無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

D-REN PRO ファーストインプレ  

既にマイシステムには欠かせない存在となっているD-REN。
ゴム嫌いの私を改心させたなかなかヤル奴です。

とは言え、効き方がちょっと劇的過ぎて使いこなしが難しいなぁ…と思っていたところに直販限定のPROバージョンなるものを見付けてしまいました。


『通常モデルとの違いは中に封入しているマグネシウム箔が0.1mmから0.2mmと厚くし電磁波シールド性能と振動吸収性能が向上。
耐熱性特殊合成ゴムも通常モデルから顔料と成分を若干硬質化させハードな使用環境でも対応出来る仕様になっています。

STEREO誌2016年10月号「オーディオケーブル周りを科学する」のコーナーで「ミュージシャン向けの鮮明、エネルギッシュな音を実現」と評価いただきました。』(メーカーサイトより)


これだけ読むとさらに劇的に効きそうで、求めていた方向では無いなぁ…って感じなのですが、唯一「ゴムを硬質化させた」という部分に惹かれました。
金属が分厚くなったのも含め、実はゴムゴムしい効き方は抑えられているんじゃないか?
試してみる価値はあります。

P1070456.jpg
純正のゴム色(笑)に対し、PROはネイビー(実物はもう少し黒っぽい)。
顔料を変えたということですがうちのEidolonの下に敷く場合、袴と同色の黒の方がありがたいのに…。
P1070459.jpg
中のマグネシウム箔が0.1㎜から0.2㎜になっているそうですが、厚みは変わらず。
ゴムは薄いに越したことがないのでここはOK。


早速SP下に…と思ったのですが、一人でやると確実にSP位置がズレるのでとりあえずは違うところから。
ちょうどボンさんがPhile-webの期待の新人、燻製一年目さんを迎えてオフ会をやるというのでお邪魔するついでに試させていただこうっと♪



ってことで、久し振りのボンシステム。
こそこそやっていたのは知っていましたが、前回よりも格段にニュートラルになっています(*'▽')
これならば僅かな変化も分かりやすいはず。

今回はCDトランスポートに試しました。
木製ラックに金属コーン+金属受け。この受けの下に使います。

まずはノーマルD-RENから。
うちで感じるのと同様、全帯域で力感が上がり音が太くなります。
SN上昇。でもちょっとゴムゴムしいのも高域が抜けてこなくなるのも同様。

それがPROになると…
音はちょっと細くなりますがゴムゴムしさは減少。音に芯が出てくる印象。(アルデンテ的?)
高域の鈍りも余り感じず。

総じてノーマルよりもPROの方が硬質・シャープ…というかちょっと効きを弱くした感じ。
良いじゃないですか~。まさに私が狙っていた方向です(*'▽')

でもボンさんは「やっぱりゴム臭い」と。
もう。ノーゴム。生派なんだから~。エロ親父め(笑)


でも確かに木製ラックで足元の僅かな柔らかさは確保されていますしね。これが金属ボードの上だったらまたちょっと違ったかもしれませんが、結局は環境次第ってことですね。
そしてD-RENって設置後一週間くらいでかなり音が変わるのでちょい聴きでは判断できないんですよね…。
とは言え、SP下に入れるのに期待を持たせてくれる試聴ではありました。



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

スポンサーサイト

category: アクセサリー

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

コメント

たびさん宅で撮影するとお洒落なコースターみたいですね^_^

nira #- | URL
2017/02/23 23:02 | edit

>にらさん

ありがとうございます♪

オーディオルームは外光が入らない&電球色で色がおかしくなってしまうので、写真を撮るときいつも寝室の作り付けデスクを使っています。
しかしここは寝室とは名ばかりの物置でして、荷物を無理やり退けていたりします(^-^;
引きで撮ったらとんでもないカオスです(笑)

たび #4B33lOYw | URL
2017/02/24 22:04 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://idic14.blog14.fc2.com/tb.php/372-550a7140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター