無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

カーボンシールド  

DUSSUN R-10i の内部ボード用カーボンシールドを導入してみました。

P1290486.jpg
この赤いアルミのシールドを外すと

P1290488.jpg
基盤が入っているわけですが…
この写真って底板を外して撮っているんですよ。

ってことは…基盤は天板に取り付けられているため、このアルミをカーボンに変えたところでボードのインシュとして働くことなんてない訳で。

ってことは純粋にシールド能力の問題?
でも見ての通り各ブロックは分厚いアルミの壁で仕切られています。
下側に抜ける…といっても下はただの底板があるだけだし。

完全に見えないオシャレ?
振動モードが変わる…なんてことはあり得るか。
と言ってもどうせ気のせい程度だろうなぁ…。


P1290489.jpg
でもまぁ、確かに満足感はある(笑)


しかし予想に反して音は結構変わってしまいまして。
各帯域が滑らかにつながるように。
これは品位が上がったと言って良い変化。

僅かな変化ですが、これは大きい。



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ

スポンサーサイト

category: ハード

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

コメント

ほんの少しの差、されど・・・。
それがオ-ディオの醍醐味?
カ-ボンで回路を覆ってあげる、それだけで
帯域の繋がりが向上、素晴らしいと思いますよ、
反面、怖さも感じますけど(笑)

ポチ #rC1RzLUE | URL
2017/11/22 18:03 | edit

>ポチさん

ほんの少しの差のはずなんですけどね。
でもそのほんの少しの差が全体に与える影響は決して小さくなく…。

多分美味しいお店と凄く美味しいお店の違いはそんなことの積み重ねだと思います。

怖いです。

たび #4B33lOYw | URL
2017/11/24 11:01 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://idic14.blog14.fc2.com/tb.php/390-6ec6a4bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター