FC2ブログ

無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

Cloude Nine と LSP-600c   

そろそろエージングも進んできたので。

と、その前に、ただ今私の部屋はとんでもないことになってまして。
昨年からエアコンは壊れていたのですが、それに続いて今年は扇風機まで壊れてしまいました(´Д`;)
そろそろ扇風機の品薄も解消されつつありますが(予想)、買うならオーディオ的には静音タイプのものが良いと思うのです。が、そういう付加価値の付いたタイプは高いし、9月になってから買うというのもなんとなく悔しいし(笑)
とまあ、オーディオどころか生存にすら適さない環境になっております。
幸い涼しい時期もあったのでその時にまとめ聴きしたインプレ、インターコネクトはBAL-600固定です。




Stealthの白×白からStereovoxの黒×黒へ。
音も見た目同様の変化がありました。


見た目と言えば…
c9speaker.jpg

LSP-600c.jpg


明らかにCloude Nineの方が高そうですなぁ…。
LSP-600cの細さはどう見ても高級ケーブルには見えません(造りは良いです)。



とは言え、肝心なのは音です。
Cloude Nineから変えてまず気付くのはグレードの差から来るレンジの広さです。

低域方向の伸びと階調表現は明らかに改善しました。
この帯域は個人的に超重要で、今まで求めても得られ無かったところです。
アンプは十分のはず。この帯域が出ないのはOpusの限界なのかなぁ?と諦めかけていた帯域が出たことで、まだまだ潜在能力があると気付かされました。
低音弦の重なり合いなども綺麗に分離して、まるで設計図を見ているような気分になるときも。


が。対して高域に関しては、芯がしっかりして定位もハッキリする反面、やや一本調子な表現になってしまったかも。
細かなニュアンスが出てくるとテクニックや情感が違います。
Cloude Nine、というかStealthが空間を埋めるような音の出し方をするのに対し、Stereovoxは何も無い空間にスッと音像を立てるような表現をするようです。
前回INDRAからBAL-600に変えたことによる変化がさらに強調された感じです。


しかしこれはメーカーの音作りの差というよりも、ケーブルの構造の差の方が大きいのではないかと。
今まで何本かのケーブルを使って来ましたが、大雑把に言って

単線…ストレート。低域の解像度(≠情報量)高め。空間は無音に音像が浮き立つ。
撚り線…ふくよか。広域のニュアンスがきれい。空間は音で埋めて音像は濃淡で描く。

という傾向が感じられました。
あと単線は温度感がちょっとクールなものが多いかも。
その違いは油彩と水彩と言うか、RC造と木造というか。
鍛えられたアスリート美人とお洒落に気を使う綺麗なお姉さんの違いと言うか(笑)

20090823_570288.jpg

31ee0695-s.jpg
ハイエンドです(笑)



もちろん油彩でも水彩的な表現は出来ますし、木造でもRC造のような建物を立てることは出来ますが、それはケーブル自体のクオリティの差というか。
基本的な性格は変わらない(変えられない)気がします。
でも男性的←→女性的なケーブルを作り分けられたらすごい。


で、個人的には単線と撚り線どちらが好きというよりは,両方を混ぜて使いたい。
またはちょっと変わった構造のケーブルで良いとこ取りをしたい(笑)
その辺Stealthの構造はハマっていたのかも知れません。
INDRAは極細単線を複数本使っていますし、Cloude Neneは銀リボンでしたし。

今回の交換により私のシステムの信号系は全て単線になったことで単線の癖がかなり強くなったなぁ…と。


じゃあ1本撚り線入れてみようかな。(笑)








おまけ
良いとこどり…なのか?
f8a47ae8.jpg
スポンサーサイト

category: オーディオ

tb: 0   cm: 2

コメント

知覚的と視覚的

タビさん
子連れオーマニになってもぼちぼちやってますですね。 相変わらず、タビさんの聴き方は視覚的な感じがします。 前の記事のゴロ―さんは知覚?的な聴き方が多分殆どかな。 続けて読むとその世界に接したタビさんがすぐに自分の世界に戻ったんんで少し笑いました。 

Falio #- | URL
2011/09/11 21:59 | edit

>子連れオーマニになってもぼちぼちやってますですね。

はい。こっそりと買ってます(笑)


>相変わらず、タビさんの聴き方は視覚的な感じがします。

確かに。言われてみるとそうですね。
最近はなくなったのですが、オーディオを始めたばかりの頃は目を閉じるとネオンみたいな光が飛んでいたり、どこかの街角の風景が浮かんできたりしてました。
音を聴くときは今でも目で聴いている部分があるかも知れません。


>前の記事のゴロ―さんは知覚?的な聴き方が多分殆どかな。 続けて読むとその世界に接したタビさんがすぐに自分の世界に戻ったんんで少し笑いました。 

音楽の聴き方は変わってきたと思うのですが、自宅で何か弄っているときはやはりオーディオモードですね(笑)
満足したら音楽モードで。なかなかなれませんが。

たび #4B33lOYw | URL
2011/09/12 14:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://idic14.blog14.fc2.com/tb.php/47-5970fd21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター