FC2ブログ

無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

ルームチューン 2016 その2  

そんなこんなで年中ルームチューンの拙宅ですが、色々やっているうちに最近はちょっと考え方が変わってきました。

以前は
『広い部屋は拡散メイン、狭い部屋は吸音メイン』
『拡散で対処できない時だけピンポイント吸音』
という、出来るだけ吸音を避ける方向で考えていました。というのは

『吸ってしまった音はどうやっても甦らない』

という考えが根底にあったからです。



しかし前回、響きを足して(吸音を減らして)みて 却って「鈍った・情報量が落ちた」と感じたことにより、私の中で吸音の重要性が増してきました。
考えてみれば
・響きを増やせば増やした分だけどこかで逆相の音同士がぶつかって消えている情報があるのではないか?
・消えないまでもマスキングされているのではないか?
・そもそも直接音だけで全ての情報が含まれているはずだよね?

無響室で聴く音楽はクソつまらないというのは良く聞きますし、実際拙宅でも響きが無いとそう感じます。
が、逆に吸音すればするほど今まで聴こえななかった音が聴こえてくるのも事実です。

結局のところ 要は塩梅なんですが、今は拡散から入って少し吸音ではなく、吸音から入って要所で拡散でも良いのかと考えています。と言いつつ、うちは以前のままなんですけどね(^^ゞ


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
スポンサーサイト

category: ルームチューン

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 4

コメント

虚々実々 今部屋の壁鳴りを減らす試みをしているのですが、壁に重いものを立て掛け、壁振動を減らすと、被っていた音が現れ、空間情報が増加します。 しかし何か大事なものが減っていく。 頭で考えれば部屋の音はいろいろば情報をマスクするマイナス要素が強いわけですが、音は耳で聞くというよりは、脳で聴いている面が大きいわけで、部屋の音を減らすと、脳が部屋の音を好んでいるという事実に直面するわけです。 結局ここらへんは頭より好みで判断するしかないのではないでしょうか。 

Falio #- | URL
2016/06/05 08:41 | edit

>Falioさん

すみません、レス遅れました。
ご存知の通り…色々…ありまして(泣


そうですね。
結局好みに合わせてのチューニング。
それがオーディオの醍醐味でもあると思います。

しかし壁の振動は面積が大きいだけに難しいですね。
だからエム5さんは浮かせたルームチューンアイテムをお使いなのかも…と思ったらそんなレスが付いてました(笑)

たび #4B33lOYw | URL
2016/06/15 15:33 | edit

たびさん こちらこそお取込み中、訳のわからないコメントをしてすみません。 別ラインでのエム5さんのコメントにもあったように、広い壁の吸収による素直な低域の減衰がプラス要因の素のようです。
そこが、全体のファンダメントにあたる部分だけに全体に与える影響が大きく、影響が全体に及ぶゆえに、言葉では説明しにくいということなんです。 といってもあいかわらず言葉で説明しようとすると、どんどんどツボにはまっていきますが(笑  ともかく、はやくトラブル解決のめどが立つとよいですね ではでは

Falio #- | URL
2016/06/17 19:35 | edit

>Falioさん

いえいえ~。
言葉で書こうとするとどこまで書いたものかと苦心しますよね(^-^;

壁で素直に減衰してくれるというのはきっと特性の良い部屋の条件かも知れませんね。
今まで壁の面としての振る舞いって意識してきませんでしたので、ちょっとハッとさせられました。

トラブルはボチボチ解決しそうです。
あと1ヶ月くらい?(^-^;
これもそのうち記事にします(笑)

たび #4B33lOYw | URL
2016/06/19 17:21 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://idic14.blog14.fc2.com/tb.php/356-0d1976e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター