無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

USBノイズフィルター比較 ファーストインプレ  

先日ボンさんオフに持ち込んだアイテム その2。

P1070455.jpg
パナソニック USBパワーコンディショナー VEK0V15B(以下 初代)
パナソニック USBパワーコンディショナー SEQ0118 (以下 MkⅡ)
パイオニア USB Sound Quality Upgrader Bonnes Notes DRESSING APS-DR000(以下DRESSEING)

AVアンプに使用した際の印象は
リッチな初代
シャープなMkⅡ
まんまTADなDRESSEING
ちなみにTADはプレイヤーのDA1000(世代忘れた…)です。マッシブでロックを聴くには良いかも、という試聴記。


マイシステムでも試してみました。
K-01Xに使いたかったのですが、端子形状のせいで変換プラグを挟むしかないので今回はPCトランスポートRitmo2に。
ソースはトウキョウメランコリー/シナリオアート&その他クラシックとかいろいろ。

トウキョウメランコリーが無かったのでナナヒツジ(すべてがFになる エンディングテーマ)
ドラム叩く女性ってそれだけで応援したくなりませんか?
ホルモンとか(笑)



っと、シナリオアートでした。
メロディラインも歌詞もなかなか凝っている。ドラム/ヴォーカルのハットリクミコさんの声がどことなくPSY・Sを思い出させるのもあって、なんか懐かしい。10代の頃に聴きたかったかも。
ただですね…。色々やっているのに録音のせいでそれが埋もれがち。
これがノイズを取ることでどう化けるか。



まずは何も刺さないで試聴。
これだけ聴いている分には特に不満はないのですが、K-01Xのディスク再生と比べると薄くて軽い。
まぁ、いつものPC audioの音です(^^ゞ JPLAYにしたら変わるのだろうか…。


では初代から。
低域の力感と音像の立体感が増ます。
中高域にも無音の空間が出来つつ音像自体は多少リッチな響きが付いて厚みも出て来ます。
低域の改善以上にこちらに耳が行くので総評としては中高域よりか。


続いてMkⅡ。
初代が4000円くらいだったのに対してMkⅡは何と4倍の16000円…。(ヨドバシ価格)
もうパーツ扱いというよりも完全なオーディオアクセサリーになってしまいました。
なんでこんなもんがあるのかというと…買っちゃったからですな。そのおまけです。
こちらは初代の特徴だった響きがすっとまとまり、リッチではなく健康美人といった趣き。
こちらの方が芯が通ってますが空間は初代の方が僅かに広いか。


最後にDRESSEING。
これは001のメッキなしバージョン。黒なのでRitmoに刺したとき一番目立たないのは嬉しいところ。
低域の力感アップ度は最大。響きは最小。
空間は平板になり、高さも無くなりました。
とは言え、これだけノーエージング状態。といっても他のも大して変わりませんが。


聴き比べてみると結局ボンさんちでの評価と変わらないという安心の詰まらない結果に(笑)
とりあえず現状ではストイックに正確さを求めるならMkⅡ。
でも音楽としての表現、聴き応えでは初代か。



そしてやはり、余った端子に複数使用で効果のブレンドが出来ました。
たくさん必要になるとなると…初代のコスパ高けぇ。



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

スポンサーサイト

category: アクセサリー

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://idic14.blog14.fc2.com/tb.php/373-b929264f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター