FC2ブログ

無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

純正ペア結成! Scarlatti Transport  

待てば海路の日和あり

ようやくVivaldi DACとペアになるトランスポートを手に入れました。
本当はVivaldi 同士がベストマッチなのでしょうけれど、それは無理!
アップデートでDUAL AESによるDSDアップコンバート機能を得たScarlatti一択で探していました。
CXUHD導入後すぐに見つかってしまったのは運が良いのか悪いのか…。


_1290793.jpg
Vivaldi の優美なデザインに比してあまりにも無骨なScarlatti。
でも決して嫌いではありません。
最初はブラックで探していたのですが、こうして並べてみると違和感なし。シルバーも良いではないですかヽ(´▽`)/
というか後に某ショップで黒を見ましたが、真っ黒過ぎてうちではシルバーが正解だったと。

_1290792-001.jpg
梨地仕上げが共通しているせいか、デザインは全く違っても余り違和感を感じません。


届いたScarlatti は思いの他 普通に鳴り始めました。音楽的な表現力は流石。
でも追い込んだK-01Xの方が位相表現は長けているかな?
そしてディスクの回転音は圧倒的にK-01Xの方が静か。この辺が国産。


そんな感じで良いスタートを切ったかと思われた Scarlattiですが、そこからが難航しました。
K-01Xの時は良いだろうと思うことをやってあげると素直に伸びた(ことが多い)のですが、Scarlattiを追い込んでいこうとすると長所と短所がモロに露わになるのです。
結果音楽表現が何処かチグハグ。
そして更にセッティングを工夫しようにも横幅が長すぎてラックの足に干渉する(;´Д`)


しばらく聴き込んでみて「これはむしろどこかデチューンで落としどころを探すべきなのか?」などと考えてしまいますが、しかしそれをする前にやるべきことがありました。

それは 『設置のガタを取る』 こと。

何を当たり前のことを…と思われるでしょう。全くその通りなんですがこの個体、納品時から右前足が僅かに浮くのです(;´Д`)
底面に強くこすったような跡があったので落下まではいかなくてもラック内でインシュレーターでも外れたのかも。
自分で何とか出来ないかと底板を外すもフレームの複雑な組み方を前に途方に暮れる…(^^ゞ

これは保証が効いているうちにさっさとドック入りさせねば。
(でもベルウッドさん、いたちょうさんオフが入っているのでそのあとで…)

そんなこんなで帰ってきたScarlatti ですが、幸いフレームに大きなゆがみは無く、分解~再組付けで水平が出たとのこと。
大きなゆがみは無く…というのが非常に気になる所ではありますが、水平が取れているなら結果としてOK。

そして肝心の音の方は…高域がキツイ!!(;´Д`)
ボードをカーボンではなくメープル積層板にして緩め、しばらく鳴らし込んでいると接触面が馴染んできたのかキツさは納まってきました。
やっとこれで素性が分かる。
(と、この状態でヒジヤンさん、Mt.T2さんオフ)


そしてこの2つのオフ会でいただいたアドバイスと、鳴らし込んでようやく分かってきたScarlattiと。
先日のEwan+邸&S邸で得たものをコネコネして…

機器以外の全てを見直しました。



にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
スポンサーサイト

category: ハード

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://idic14.blog14.fc2.com/tb.php/408-cef37825
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター