FC2ブログ

無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

玉転がしと赤羽の夜  

台風も直撃しようかという土曜日、燻製さんと一緒に phile-webの重鎮、いたちょう邸にお邪魔させていただきました。
引率の先生はこれまたphile-webの名物男、ニッキーさんです。


いたちょう邸はリビングオーディオ。しかし隣の和室+キッチンまで含めると空間容積は十分。
そこでフランコセルブリンのアッコルドをオクターブでドライブ。
そして最大の特徴のPCオーディオ。10年ほど前のLINN AKURATE DSからずっとCDレスのオーディオライフだそうです。

_1290777.jpg
現在はDSではなく、普通の(では無さそうですが)PC → Asoyaji DAC
残念ながらどちらも詳しくなく詳細不明です(^^ゞ
それにしてもアッコルドは写真撮るの難しいSPですね。


_1290776.jpg
横から見ると結構重厚感ありますが、基本軽やかなSPに見えます。
ソナスの頃がヴァイオリンだとしたらフランコはギター?(っぽい質感の仕上げ)
容積もガルネリより小さいのかな?と思ったら、ネットワークはスタンドの方に内蔵されているとのこと。


そんな印象を裏付けるかのように、当日の選曲はギターが多め。
そのギターは高域の繊細さが美しい、しっとりした質感。ボーカルの抜けも気持ち良いです。
音量も含め、いたちょうさんのキャリアと大人の良識を感じさせる音です。
さらにセンターのTVに再生中の曲のタイトルやジャケットが写るのですが、これがとても良い!!
ただジャケットを眺めているだけなのですが、没入感が増す気がします。
いっそ歌詞まで出たら最高なのに(笑)
視覚的なアプローチも『アリ』だなぁ、とつくづく感じました。


と、そこにニッキーさんからの指摘が。
「前の濃さが無い」「パワーはコンセントから取って」

をを。グイグイいくなぁ。(^^ゞ
まぁ、この辺りは付き合いの長さのなせる業。うちもボンさんとはこんな感じです(笑)
で、実際やってみると確かにこちらの方が良い。
やるね!

そしてそのまま 恒例(?)の玉転がしへ。
今回は滅多にやらない出力管の交換だそうです(…が、例によって私は詳しくなく分かりません(^^ゞ)
数種類の玉を転がしてもらって燻製さんと好みが一致したのはテレフンケン。
以前はケバケバしかったというこの球ですが、今回は前段もドイツ球ということで相性が合ったのでしょうか。
寧ろ落ち着いて帯域バランスも良好。音楽の内側をきっちり描いてくれます。

このテレフンケンと最初に刺さっていた いたちょうさんチョイスを除き、他の球は今回は却下かな、と。
勿論前段の球が変わるとまた別の結果になるのでしょうけれど、今回はこの2球以外は出音(直接音)に色を乗せすぎたり帯域バランスが崩れたりしすぎました。
ここに癖が乗ったままルームチューンで落とそうとしたりするとドツボです。
部屋のピークによるキツさと、直接音のキツさは全く別物。それが良く分かるいたちょうさんのリビングは素直な良い音がします。通常会話の響きが良く、居心地が良いです。
こういう部屋をサラッと用意出来るところが腕ですね。うちのルームチューンもちょっと弄らなければ…。


そんなこんなしているうちに外は段々風が強くなってきて、時々轟々という音が聴こえて来ます。
ここは大人しく帰るのが良識ある大人として正解!なのでしょうが、何故か全員オーディオに関しては良識が無いらしくそそくさと赤羽に移動して居酒屋へ(笑)
更にベルウッドさん、KYLINも合流して閉店間際まで熱いオーディオトークに花を咲かさせたのでした。


いたちょうさん、今回は台風の中ありがとうございました。
飲み会にお付き合いいただいた皆様、お疲れさまでした。
次は良い気候の時につくばにもお越しください(笑)




にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
スポンサーサイト

category: オフ会

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://idic14.blog14.fc2.com/tb.php/400-1f993bad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター