプライに使われているのはVenom。
・既にディスコン。SR-Z1と併売されていたかどうかは不明。
・定価200ドル?セールで100ドルになったという話も。
だとか。
音質に関しては全く情報がありませんでした。
あれ?私が日本語では初レビュー?これは責任重大です。
ま、いいか。どうせもう買えないし(笑)


P1060609.jpg

P1060709.jpg
箱はSR-Z1よりもかなり高級感あります。


P1060710.jpg
SR-Z1との比較。
コンセント自体は同じものだと思われます。
Venomの方はフレームが銀色ですね。といってもサビが浮いているわけでもないので銀メッキではない…かな?

P1060711.jpg
裏側のシールなどはSR-Z1の方が製品っぽい(笑)

P1060715.jpg
接点部分は銀メッキなのでしょう。
未使用ですが経年でサビが浮いてきています。(通電による焼けではない)

このままでは音質上も精神衛生上も宜しくないので磨きます。
使ったのはメッキ剥がしの悪名高いオヤイデのクリーニングスティックEC(AA誌オマケ(笑)
でもねぇ…。
オヤイデの肩を持つわけではないのですが、接点磨きなんてのはどんなものでも多かれ少なかれ研磨剤が入っているわけで。
軽く磨くだけにしておけば問題ないでしょう。



ってことで軽く磨いて無水アルコールで拭き取って

P1060716.jpg
ほい。
どうです?なかなか綺麗になったでしょう。


さて。いよいよ試聴です。
比較対象はこれしかない。同 Shunyataの SR-Z1です。

無メッキのSR-Z1に比べて余韻が長い…。
温度感はややクールになるというか、音像の芯は温かいものの表面に僅かに冷やっとした質感が乗ります。
低域の解像度はSR-Z1を超えているとも感じられますが、重心の低さや沈み込み、量感と言ったバランスはSR-Z1の方が真っ当。
高域はばら撒き系ではなくきちんと整理して配置するタイプ。
それでいて情報量は明らかにSR-Z1以上。かなり細かい音まで出してきます。当然伸びもVenom。

そして何と言っても特筆すべきは位相の正確さでしょう。
位相を弄っているソフトなどは簡単に後ろに回り込み、ぐるぐる回ります。
低位もかなりくっきり。

総じて高域が目立つので現状ではやや腰高にも感じられますが、まだ全くエージングされてませんしね。
今後が楽しみです。


うーん。まずいな。
オラ 2個とも使いたくなってきたぞ(笑)


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

スポンサーサイト

category: アクセサリー

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

コメント

おこんばんわ。


いいよ、2個とも使って。
そもそもタビさんのだし。

というか
重心が高くなって腰高なのはイクナイ。沈み込みもダイジ。

当日、ザワオさんも同伴なので色々と十分にお気をつけください。

ボン #- | URL
2015/02/02 20:53 | edit

>ボンさん

大丈夫!ちゃんと残しておきますよ~。
というか、ボンさんの感想も聞きたいのです(笑)

腰高感は解消されつつあります。
ただ、重さのあるというよりは軽くて速い低音ですね。
十分他で補える範囲だと思います。


ザワオさんってそんなに武闘派でしたっけ?(^^ゞ

たび #4B33lOYw | URL
2015/02/03 13:04 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://idic14.blog14.fc2.com/tb.php/314-a0b11c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター