FC2ブログ

無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

0と1の間には。EWAN+邸  

EWAN+さんにお誘いいただいてお邪魔させていただきました。
前回が9月でしたので最短スパンでの訪問です。
X1000がどう馴染んだのか気になる所ではありますが、今回の目玉は別にあります。

IMG_0120.jpg
最初から違和感なく溶け込んでいますが

IMG_0118.jpg
そう。
アナログを再開されたのです。
(といっても私はEWAN+さんのアナログは初体験なのですが)

でもその前にCDから聴かせていただきます。
前回はパワーアンプの変更による出音の差、X1000の存在感に耳が行きましたが、今回は完全にまとまりの良さと音楽に耳が行きます。
空間の透明感。音場の一体感と音像の厚み。音色の多彩さ。
EWAN+さんはもうすっかりX1000を手中に収めてしまっていました。

これがSACDになると更にステージが広くなり、音像が深くなり。
EWAN+さんも「やっと納得できる音が出せるようになった」と仰っておられましたが、うーん。素晴らしいです。
そしてこれほどパワーアンプの重要性を痛感したことはありません。


IMG_0119.jpg

しかしアナログになるとこの深みが更に一段上がってしまいました。
弦の重なりが美しい…。
私はデジタルからオーディオに入ったクチなので、いつかデジタルはアナログを超えると信じています。
液晶テレビが出始めたころ、みんな口を揃えてブラウン管の方が綺麗だと言っていました。
でも今の有機EL 4Kを観てそんなことを言う人がどれほどいるでしょうか?
デジタルは0と1の間隔をとことん詰めていくことで人間の知覚の限界を超えていくと思うのです。

が…
このアナログを聴くと、0と1の間にはまだ何かあるなぁと思わずにはいられません。
しかもあるのは0.1とか小数点ではなくて普通に整数。
Vivaldi DACをもってしてもまだ及ばない部分がある…。


IMG_0117.jpg
面白いアーム。菜箸みたい(笑)
私はアナログは全くの門外漢なので解説に付いていくのもやっとなのですが、アームの重要性は伝わりました(^^ゞ
フォノイコは真空管ハイブリッドのaesthetix RHEA。
SNは余り良くないとのことらしいのですが、結局SNは比の問題であって、多少ノイズがあってもシグナルが圧倒的に優れていれば全く気になりません。(というかSNが悪いとは感じませんでした)
松田聖子はもうかなり色々なお宅で聴かせていただいたと思うのですが、「現役のアイドルがそこにいる」と感じたのは初めてです。


そして今回確信したこと。
・私は現代的に鳴らすアナログが好き。折角2本のスピーカーを使うんだから空間が出てないと。
・やはりデジタルはいつかアナログを超えていく。
・しかしアナログもデジタルを超えていこうとしている。
きっとどちらも究極的には目指すところは同じ。
こういう音が出るなら私もアナログやりたいなぁ、と思わせられたオフ会でした。
EWAN+さん、ありがとうございました!

次は拙宅にて!


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
スポンサーサイト

category: オフ会

thread: オーディオ - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

コメント

たびさん、先日はお疲れ様でした。YGからようやく自分の目指す方向性の音をお聴かせすることができて良かったです。でも現状はまだ65点位、もう少しブラッシュアップしていきたいと思います。
アナログもデジタルも音楽を聴くための手段、切磋琢磨して素晴らしい音楽を聴かせてくれるようにしていきたいと思います。

Ewan+ #SFo5/nok | URL
2019/01/30 05:49 | edit

Ewan+さん

先日はありがとうございました。

あれで65点!
おそろしい…。

でもきっとシステムのオーナーには見えている理想の音があるんですよね。あっ、LBか!!(笑)

私の場合暗中模索というか、3歩進んで5歩くらい下がっていることもしばしばなのですが、聴かせていただいた音をリファレンスにまた1歩踏み出します。

またお聴かせ下さい(出来れば5点刻みくらいで(^^ゞ)

たび #4B33lOYw | URL
2019/02/02 16:56 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://idic14.blog14.fc2.com/tb.php/410-afabecc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター