FC2ブログ

無限多様の無限調和

…要するにごった煮です。

tw-s7 (2)  

ちょっと落ち着いてきたかなインプレを。

1.セッティング超重要。
空間は広めだけどスイートスポットは広くないので、二等辺三角形は基本です。うちは現在床置きにして適当に座ったり寝転んだりしているのでちょっと厳しいです。部屋のどこにいても良い音でBGM…っていうのではありませんね。逆にちゃんとデスクに座って聴けるならなかなかのもんです。

2.耳の高さ激重要。
1と被りますが、ツイーター(といってもフルレンジですが)と耳の高さは合わせましょう。幸い付属のシリコンインシュのおかげで仰角を付けられるようになっていますが、とは言えケーブルの生えている位置やインシュの曲面の形によって無限に自由という訳にはいきません。

3.足元ちょっと重要。
こんな分厚くて柔らかいシリコンを挟んでいるんですけどねぇ…(^^ゞ
ためしに10x10x2くらいのアピトンのブロックを敷いてみたら乾いた感じが落ち着き、ちょっとしっとり&深みが 出ました。だったら直に窪みを付けたアピトンブロックを用意すれば…といいたいところですが、盛大に振動するので無理だったりします(^^ゞ

4.電源もやっぱり重要。
tw-s7は急な大音量に対応するために、小音量時にはコンデンサに電力を貯めておくのですが、それにも限界があるはずです。
本来ならPC本体に直接接続すべきなのですが、うちの場合は設置場所の関係からUSBハブを経由するしかありません。ついでにハブにはいろいろつながっている訳ですから、電力的にはさらに厳しいことになっているのは間違いありません。ということで、今回はUSBハブにACアダプタ給電可能なものを選んでみました。
ACアダプタをつないでみるとわずかに音量が上がってフォーカスも合いました。が、何度もアダプタを挿したり抜いたりしてたら分からなくなってしまいました(^^ゞ

5.キーボードうっかり重要。
なんのこっちゃ?って感じですが、PC上の音源って音量のバラつきが激しすぎ(´Д`;)
いちいちマウスで音量フェーダーを出してたらかなり面倒なので、キーボードで音量調節出来ると素敵です。



ということで、インプレというよりも使いこなしになってしまいましたが、
私のこのスピーカーに対する印象はこれ。

005-001.gif

HONDA BEAT
普段使いやタイムを狙うにはには厳しいものがありますが、このキビキビ感が上手くはまれば。
声の再現性なんかは悪くないので映画を観てみるとちょっと驚かされると思います。
え?音楽?
それは次のエントリで(^^ゞ
スポンサーサイト

category: サブシステム

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://idic14.blog14.fc2.com/tb.php/9-f53a455b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター