FC2ブログ

無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Ewan+山の頂  

久し振りにEwan+さんのお宅にお邪魔させていただきました。
前回聴かせていただいたのがもう2年半前。
しかしあんまり時間が経った気がしないのは前回の印象がそれだけ強烈だったからでしょうか。

あれからEwan+さんは送り出しをdCS PaganiniシステムからVivaldiシステムに。
さらにプリにCello Suiteを『追加』されています。


P1070421.jpg
Paganiniよりもかなり大柄な筐体なのですが、優美な形と仕上げのせいかむしろ落ち着いて控えめな印象。


早速聴かせていただくと、最初の一音からただならぬ気配がします。
兎に角 音が分厚い。
盤石の安定感。
そして音が生きている。
色彩感豊かではなく、活き活きしているでもなく、『生きている』。

この感覚はちょっと他では聴いたことがありません。
アナログっぽいと言えるのかも知れませんが、そんな言葉で済ませて良いのか?
このセパレーションと空間表現は果たしてアナログで到達できるのか?
少なくともこの音を聴いて「CDは音が薄い」なんて言える人間はいないでしょう。

そしてブラインドでこの音を聴いてYGが鳴っていると当てられる人間も絶対いないはず。
前回もアルミっぽさの全くない音でしたが、今回はむしろ木質の響きすらまとっています。

Ewan+さんはVivaldiの膨大な情報量が音楽を無機質にしている部分があるとSuiteを導入されました。
狙いはプリの電源の強化。情報の整理と音楽性の付加だそうです。
それは出ている音を聴けばもう大成功だったと断言出来るのですが、しかしそんな選択肢が取れるのは取捨選択出来るほどの情報量があればこそ。
そこから自分の音を探すことが始まり、今回目指す頂を聴かせていただきました。
Ewan+さんをして「ウィルソンの時に出したかった音をようやく超えることが出来た」という今回の音。
使いこなしと試行錯誤の2年半の成果を一気に聴かせていただいてしまうとちょっと異次元過ぎて自分はこれからどうしたもんかと思ってしまいます。

「とりあえずはお皿に入っている音を全て取り出すところから始めないと…。」
途中で合流されたムサシさんと私の共通認識でした(笑)
でも本当に良い刺激をいただきました。今無駄にやる気だけは上がっています(笑)


Ewan+さん、ありがとうございました!!



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
スポンサーサイト

category: オフ会

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

コメント

たびさん、過分な訪問記をありがとうございました。
オーディオで一番難しくも楽しい事は自分の音を探す過程です。私の場合はオーディオの原体験としてタンノイがあります。システムのチューニングが上手くいった時とはだいたい原体験の音のイメージが色濃くある時です。そうやって考えると同じ所をグルグル回っているだけかもしれません。螺旋状に進化していると良いのですが(笑)また、そのうち定点観測をよろしくお願いします。

Ewan+ #SFo5/nok | URL
2016/10/23 21:33 | edit

〉Ewan+さん

こちらこそありがとうございました。
今回ほど『自分の音』というものを考えさせられたオフ会もありませんでした。

私のオーディオ原体験…AVALONでしょうか。
その良さを出すために頑張っているような気もしますが、単にその時々の自分の好みに合わせようとしているのかも知れません。
暗中模索状態ですがそれでも今のところは螺旋状になっていると信じたいところです(笑)

今後ともよろしくお願いいたします!

たび #4B33lOYw | URL
2016/10/24 23:25 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://idic14.blog14.fc2.com/tb.php/363-dcfc3a59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。