FC2ブログ

無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

スクリーンを選…べない(^^ゞ  

現用スクリーンのKIKUCHIのホワイトマットアドバンスは掛図式。
オーディオメインなので毎回使うたびに手で巻き上げていたのですが、流石に新築の専用ルームでそれもないだろう、と。
電動、少なくともスプリングローラー式が欲しい。



さて。まずは情報収集…ということでネットで色々探してみたのですが、まず驚いたのがスクリーンってほとんど新製品が出てないんですね…。
KIKUCHIの○○マットアドバンスなんてもう10年くらい前からあります。
グレースマットというのも出ましたがこちらは受注生産で手が出ませんし…。
対してOSの方はビーズとマットの両方が去年に更新されたのでとりあえずはこちらをメインに考えようかと。


参考にした記事(AVACさんにリンク)

http://blog.avac.co.jp/akihabara/2009/10/post-ce4e.html
2009年10月の記事
迷光対策の重要性を説き、ビーズタイプを勧めている。


http://blog.avac.co.jp/akihabara/2011/01/wf203bu202-2602.html
2011年1月の記事
現在ほとんどのメーカーのプロジェクターは、ゲイン1.0のマットを基本に画作りをしていますので、ナチュラル派はWF203(マット)がお奨めです。3D重視や派手な映像が好きな方には、BU202(ビーズ)は麻薬的な魅力があると思います。


http://www.avac.co.jp/2011_autumn/screen.html
2011年秋の記事
最近ではビーズスクリーンを利用し輝度を稼ぐ動きもあるが、スクリーン側で輝度を稼ぐ事は両刃(もろは)の要素もあり、2D映像にリスクを追う事も否めない。


うーむ。
だんだん言ってる事が変わってきてる(^^ゞ
まぁ、これはプロジェクターの性能(明るさ)が上がってきているためでしょうから、HD550を使った2009年の記事が一番参考になるのかも知れません。壁紙も白になるかも知れませんし。
が、現用のHD100は200V駆動することでかなり明るさ・色乗りともに向上し、全く明るさ不足は感じていません。



それよりもショップで実物を観て決めろという話もありますが、観ても完全暗室ではイマイチ参考になりませんでした…。
それぞれ違うのは分かるのですが、これって好みの差?それともクオリティの差?調整でどうにでもなるんじゃないの?と。
どれでも十分綺麗なんですよ。ビーズのメリットである迷光対策がさっぱり実感出来ません。

ただ、それでもビーズでの宇宙(SF)の奥行きの深さにはドキッとさせられましたし、 普段観ているのは映画・BSの紀行や自然系ドキュメンタリー・ライブが1:1:1なので決して映画がメインと言う位置付けでもありません。
ならばクッキリハッキリのビーズ!…と思わないでもないのですが、とは言えどうも踏み切れません。


また、一応某BBSも見てみたのですが、本当にスクリーンを囲む黒帯って意味無いんでしょうか?
個人的にはどう考えても画が締まるように思えます。
あの枠に綺麗に収めることに意味が無いのなら、大き目のスクリーンを買っておこうかと思うのですが…。


うーむ。どうしたもんか。
スポンサーサイト

category: ビジュアル

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://idic14.blog14.fc2.com/tb.php/59-f9d80d42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター