FC2ブログ

無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

自分の音  

先日のEwan+さんの音に衝撃を受け、改めて自分の音って何だろう?と。


Ewan+さんは自身の音の原体験がタンノイにあり、その音を反映させていくと言われていました。

では私の原体験は?
残念ながら私は子供の頃は音楽にはほとんど関心のない子供でした。
中学時代に洋楽ロックにはまり、社会人になって癒しを求め~というよくあるパターン(笑)
その癒しを求める音楽は良い音で聴いた方が癒し効果が高いのでちょっとマシな(と言ってもトータル10万円もしない程度の)コンポでも買おうかな、というのがスタートです。

その後SPをちょいちょい買い替えて今に至るわけですが、使っている期間が圧倒的に長いのはAVALONです。
AVALONは当時評判の良かったソナスのクレモナを聴きに行ったときに隣で鳴っていて、その繊細でどこまでも突き抜ける高域に
「なにこれ、圧倒的に良い…!いつか絶対買う」となりました。思えばあれが初めて音場を意識したときになるのでしょうか。
まぁ、それはダイヤだったのでまだ達成できていないのですが(^-^;

そしてAVALONの前、MonitorAudioのGold Referenceを使っていた時もその繊細は高域には大いに惚れていました。
(でもかなりドンシャリなので万人にはお勧めしません(^^ゞ)
gs20.jpg
この高域は本当に大好きでバイワイヤの低域側を外して聴いたこともあるくらい(笑)
いや、でもこの状態は本当に麻薬的な魅力があった(のもあった)んですよ。友人も「ちょっと今の曲もう一回聴かせて」なんてくらい。
ああ、久しぶりに聴きたいなぁ…。

そう考えると今でこそ低域を出そう出そうと必死になっていますが、私の根っこは『繊細な高域』にあるのかも。
どこまでも細かく、サラサラした感触。涼しい風が抜けていくような。

それと貧乏性なので出せるものは全部出したい。とにかく情報量命というのもあります(笑)
これは時々出現する凄い音…音像の形が見える…舌の動きが見える、口蓋の形も分かる、頭の形が分かる、手や足まで見える、見えてしまうから次に出る音が先に分かっている…。
こんなのを聴いちゃうともうだめです。元に戻れません。



そんなこんなでオーディオを初めて約15年。
精緻さと広い音場を両立させようと頑張ってどっちつかずというかどっちにも程遠い状態が続いていますが、そんな私も色々経験し、というか経験させていただいて好みも変わってきました。
当時はかなりクールだった温度感も今では割と暖かくなっています。

これは好みも勿論あるのですが意識的にやっていることで、ここ数年の私のテーマは『ニュートラル』でした。
ホールインワンを狙うようにど真ん中。ほんの少しでもズレると入らない。
でも機器とケーブルと部屋がある以上そんなことは不可能なので、その不可能だった部分が味となる。
コーヒーを飲んで甘みやフルーティーさを感じるのと同じ。というかもう十分甘い。
豆のチョイスと焙煎、豆を挽く細かさ、そんな細かいチョイスがユーザーが弄ることを許されているパラメーター。
砂糖をちょっとでも入れてしまったら消えてしまう味。
砂糖くらいならまだしもキャラメルマキアートにしてしまったらそもそもそれコーヒーなの?と。
(まぁ、SPセッティングでそんなものを根底から覆すくらい音は変わりますが)


そんなストイックな気分でいたのですが先日のSさん、そして今回のEwan+さんの音を聴いてちょっと考えが変わってきました。
『別に砂糖入れてもミルク入れてもカフェラテでも美味いもんは美味い。というか絶妙な加減で足す分にはむしろ引き立つ部分があるな』と(笑)

私はもうちょっと今の路線で頑張りそうです。
でも一度聴いてしまった音は耳に残ってかなり影響してきそう。



(因みに私の中でゴローさんとエム5さんはブラックコーヒーです)


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
スポンサーサイト

category: オーディオ

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 3

コメント

自分の音・・・ 正直自分の音というものは自分ではわからないところがあります。 ただ自分のパターンみたいなものがあって、ワイルドな低域、艶のある高域、上下バランスをしっかりとることにより中域の浸透力を出す、といった組み合わせ的なものです。 ウィルソンでは残念ながらいまだ、自分のパターンに持ち込むことができません。 性能を思い切りスポイルすれば、自分のパターンに持ち込めると思うんですが。。 結局、機材の性能を生かして、自分の音を出すというのがいかに難しいか・・。
何年か前に聴かせていただいた、エム5さんのグランドユートピアの音はほぼ自分のパターンと同じで、超絶な性能感がありましたから、すこしでもあの音に近づけたら、と思って、ウィルソンを調整してます。

Falio #- | URL
2016/10/30 09:43 | edit

>Falioさん

私も自分の音というものを探している途中ですが、でも結局自分の好きな音に調整していくのだからいつでもその時点での自分の音なのかな?なんてシンプルな結論に達したり(^^ゞ

とは言えぼんやりした目標はあって、私にとってのグランドユートピアはおそらくゴローさんのSACDサラウンドなのかも知れません。
導入当初にしか聴かせていただく機会はありませんでしたが、想像の中の最期の音、それを求めているのかも…。

たび #4B33lOYw | URL
2016/10/30 23:21 | edit

え~っと‥ 私めも、コーヒーはブラックなんですけどぉ‥

ponta #- | URL
2016/11/24 05:56 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://idic14.blog14.fc2.com/tb.php/364-d1fd87d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。