無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

CX-A5100 蔵出しセカンドインプレ  

さて、CX-A5100のインプレ書いてないなぁ。
あれ?書いてなかったっけ?
と記事検索してみたら下書きのまま1年以上眠ってました(^^ゞ
さらに下書きのままの記事が30以上も…(;´Д`)

流石に(私の中で)旬を過ぎまくっているいるものは削除しましたが、公開できるものは出していこうと。
てことでCX-A5100のセカンドインプレです。たぶん導入後3週間くらい?




DACの設定を色々試します。

まずジッター軽減設定ですが、これはもうレベル3一択。
違いがどうこうというより、上げられない理由が無い限りは3で。

問題はレイテンシーの方で、それぞれ味があります。
シャープロールオフ:弾力があってキレがいい
スローロールオフ:響きが豊かで厚みを感じる
ショートレイテンシー:なんというか…クリア?(笑)
暫定的に楽しさ重視でシャープロールオフを選択。

劇的に違う!というほどではないのですが、かといって無視できる差でもなく。
さらにここに色々オフにして電源環境を良くするピュアモードなんてのが絡んでくるとさらに悩ましく…。
このピュアモードがまた変わるんです。効きすぎる。
体感的にはdCS Scarlatti のディスプレイディマーくらい変わる。
しかも単純に全部良くなる訳じゃない(っぽい)ところも一緒。
ピュアモードだとまったりしたスローロールオフに合わせるのが一番聴きやすい気もしますが、それはなんとなく妥協のような気も。


で、音の印象ですが

メーカーサイトに求めたのは音の純度と書いてある通り、兎に角クリアな音です。
純粋過ぎてそっけない。
音場はスクリーンの先に展開するような印象で空間が大きい。
現用(当時)のONKYO PR-5508だとスクリーンから面で音が出る感じです。
迫力や楽しさだと5508ですが、音場の精緻さ、音数では5100。基本的なSNが違う感じ。

音色はケーブルの選択を5508に合わせてしまっている部分もあって、今のところ5100はちょっとハイがキツい印象。
中域、地声がもっと出てきて欲しいところですが、中古とは言えまだノーエージングと言って良い状態なので今後に期待。



手元にあるBDを観てみました。

-----------------------------------------------------------------------------------
と、その前に現状ですが、
自動測定では何故かフロントSPが逆相になり、リアSPも6mも離れている(実際は2mも離れていません)というありえない結果。
仕方ないので距離だけ手動入力。
メーカーに問い合わせたところ、『たまに正相なのに逆相判定されることもある。そのまま使って問題ない』とのことでした。
…が、これだとSP自動補正が使えませんよね?たぶん。まーフロントは弄らせないのでギリギリ許容範囲ですか…。
リアの距離はなんなんだろう?昔使っていたAVアンプに長いRCAでつないでそこからSPケーブルも長いので4m分くらいの遅延でも発生しているのでしょうか。
-----------------------------------------------------------------------------------

さて。このアンプの印象はファーストインプレから変わってはいませんが、エージングが進んだのか音が落ち着いてきました。
最初は誰かが言った「細い」音だったのですが肉が付きました。(HDMIケーブルを変えたのもありそうですが)
それでもカミソリが日本刀になったという感じで、表現としては静的というか客観的というか。

導入当初はその細い音が無音の空間に立ち上がるのでかなり寂しい印象でした。
それがエージングが進んだことで空間にもある程度音が漂い、音像の実体感も出てきました。
とは言えやはり基本のSNが良いので空間の透明度は相当なもの。
また、音場空間が奥に広いので映像を見ているとコントラストが上がってさらに奥行きが出たかのような錯覚をしてしまいます。
(でも位相が綺麗に出るというか前後感はきっちり表現するので全てが奥に行くということはありません)


そしてこのアンプ、音量に敏感。
というかソースごとの適正音量がきっちりしている印象です。
多分BDのロスレス音声をターゲットにしているのでしょう。情報量が増えても破綻させないようにしている、そして前述のとおり表現が客観的なこともあり、小さなボリュームではスカスカで全く面白くありません。
適正ボリュームにして初めて「をを、こりゃすごい」と。
そして適正ボリュームを超えると割と早めに破綻します(笑)

そんな感じなんで逆に地デジのアニメなんかだと結構寂しいことに。
そしてBDの音の良さを再確認することに。
(あ、このインプレはオンキョーのAVプリ、PR-5508(ヒューズ&インレット交換済)と比較しているのですが、それに比べてもSNと音数は段違いです。5508はもっと太くて面で前に出してくる音作り。)
そんな感じでちょっと音数が少なくても録音が悪くても、オンキョーだと地デジも楽しませてくれるんですが、5100だとちょっと粗探ししてしまう感じ。ついでに温度感や音色も個人的にはオンキョーの方が適正に聴こえます。
どちらもニュートラルの範囲内なのですが、温度感の適正範囲 上限下限といったポジションに感じます。まぁ、この辺はケーブルでどうにでもなる部分ですが。
(物理的なセッティングは例の第5の足のせいで難しそう。せいぜいボードを変えるくらい?)


私個人の視聴ソースはBDよりも地デジの方が多いので5508も十分生きる道がある…というか5508のクオリティだって十分以上だとは思います。
が、5100を聴くと「もっとBD観ようかな」という気にさせられたり(笑)




以上、1年以上前のインプレでした。
いや~、改めて読んでみて良く書いたなぁ、と(^^ゞ
今だともうシステムに馴染んでしまってこんな分析的には聴いていません。
比較対象があるって大事ですね。

でも今はもっとエージングも進んだりして単純に印象変わっている部分もあるんですよね。
その辺りを次のインプレで…(また1年以上下書き放置したりして…(笑))


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
スポンサーサイト

category: ビジュアル

thread: ホームシアター - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://idic14.blog14.fc2.com/tb.php/349-9031b924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター